今月のボランティアは男の子! | ぷくぷくさんが来たよ!

ぷくぷくさんが来たよ!

特定非営利活動法人 ぷくぷくばるーんのつれづれ日記です。愛知県内の小児病棟の子ども達やご家族に笑顔を届ける、遊びのボランティア団体です。

「楽しい!」「ドキドキ!」「できた!」
こんな子どもらしい感覚を大切にしています。


テーマ:

スタッフ 大竹です。

今日はボランティア講習会&会報発送でした。

今月の新しいボランティアさんは、

大学2年の男の子!

 

 

ぷくぷくのボランティアの大半が女の子なのですが、

2割ぐらい男の子(人)がいます。

 

子どもたちって、

男の子はやっぱりお兄ちゃんと遊びたいのですよねー。

 

だから、男性のボランティアさんは、とても貴重な存在なのです。

 

やっぱり、どんな組織でも女性ばかり、男性ばかりは味気ない。

ぷくぷくバルーンでも、スタッフに一人男性がいることで、

考え方や行動が全然違います。

特にうちのスタッフはパパなので、

パパの目線からみたボランティア活動とか、

本当に貴重です。

 

家庭も大切にしながら、

本当によくぷくぷくのために考え動いてくれてます。

ありがたやありがたや!

 

男の子のボランティアは、

病院によっては「ゲーム隊」になることがあります。 笑

 

小学校高学年とかの男の子 (女の子の場合も)と

オンラインゲームの通信をして、遊ぶ。

 

これって、とても重要なのです。

普通、私たちはバルーンを一緒に作って遊ぶことがメインだし、

プレイルームに出て来てきて遊ぶ子は、比較的小さい子が多い。

でも、入院患者さんは高学年以上の子も多いわけで、

そういう子に、「医療者じゃなく、ただ単純に遊ぶだけ」の人は、

本当に貴重な存在です。

 

だから本当は、もっと大勢男の子が入って欲しいなあ~~

 

と、改めて思った今日の講習会でした!

 

 

 

 

pupu-bさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス