大勢のボランティアさんがいると楽しい♪ @名古屋第一赤十字病院 | ぷくぷくさんが来たよ!

ぷくぷくさんが来たよ!

特定非営利活動法人 ぷくぷくばるーんのつれづれ日記です。愛知県内の小児病棟の子ども達やご家族に笑顔を届ける、遊びのボランティア団体です。

「楽しい!」「ドキドキ!」「できた!」
こんな子どもらしい感覚を大切にしています。


テーマ:

スタッフ 大竹です。

 

昨日の名古屋第一赤十字病院の活動には、

3人の学生さんが来てくれました。

 

この病院は、プレイルームに遊びに来れる子より、

ベッドサイドでしか遊べない子の方が多く、

ボランティアが個別にベッドを廻って遊ぶことが多いところです。

 

だから、ボランティアの人数が少ないと大変!

 

あまりに参加者が少ないと、

時間的余裕がなくて、廻れない子も出てきます 泣

 

昨日は全員で5名だったので、

手分けして廻ることができました。

良かった!

 

初めてボランティアに参加したMくん、

ベッドサイドでの個別活動は初めてだったKさんは、

最初は先輩ボラさんについて、

どんなふうにベッドサイドで遊んでいるのか、観察!

 

そして、次は先輩ボラさんに見てもらいながら、

ベッドサイドデビュー(^^)/

 

こうしてボランティアは育っていくのです(*^_^*)

 

2月の作品はケーキ。

昨日は子どもたちみんなを廻ることができたおかげで、

「可愛い~」「食べたい~」と、病棟中が楽しい雰囲気でした。

 

お昼寝中や検査などで、一緒に遊べなかった子には、

お土産のケーキを。

 

保育士さんも一緒に手伝ってくれたので、

可愛いケーキがたくさんできました。

 

活動後の振り返りもみんなで。

 

また次も、たくさん参加してくれるといいな♪

 

 

 

 

 

 

pupu-bさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ