2017年03月16日(木) 10時11分24秒

マツダ・CX-3 BOSEサウンド車の音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、マツダのCXー3です。

 

 

 

 

鳥取県からはるばるお越し頂きました。

 

 

 

システムはボーズサウンドシステムの多チャンネルアンプでインピーダンスが特殊な仕様で、

地元では取り付け出来るお店が無いという事でお越し頂きました。

 

 

 

遠方なので何度も来れないからと防振は前後4ドアに行って、フロントドアの外板裏と

インナーパネルと・・

 

 

 

内張り裏にセメントコーティングを行いました。

 

 

 

リアドアは音質アップよりも静粛性アップを目的として行い、内張り裏に最初からフェルトが

貼ってあったので、かなりロードノイズが入りやすいという事でしょう。

 

 

 

一度フェルトを外してセメントコーティングを行って、再びフェルトを戻して・・

 

 

 

外板裏にはベーシック防振の施工を行って、ロードノイズの進入を防ぎます。

 

 

 

ドアの作業が終わったら次に運転席下のボーズの多チャンネル・デジタルアンプから音信号

を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下までひいて行きま

す。

 

 

 

グローブボックス下にはMDFスターウッドの板を引いて、その上にCXー3のボーズ車専用の

ピュアコンを取り付けます。

 

 

 

ダッシュ上の純正ツイーターの位置はご覧の様にガラスの反射でデリケートな高音を聴く様

になり、悪条件なので・・

 

 

 

スタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATXー25ツイーターを取り付けて、

反射のないスムーズな音を再生させます。

 

 

ダッシュの純正ツイーターはマグネットの磁力が強く、ATXー25に影響を与えるので、中身

は外しています。



全ての結線が終わったらマツダコネクトの音調整を行いますが、純正の状態では音に迫力が

なくて、バス・トレブル共に上がっていましたが・・

 

 

 

 

ベーシックパッケージと防振作業を加える事で能率がかなり上がって、低音域はマイナスに

降った方がバランスがいいぐらいになりました。

 

 

これまで無理やりトーンで上げてドアスピーカーにクセが付いたのを取るために、エージング

用のCDを再生して音を整えました。



最近は山陰方面からのお客様が多く、入出庫の時にちょうど島根からお越しのアクセラの方

と入れ替わりになりました。
 

 

 

 

サウンドピュアディオの音作りは初期のミシュランのレストランガイドの星の意味を意識してい

て、星一つの行く価値のあるお店から、星二つの遠くても行く価値のあるお店を超えて、三つ

星の『どんなに遠くても行く価値のあるお店』を目指しています。



現在はもう1台島根ナンバーのお車が入庫していて、山陰からのお客様のお車を1台出庫し

て、また入庫してを繰り返している状態です。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。