2016年10月16日(日) 14時03分20秒

マツダCX-3 BOSEサウンド車の音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、マツダのCX-3です。









広島県の福山市からお越し頂きました。



 

 



CX-3は全車マツダコネクト付のお車で、スピーカーは標準とBOSEサウンド車の二種類が

 

あり、今回はBOSE車にベーシックパッケージの取付と前後のベーシック防振の施工を行い

 

ました。



ベーシックパッケージにベーシック防振を追加した仕様をWパッケージと呼んでいますが、

 

そこにドアスピーカー交換かリアドアの防振のどちらかを加えたら3つの施工になりますから、

 

トリプルパッケージと最近では呼んでいます。

 

 


入庫した時はバスが1とトレブルが2上がっている状態でしたが、それでもまだかったるく聴こ

 

える状態でした。



 

 


まずフロントのドアの内貼りを外して、防振メタルと防振マットを貼り合せます。



 

 


スピーカーの裏は何も貼ってないので、振動は外に逃げて行きます。





インナーパネルを外して外板裏を見るとここも何も貼ってなくて、音が漏れたり外からのロード

 

ノイズが入って来るので、ここも防振します。






今回はリアドアの防振もあるので、こちらも防振メタルと防振マットを貼って行きます。





前後の内張りを組み付けたらドアの作業は完了です。



内張りの裏は防音材が貼ってあって、ロードノイズの進入を防いでいますが、手前のベーシッ

 

ク防振で一段ノイズレベルが下げてあるので、より効果的に効きます。

 

 


次に運転席下のBOSEアンプから音信号を取り出して、ピュアコンにつなぎます。


 

 



CX-3のボーズサウンド車は事前にケーブルのメーター数が分かっているので、あらかじめ

 

必要な長さに切って24金メッキの端子が付けて用意しています。



 

 


グローブボックス下にMDFスターウッドの板をひいた上に、ピュアコンのブラックボックスと

 

パーツを貼り付けます。



この板の材質もほんの少しですが、音に影響します。
 

 



ピュアコンからケーブルをピラーの根元までPSTケーブルで送り・・





スタンドを使って角度を付けたATX-25につなぎます。



 

 


ノーマルのツイーターは上向きでヌケの悪いグリルを通った後にガラスで反射するので、

 

音質的にはいまいちで、反射無でスカッと鳴るATX-25の音はフレッシュに聴こえます。


 

 



2クリック上げていたトレブルはセンターで十分な鳴りになり、無理をして高音を鳴らしている

 

という感じでは無くなりました。




マイクを使って周波数特性と位相特性は全車測っていて、何故か位相特性が手順書と違って

 

いる判定が出ました。


原因はALCのオートレベルコントロールがオンになっていたからで、0にして測りなおしたら

 

手順書通りの判定になりました。
 

 


ベーシックパッケージといえども全車きちんと計測を行っていて、以前の車と違う結果が出た

 

らどこかが接続間違いか、または年次の仕様変更で特性が変わったか、今回みたいに何だ

 

かの機能がオンになっているかのいずれかと判断しています。



もし年次変更があった場合は、棚にある多くのパーツの中からピッタリ合う物探し出して、手

 

順書に○○または△△という風に書き込んで、常にパーフェクトな状態で鳴る様にしていま

 

す。




入門用のお手軽パッケージという位置づけながら、そこまでこだわっているのがヒットの要因です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。