2017年03月01日(水) 13時13分28秒

カローラ・フィールダー カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、トヨタのカローラ・フィールダーです。

 

 

 

 

山口県の隣の島根県からお越し頂きました。

 

 

 

オーディオレスの音の無い状態でわざわざ来店頂いて、ナビの取り付けと、ベーシック

パッケージとベーシック防振のWパッケージの装着を行ないました。

 

 

 

ナビオーディオはケンウッドの物を装着しています。

 

 

 

次にドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せます。

 

 

 

外板裏には広い範囲で何も貼ってないのですが・・
 

 

 

 

ここの響きが耳に入ってきやすいのか、防振マットが貼ってあります。

 

 

 

でもいまひとつピッタリ貼ってなく、効果もそれなりなので・・

 

 

 

剥がした後には純正よりも大きくて効果の高いマットを貼って、そこから少し離れた所に

防振メタルを貼って、カーン!という高い響きを抑えて、ドア全体で合計8枚のメタルと

マットを貼って振動を抑えます。

 

 

 

防振メタルは一見1つの材質で出来ている様ですが、実はカットモデルで見ると多重

構造になっていて、それぞれの共振点の違いを利用して、少ない面積の割に振動を

吸収しやすくしています。

 

 

 

ダッシュ上にはスタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを

取り付けて・・

 

 

 

 

グローブボックス下にカローラフィールダー専用のピュアコンを取り付けて、純正の

ドアスピーカーとATX-25に接続したら作業は完了です。

 

 

 

音が悪いと一般的に言われている純正スピーカーも、ピュアコンを通すと何故か

トレードインスピーカーをはるかにしのぐ良い音で鳴ります。

 

 

 

今回のナビオーディオはイコライザーがパナメトリックという、最初に動かす周波数を

選んでから上下するというタイプで、グラフィックの様にダイレクトで見られないので、

セッティングには苦労します。

 

 

 

実際には低音8バンドと中音と高音がそれぞれ4バンドの合計16バンドのうちの3バンド

が動かせるので、普通の3トーンと違ってかなりややこしい調整になります。


またこのナビは調整して良い音と思ってメモリーすると音のイメージが変ってしまい、

メモリーした後の音ありきで何度も調整して聴いて動かしてを繰り返して、最終的に

「ここが一番生音に近いパターン!」というセッティングに辿り付きました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。