アロマテラピースクール&サロン irodori 山野 笑子 です。

まだ北海道旅の余韻に浸っています。
というか、旅の前後で気持ちが変化した感じです。

旅のスタートは「上野ファーム」さんから。
空港に迎えに来てくれた旭川の森さんが連れて行ってくれました。

image

美しいお花たちが出迎えてくれていましたが、私たち二人は丘の上のベンチに座りこの景色を眺めながら、毒を吐きまくりました(笑)

「毒」って表現は行き過ぎですが、今のアロマ業界についてこれからのアロマ業界について、そして、今の私たちができることやりたいことを、1時間近く語り合っていました。

ここで話していたことが旅の最中に繋がっていくのですが、かなりスッキリした気持ちで旅をスタートできました。

今回の旅は「植物と触れ合う」研修の旅。私は研修前に北海道入りして気ままに北の大地を楽しみました。

いわゆる観光地は一切興味がなく、私が気になったのは、道端にたくさん生えていた「ノラニンジン」

image

道民の皆さんには見慣れた風景とのことですが、関東では見かけないノラニンジンにめっちゃ興味津々!

「ノラニンジンってワイルドキャロットのことだよね??」スマホで検索して大盛り上がり(笑)

image

懸命に引き抜こうとしていますが、スコップがないと無理でした(汗)

image

ワイルドキャロット精油 学名 Daucus carota 別名 ノラニンジン、キャロットシード、クイーンアンズレース

精油は種から得られ、かなり独特な香りを持ちます。
肝臓・腎臓の浄化に優れ、スキンケアにも使うことができます。

北海道では道端の至る所に自生していて、こんな可憐なお花を咲かせていますが、荒れた草地でたくましく生きるワイルドキャロット。

ほんの少しだけワイルドキャロットのことを知れたようで、やっぱり実際の植物を見てみないと!と思った旅の1日目でした。


image

「樹木」が大好きなメンバーでたまたま見つけた誰もいない高台の公園も散策。

神秘的な神聖な場所でした。


irodoriaroma


アロマアナリスト養成講座認定校アロマアナリーゼ提供サロンとして、irodoriも紹介されています。また「私のアロマアナリーゼ物語」として書かせていただいております。


アロマテラピースクール&サロン irodori | Facebookページも宣伝