2015年05月31日(日) 19時55分04秒

マツダ・CX-3 BOSEサウンド車の音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業からマツダのCX-3です。

ベーシックパッケージの取り付けと前後ドアのベーシック防振の施工で入庫となって、午前10時預かり

の午後6時出庫の日帰りで作業を行いました。



まずはフロントのドアを開けてベーシック防振を行います。

CX-3や現行デミオはフロントドアの作りがドイツ車ぽく出来ているので通常のベーシック防振とは

施工方法が違います。



外板裏の何も貼ってない部分に防振マットと防振メタルを組み合わせて貼って・・



サービスホールのプラスチックの部分にメタルを貼って響きを抑えます。


最後にドアポケットの内側にもメタルを貼って、合計3面に少しづつ防振を行うとゴルフⅦとい同じ

方式の防振を施工しました。



今回はリアドアも防振して、こちらは現行デミオ同様に外板裏の響きが大きかったので鉄板面に

防振メタルと防振マットを合わせて8枚貼り、響きはガッツリ減りました。



続いてはベーシックパッケージの取り付けで、いつも見慣れたマツダコネクトも今回は・・


スピーカーに『BOSE』のマークが付いたボーズサウンドシステムです。

ドアスピーカーとツイーターは別アンプで鳴っており、更に両方に周波数幅を制限する回路が入って

います。



これまでアテンザ・CX-5・アクセラとBOSE車のベーシックパッケージの開発をして来ましたが

そのどれにも当てはまらない構造で、一番似ていたのが先代のアクセラのBOSE車でしたがそれも

合わずで、結局一から開発を行いました。



普通はBOSE車だと中高音用のスコーカーが付いている場所は丸型の普通のツイーターで・・



その横にスタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25のツイーターを取り付けました。

普通はダッシュのツイーターは配線を外して鳴らない様にするのですが、CX-3や現行デミオの

ツイーターは磁力が強くて後付けツイーターに影響を及ぼすので中身は外してあります。




ピュアコンのブラックボックスはCX-3のBOSE用に専用設計で作っていて、坂口君と2人で左右

別々に作って車両に取り付けて試聴して、外して次のユニットを組み立ててを繰り返して音を追い込

みました。

そして最も音が自然なユニットが出来たのでそこで最終的に組み込みました。




最後は音を出してバス・トレブルとフェダーの調整を行って音を整えます。

当初の予定よりも1時間遅れてしまいましたが、お客様が不満だったCX-3のBOSE仕様車の音が

夢の様にクリアーで立体的になりました。




今回のCX-のお客様は山口県の隣の広島県からわざわざお越頂いています。

遠方よりのご来店ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。