名大病院@ハロウィン2018 | ぷくぷくさんが来たよ!

ぷくぷくさんが来たよ!

特定非営利活動法人 ぷくぷくばるーんのつれづれ日記です。愛知県内の小児病棟の子ども達やご家族に笑顔を届ける、遊びのボランティア団体です。

「楽しい!」「ドキドキ!」「できた!」
こんな子どもらしい感覚を大切にしています。


テーマ:

本日は2か月に一度の名大病院の活動でした。

 

初めの外科病棟では、3歳ぐらいの男の子が始終はしゃいでいて、

とっても可愛かった!

 

一生懸命かぼちゃに可愛いお顔を描いてました。

 

10月のハロウィンは、かぼちゃにも、おばけちゃんにも顔を描くので、

小さな子どもたちもすごく満足してくれます。

 

 

ほら、とってもかわいい♪

 

外科が終わって、内科に移ってからも、

多くの子どもたちが遊びに来てくれました。

 

一人の1歳ぐらいの女の子は、

お母さんがクモを作ろうとしたら、

「やだやだ~~」って泣いちゃった💦

 

クモの足がリアルだし、黒いし、目が怖いし、

たまに「クモはいや」という女の子いるんですよね。

そんな時は、おばけちゃんの出番!

 

小学生の女の子が、かわいいおばけちゃんをたくさん作って、

その小さな女の子にプレゼントしてくれました。

 

 

おかげで、にっこにこで帰ってくれましたよ♪

よかった♪

 

 

pupu-bさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス