2016年09月25日(日) 13時45分28秒

レクサス・RX カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から、レクサスのRXです。







全車異形パネルの専用ナビオーディオ付のお車で、今回はベーシックパッケージの取付と、

 

ドア防振の施工を行いました。






現行のRXのスピーカーはドアに丸型ウーファーとダッシュにスコーカーに真ん中にツイーター

 

が付いたコアキシャルのスピーカーが付いています。






コアキシャルのスピーカーはツイーターの下限周波数を決める黄色いフィルターと、スコーカ

 

ーの上限周波数を決めるコイルが付いています。



マグネットの近くにコイルがあるという構造は音質的に良くなく、このスピーカーはパーツの

 

ダイレクト化に難があったので、ここはベーシックパッケージでも最初から交換する事にし

 

ています。



交換するのはJBLのGX302のコアキシャルスピーカーで、真ん中のオレンジのツイーター

 

は配線をカットしてスコーカーのみを使用しています。






スコーカーの裏にはピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来ていて、その横にツイー

 

ター用のPSTケーブルもひいて来ています。






ダッシュのグリルを組み付けて、その横にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り

 

付けて、中音と高音を別配線の別ユニットで再生します。





中音域と高音域を分けるのはグローブボックス下に取り付けるピュアコンで、以前に現行の

 

RXは福岡店で時間をかけて調査しているので、その時に選んだ値と同じユニットを装着しま

 

した。






続いてドアの防振作業を行って、現行RXはサービスホールが開いていなくて、プラスチックの

 

パネルで覆われています。






インナーパネルを外したら外板裏が見えて、ほとんどの部分に何も貼ってない状態で、ここに

 

振メタルと防振マットを貼り合せたベーシック防振の施工を行います。





一カ所だけ最初から工場でマットが貼ってある部分があって、ここは何もしないと相当うるさい

 

のでしょう。



このマットは効きが悪いのである処理をして、他の防振材との組み合わせで響きを静め

 

ました。



プラスチックのインナーパネルははめる前に防振材を貼って響きを抑えて、内貼り裏のプラ

 

スチックにはセメントコーティングを行い、静粛性と断熱性をアップしています。





そして方ドア3面のフル防振の状態になって、ドアの作業は完了しました。






全ての組み立てが終わったらエージング用のCDと調整用のCDを再生して、3トーンとフェダ

 

ーの調整を行います。





パソコンのマウスみたいになったレクサスのコントロールスイッチを動かして、手順書に書い

 

てあるパターンに合わせればピークのポイントにたどり着きます。



既に取付実績がある車種ではあらかじめ細かい部分が手順書に記入してあるので、2回目

 

以降では比較的短時間で限界まで追い込んだ音に設定出来ます。



RXのお客様は福岡店で施工したRXのブログを見られて購入を決められたそうで、何と遠く

 

北見市からお越しになりました。






音の仕上がりを気に入って頂いて、帰りにリアにピュアディオのステッカーを貼って頂き

 

ました。




遠方よりのご来店ありがとうございます。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。