アロマテラピースクール&サロン irodori 山野 笑子 です。

本日は「精油の安全性ガイド」を読み解くレッスンを開催しました。


今回もオンラインレッスン!

2度目の第1回のレッスンも冒頭に「精油の安全性を学ぶ意味」を考えてもらいました。

前回のレッスンでも出たのですが「雑貨扱い」の精油のこと。

雑貨扱いであることにメリットはあります。

精油が医薬品だったら私たちは気軽に手に入れることも扱うこともできませんから。

気軽に手に入れる扱える反面「雑貨だから」と軽く考えている人がいる、危険はないと考えている人がいる、という話がでました。

実際に雑貨として精油を扱っているお店で「そのまま塗れる」と安易な説明をされたという話も出ました。

雑貨扱いだけれど「精油」は使い方を誤れば危険なモノにもなる可能性があります。

「精油」は有機化合物の集合体です。化学の知識も必要ですし、それを使う私たちの身体の仕組みも知る必要があります。

雑貨という手に入れ易いメリットも受け取りつつ、精油の扱いを知る、伝える必要はあります。

精油の安全性を学ぶ意味は「雑貨扱いの精油の適切な使い方を知り伝える」こと。


雑貨だけど使い方によっては心強い味方にもなるし、危ないモノにもなります。

さて。「精油の安全性ガイドを読み解くレッスン」は私が伝える側ですが、伝える側の私もとても学びになっています。

あの分厚い本を何度も読んでます。

まず言葉が難しいので意味を調べるところからです。説明が難しいなという部分は他の本を読んでから戻ります。

時間はかかりますが、少しずつわかってくると嬉しいものです。

2回開催しましたが、受講生さんから課題をいただきましたので、さらに読み込もうと思ってます。

このレッスンは全4回ですが、一通りレッスンが終わったら見直して内容を修正したいと考えています。

現在はirodoriで学んだ方限定でお伝えしていますが、今後は精油の安全性ガイドを買ったもののなかなか読めないという方にも、正式にレッスンとしてお伝えしたいと考えています。



「精油が好き、もっと深掘りしたい」
「人と関わることが好き、役に立ちたい」

そんな方にはぜひ認定アロマアナリストとして活躍してもらいたいです。

一緒に認定アロマアナリストとして活動しませんか?

オンライン受講が可能です

認定アロマアナリスト養成講座・受講生募集中です




アロマアナリーゼ個人セッションのご案内です

オンラインセッションが可能です







アロマアナリスト養成講座認定校アロマアナリーゼ提供サロンとして、irodoriも紹介されています。また「私のアロマアナリーゼ物語」として書かせていただいております。


アロマテラピースクール&サロン irodori | Facebookページも宣伝