2015年11月30日(月) 10時56分34秒

トヨタ・ハリアー スピーカーの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からトヨタのハリアーです。





トヨタ純正の大型ナビ付きで標準の6スピーカー仕様のお車に、ベーシックパッケージとドアスピー

カーの取り付け、そしてドア防振の施工を行ないました。






現行ハリアーには標準スピーカー車とJBLのプレミアム車があり、ドアスピーカーは同じ16センチ

サイズです。





標準車はドアをフルレンジで鳴らしてダッシュにツイーターをプラスで・・






JBL仕様車はドアの16センチに専用アンプで低音のみを送り、ダッシュにスコーカーとツイーターを

コアキシャルにした物に車両アンプから中高音のみにして送っているマルチアンプ構成です。






今回は標準仕様車でダッシュのツイーターは鳴らさずに、ドアから中低音を鳴らし、以前乗られて

いたお車から移設して来たJBLの25ミリサイズ外ドームツイーターを取り付けました。





ドアスピーカーは純正を取り外して、JBLの16・5センチサイズのP660のミッドバスに交換しました。



このスピーカーは現行ハリアーの取り付け位置と相性が良くて、標準仕様車にはインナーバッフルを

製作して取り付けるだけですが、JBLのプレミアムサウンド車にはインピーダンス変換を行なって

車両アンプとの整合性を合わせれば、まるで最初からオプションで用意されていた様なマッチングで

音質がアップします。




そしてスピーカーを交換して低音がアップするのを支えるためにドアに防振作業を行いました。





防水ビニールを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振を行なって、

その後にサービスホールを塞ぐ防振を行ないました。





更に内張り裏のプラスチックに下処理を行なってセメントコーティングを行ない、片ドア3面のフル防振

の状態にしました。



これは塗ってあまり時間が経っていないので、徐々に色が変わって乾いて行く途中の状態です。



乾くと重量も軽くなり、元のプラスチックにマットを貼った鈍い音と違い、カチッという心地良い響きに

なります。




それとリアのドアには静粛性をアップさせるために外板裏にベーシック防振をプラスしました。





純正のナビは一度取り外し、裏から音信号を取り出して、グローブボックス下のピュアコンに送り

ます。



以前乗られていたお車にはベーシックパッケージを取り付けておられていたので、それを外して

使えるそのまま移設しているので、ツイーターと一部のケーブルとブラックボックスは前の物を使用

していて、ドアのケーブルとコイルを新たに購入して頂き、ブラックボックスには中に少し手を入れて

特性を変えたので、極力無駄の無い取り付けが出来ました。




全ての結線が終わったらイコライザー調整を行なって音を整えます。



今回のトヨタ純正の大画面ナビはグラフィックではなくてパナメトリック方式で、動かす周波数を探して

その後で動かす幅を決めて、それからレベルを動かして調整します。



ちょっとナビ側が低音が出気味だったので少し絞って、絶妙な音のバランスで納車致しました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。