スバル・フォレスター スピーカーの音質アップ | サウンドピュアディオ井川のブログ
2018年05月18日(金) 11時57分08秒

スバル・フォレスター スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、スバルのフォレスターです。

 

alt

 


 

スバル純正のダイアトーンサウンドナビを装着した状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工の、

Wパッケージの作業を行いました。
 

alt

 



 

この年式のフォレスターはドアに16センチの丸型

スピーカーにエッジに絞りを物で低音から中音を再生して・・
 

alt


 

 

ダッシュに付いている約6センチサイズのスコーカーで中音から高音を鳴らしていて、

デリケートな高音がグリルでひっかかった後に

ガラスで反射して音楽のイメージが失われて、

ドアとダッシュから出ている中音域が重なり過ぎているために

音にクリアーさがかけている状態です。
 

alt

 


 

スコーカーの音のクリアーさが欠けているもう一つの理由に、

スコーカーの下限周波数を決めているコンデンサの質感の悪さで、

ここは撤去して高性能な物に交換するのと、

値も少し変更して、中音域の幅をやや広げています。
 

alt

 

それでなくても中音域はドアスピーカーと重なっているのに

何故広げるかというと、ドアスピーカーにピュアコンのパーツで

上限周波数に制限をかける事により、

スコーカーの中音域を広げてなおかつドアスピーカーとの音域の重なりを防いでいて、

そうやって中音域の正確な再生につなげています。




 

スコーカーの横まではピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来て・・
 

alt

 



 

スタンドを使ってガラスの反射を受けない様な角度にセッティングした

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。
 

alt

 

スコーカーのグリルでひっかかりガラスの反射の影響を受けやすい

周波数はピュアコンでカットして、ATX-25ツイーターで再生して、

純正スピーカーがベースながらフロント3WAYの高音質システムが完成しました。



 

グローブボックス下に仕込んであるピュアコンはATX-25用の

メインユニット15種類と後付けコイル数百種類の中から

このスピーカー構成に最も合う組み合わせを探し出していて、

これがベーシックパッケージの人気の根源になっています。

 

alt


 

 

ドアの中の施工ではフォレスターはロードノイズが入りやすいからか

防水ビニールに吸音用のゴムが貼ってあって、

逆に外板裏には何も貼ってないので、

ある程度ロードノイズは防げてもスピーカー裏の残響は残ったままです。
 

alt

 

alt

 



 

外板裏の響きやすい部分に防振メタルと防振マットを貼り合せる事で、

スピーカー裏の残響を防いで音質アップとなり、

防音ゴムの手前で一段ロードノイズが減って、より静かな車内となりました。

 

alt


 

 

全ての組み立てが終わったらスバル純正サウンドナビの音調整を行います。
 

alt

 

サウンドナビは多彩な調整機能が売りですが、

調整機能をあれこれと使うと音は鮮やかになるものの、

それは実際の歌声や演奏に比べるとどこか明る過ぎて

これみよがしな音なので、あえて必要最小限の機能しか使わない様にしています。



 

イコライザーはカスタム状態のフラットでメモリーをしない状態というのが

一番音が素直で、何度調整をやりかえてもこの状態が一番生音に近く聴こえます。

 

alt

 



 

ベーシックのWパッケージの取り付けと、

サウンドピュアディオならではのセッティングで、

フォレスターの音は入庫時とは全く別な音に変身して出庫されました。

 

alt


 

サウンドピュアディオ井川さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス