2016年05月16日(月) 18時29分53秒

トヨタ・プリウスα スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は本日の完成車からプリウス・アルファです。






ダイアトーンのサウンドナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの


取り付けと、ベーシック防振の施工を行ないました。







プリウス・アルファのフロントスピーカーは縦に楕円のウーファーと・・







ダッシュに中高音用のスコーカーの2WAY構成です。







スコーカーはスピーカー裏に小さいフィルターが付いていて、ここで再生する周波数幅を


決めています。







しかし小型で音質が悪いのと、3WAYにした時必要な周波数幅と違うために、他の


フルターに交換しました。







高性能の海外パーツで、大きさから見ても音質が上がりそうな感じです。






純正スコーカーは中音用として使い、ダッシュ上にピュアディオブランドのATX-25を


取り付けて、グリルにひかからなくてガラスの反射の影響も受けない上質な高音を再生します。






ドア内の縦に楕円のスピーカーは低音が出すぎるぐらい出ていて、安いパワードのウーファーの


装着が必要無いストロークがありますが、ドアの外板は震えてエネルギーが漏れていて、


音のキレも悪かったので、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振で


音をスッキリさせます。







これは素のドアですが、何も貼ってない外板裏にメタル1種類とマット2種類の3種の


共振点の違う材質を貼り合せて、スムーズに振動を取り除きます。







ドアの作業が終わったら、インパネを分解してサウンドナビを取り外し、裏から音信号を


取り出してグローブボックス下のピュアコンに送ります。







プリウス・アルファ専用チューンのパーツを取り付けたら作業は完了です。







最後にサウンドナビの音調整を行いますが、当店はクラブダイアトーンの音の良いと


言われている認定店ではありません。







タイムアライメントは使わず、他の機能も必要最小限のものしか使わずに、素の音に近い


サウンドをセッティングします。





お客様の承認を得てSDカードを使ってプレミアム認証を一度解除して、こてこてのデジタル


サウンドではなく、シンプルな生の音に近いセッティングで出庫しました。





デジタルの調整機能は必要最小限しか使わない事で、生音に近い音を再生するという手法が


ピュアディオ流です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。