2017年01月15日(日) 10時38分01秒

アバルト595 カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業から、アバルトの595です。

 

 

 

 

ディーラーで楽ナビを装着した状態で入庫となって、スピーカーの取付を行いました。

 

 

 

まずはドアの内貼りを外して・・

 

 

 

純正スピーカーはネジではなくてリベットで止まっているので、ここを切ってスピーカー

を外します。

 

 

 

 

スピーカー穴とウレタンの防水シートを外した部分からドア内に手を入れて、外板裏の

響きの中心に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振の施工を行います。
 

 

 

 

次に車内からピュアディオブランドのPSTケーブルをはわして行きます。

 

 

 

この作業は右と左で微妙に構造が違うので、入り組んでいる方は時間が余分にかかります。




次にインナーバッフルを製作して、金属シートを扇形に切り込んで、上半分に雨よけを

作ります。

 

 

金属シートはラミネート加工してあるので、水をはじきます。




ピュアディオブランドのISP-130を取り付けて、周りをエプトシーラーでくるんで、

内貼りとの間に隙間が出来ない様にします。

 

 

ここのエプトシーラーはウエーブ状の物が業界の主流ですが、低音が強調されて聴こえて、

バランスが悪いので、あえて普通の物を使っています。




内張りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

 

 

音信号を取り出すためにサイバーナビは一度取り外して・・

 

 

 

 

この車はグローブボックス下が狭くてピュアコンが取付られないので、助手席の下に

取り付けています。

 

 

 

 

ツイーターはダッシュ上にピュアディオブランドのATX-25をスタンドを使って角度を

付けてセットしています。

 

 

ピラー根元の純正部分は横向きで角度が悪く、指向性の美味しい部分からかなり逸れた

状態で聴く様になるので、ここは使用しません。




アバルト595はACCポジションが無く、いきなりオンになって警告灯が点くか、エンジンを

かけてテストするしか方法がないので、一度ピットから外に出して音調整を行います。

 

 

 

 

ISP-130は最初の鳴らし込みに時間がかかり、調整の最初の方と終わりの方で音の

イメージが変わってしまうために、午前中はあれこれと音楽ジャンルを変えてCD再生を

行いスピーカーを慣らして、午後から本格的に音調整にかかります。

 

 

アバルト595は純正スピーカーを使ったベーシックパッケージでも良い音がするのですが、

更に良い音を求めてドアスピーカーまで交換される方が多いですね。
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。