2017年02月06日(月) 11時01分15秒

トヨタ・クラウン カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業からトヨタの210系のクラウンです。

 

 

 

 

トヨタ純正の大画面ナビ付きの状態で入庫になって、これまでベーシックパッケージと

ドア防振の施工を行なっていました。
 

 

 

ツイーターはピュアディオブランドのATX-25を使い、ドアは外板裏と内側の鉄板の

片ドア2面の施工を行なっていました。

 

 

 

 

これまでは2度ほど日帰りの作業を行っていましたが、ドアのセメントコーティングを

行なうと一昼夜かけて乾燥させないといけないので、今回は数日お預かりしての

作業となりました。

 

 

 

ドアにはアウター・スラントのバッフルも製作して、内側に金属リングを使ってドアと

つないでいます。

 

 

 

金属リングの表面もセメントコーティングを行なって、こちらも一晩かけて乾燥させた後に・・

 

 

 

一度お車を外に出して水をかけて防水テストを行いました。

 

 

近年ゲリラ豪雨と言われるひどい雨の降り方をする事があるので、使う水の量や時間は

増やしてテストしています。



防水テストにパスしたらもう一度ピット内に入れて、ピュアディオブランドのISP-130の

ミッドを取り付けて、音出しテストを行います。

 

 

 

 

 

210系のクラウンは昨年の初めまではデモカーとして所有していましたが、その時は

フル防振は行なっていたものの、アウターバッフルの施工までは行なっていなかったの

で、ピュアコンの値は一から探り出しになりました。

 

 

 

現在の福岡店は棚にずらりとピュアコンのブラックボックスやコイルが並んでいて・・

 

 

 

L型にかなり広い範囲に並んで、一目で全ての在庫が見れる様になっています。

 

 

 

先月はATX-25だけで12種類のブラックボックスがあると書いていましたが、その

中から選んだ後に蓋を開けてカスタマイズする事も多く、良く使うカスタマイズ後の値

を2種類標準在庫として増やしたので、今は14種類の中から最も合う物を選んで、

たまにはその中からカスタマイズして細かく合わせる事もあります。



クラウンの音調整機能はバス・ミッド・トレブルの3つで、ミッドとトレブルは動かすと

音のニュアンスが変わってしまうので動かさない様にして、バスのみ動かして、後は

ピュアコン側のパーツの交換で音色を変えて調整しています。

 

 

最近はパワーアンプ内蔵のイコライザーが発売されていて、簡単に純正オーディオを

多バンドイコライジング出来る様に出来ますが、昨日他店で取り付けられた車を聴いたら、

スピーカーアウトを内蔵のハイローコンバーターでレベルダウンさせた後にイコライジング

させているので、ハイロー部分で明らかに音の新鮮さが失われていて、『各周波数のレベ

ルは合っているが、音色は完全に元の音からズレている』という状態だったので、少ない

バンド数でもロスが少なくて、インピーダンスのコントロールも出来るピュアコン方式の方

が有利だと思いました。


半日以上あれこれとユニットを交換して音を追い込んで、最後に純正のセンタースピー

カーの音を調整して、やっと最適なピュアコンの値が決まりました。

 

 

 

 

最後に外に出して保護シートを外したら完成ですが、自分が以前乗っていたのと同じ

車種なのに、アウターとインナーでこんなに条件が違うんだと感じて、納期に余裕を

頂いていたので、納得出来るまで音を追い込めて良かったと安心しました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。