マツダ・CX-5 ダイアトーンシステムの音質アップ | サウンドピュアディオ井川のブログ
2018年04月23日(月) 12時30分59秒

マツダ・CX-5 ダイアトーンシステムの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、マツダのCX-5です。
 

alt

 



 

マツダ純正のダイアトーンのサウンドナビとスピーカーを装着した状態で

入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、ドア防振の施工を行いました。
 

alt

 



 

サウンドナビはMZ90リミテッドというディーラーオプション専用モデルで・・
 

alt


 

 

スピーカーはG20ベースのコアキシャルタイプで、

センターのツイーター配線をカットしてミッドとして使用して、

車内からピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来て接続しています。

 

alt


プラスチックのインナーパネルは一度取り外して、

外板裏にベーシック防振の施工を行ってから組み付けて・・



外した内張り裏にはセメントコーティングを施しました。
 

alt



 

今回はインナーパネルのプラスチックの表面に金属シートを貼り付けて、

プラスチックの僅かな響きも抑えて、

切り口は全てコーキングして、先々で剥がれを起こさない様に加工しています。
 

alt

 


 

ツイーターはダッシュ上にピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、

内外ドームのコアキシャル2WAYから外ドームのセパレート2WAYに変更しました。
 

alt

 


 

フロントスピーカーのの周波数幅とインピーダンスとレベルは

グローブボックス下に取り付けたピュアコンで行い、

標準パッケージの4ピース構成にSSFを加えた6ピース構成でコントロールしています。
 

alt


 

 

先代CX-5のダイアトーンシステムとATX-25の組み合わせは初めてで、

ピュアコンの6ピースのパーツの全てを何度も組み合わせを変えて試聴して、

最も生音に近くなる組み合わせを探りました。

 

alt

 


 

CX-5のドアはスピーカーが下の方から鳴っていて、

ミッドの上限周波数が薄く感じるので、

コイルの巻き数をどんどん下げて行って、

ピーク値を通り過ぎた事を確認した後にその手前の巻き数に戻して、

そいれでこれが一番良い巻き数というのを確定しています。
 

alt

 


 

ピュアコンのマッチングが決まったらサウンドナビのセッティング調整を行って、

音を強調する様な機能は全てオフにして、

必要最小限の調整機能を使って、素の音に近くなる様にセッティングしています。
 

alt


 

 

最終的にイコライザーはフラットでもパターンをメモリーした状態でもなく、

横棒が4つ並ぶ状態で調整画面を閉じたところが最も生音に近い状態になりました。

 

alt

 

 

 

 

かなり時間をかけて調整して、仕上がりをお客様に確認して頂いたら、

「クリアーで臨場感がある!」と喜ばれていました。

alt




サウンドナビの調整機能を使えば造られた感じの臨場感は手に入れられますが、

 

あえてそういう機能を使わない事により、より自然な臨場感で鳴らす事が出来ました。

サウンドピュアディオ井川さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス