2015年10月15日(木) 10時03分58秒

マツダ・CX-5 スピーカーの音質アップ

テーマ:ホームオーディオについて

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業からマツダのCX-5です。





マイナーチェンジ後のマツダコネクト付きの車両にベーシックパッケージの取り付けを行いました。





こちらのお車は最近入庫したマツダ車に多いオプションのダイヤトーンのコアキシャルスピーカー

付きでした。






今までの作業だとスピーカーを一度取り外して真ん中のツイーターの配線をカットしてミッドとして

使っていたのですが・・






純正の16センチスピーカーの方が低音の一番下の音が伸びているので元に戻して、ツイーターの

音とつなぎました。



ちなみに同じマツダの16センチでもデミオの純正とCX-5はストロークが違って低音の出方が違う

ので、デミオではツイーターカットで使用しました。




ダッシュの上には純正ツイーターのグリルがありますがそこは使わずに、その上にスタンドを使って

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けています。



純正位置とスタンドを使ったこの位置では全く音の鳴り方が違い、ツイーターのグレードをどんなに

上げても同じ音にはなりません。



グリルでの音のひかかりとガラスの反射を考えたら純正位置での見た目のスッキリと、音のスッキリ

は完全に反比例しています。




またツイーターの根元まではピュアディオブランドのPSTケーブルで音信号をひいて伝導ロスを抑え

ています。





ドアスピーカーとツイーターへの音域分配はグローブボックス下のピュアコンで行なっていて・・





車両アンプからの音の取り出しや、使用するユニットの数値などが細かく書かれた手順書を使って

スムーズに作業を進めて行きます。





最後にバス・トレブル・フェダーを調整してベーシックパッケージの作業は完了です。




ベーシックパッケージの魅力は事前に純正システムを熟知していて、その特性を活かして最も

マッチングのいい組み合わせが出来ているところで、多くのお客様から好評を頂いています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。