2016年12月08日(木) 11時36分16秒

ランドクルーザー200 18スピーカー車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業からトヨタのランドクルーザー200です。

 

 

 

以前に宇部店のデモカーで初期型の200を持っていましたが、その時と比べてモデル

チェンジに近いぐらいのマイナー後の変わり方です。



トヨタ純正の大画面ナビ付きで18スピーカーのお車に、ベーシックパッケージの取り付けに加え、スピーカー周りの大幅な音質アップを行ないました。

 

 

 

 

 

 

フロントスピーカーはドアに楕円のウーファーが付いていて、車両アンプから低音のみが送ら

れて来ています。

 

 

 

 

ダッシュにはスコーカーとピラーにツイーターが付いていて、車両アンプから中高音が送られ

て来ている信号を分配して鳴らしています。

 

 

 

 

スコーカーは5センチサイズで、ダッシュの左右ともう1個真ん中にセンタースピーカーとして

付いています。

 

 

 

 

裏には大型のフィルターが付いていて、他のトヨタ車よりもグレードの高いパーツを使ってい

るというのが分かります。
 

 

 

ダッシュ上3個のスコーカーを取り外して、インナープレートを製作してピュアディオブランドの

ISP-70を取り付けました。

 

 

 

 

左右のスコーカー部分は純正の単なる分配からグローブボックス下に取り付けたピュアコン

を使って周波数幅・インピーダンス・レベルの3つをコントロールした後に分配して、PSTケー

ブルを使って低ロスで送っています。

 

 

 

ツイーターはワイドスタンドを使ってJU60を取り付けています。

 

 

ピラー取り付けでなくスタンドを使っている理由は、マグネットと車両の鉄が近く鳴らない様に

しているのと、着座位置での微妙な振り角の違いを後から微調整出来るからです。



ドア内は外板裏のベーシック防振と、サービスホールを塞ぐ防振を行なった後に・・

 

 

 

 

 

内張り裏に粗目を付けてセメントコーティングを行ない、片ドア3面のフル防振の状態に

しました。

 

 

 

 

純正の吸音材を貼り付けて、楕円のグリルの部分に製作した丸型のアウターバッフルを取り

付けて、ドアに組み付けます。

 

 

 

 

使用したスピーカーはピュアディオブランドのZSP-LTD15で、アウターを製作する前にイン

ナー取り付けでJBLの16・5センチスピーカーと聴き比べを行なって、車両のウーファーとの

つながりは16・5の方が良いものの、スコーカーとのつながりが13センチの方が圧倒的に有

利で、量よりも質を重視してLTD15を選びました。

 

 

 

 

ノーマルの内張りと比べるとLTD15がアクセントになっていますね。

 

 

 

 

音が鳴る様になったらグローブボックス下のピュアコンのパーツを交換して、フロント3WAYと

センタースピーカーを加えた7つのスピーカーのバランスを取りました。

 

 

 

最後にトヨタ純正ナビの3トーンとフェダーを調整したら全ての作業は終了です。

 

 

 

 

ランドクルーザー200の12チャンネルアンプ付きの18スピーカーのプレミアムサウンド車

も、サウンドピュアディオでの作業の後に、本当にプレミアムと呼べるようなサウンドに変身

しました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。