[2016年8月版] Unity5にNendを導入する (Android版)

テーマ:

--------------[注意]-----------------

広告の表示確認には実機が必要です。

Unityの再生ボタンやエミュレーターでは表示されません。

-------------------------------------

今回使用しているソフトのバージョンは

・Unity 5.3.5f1 Personal (64bit)

・Nend SDK Unity Plugin 2.1.0

 

環境は

・Windows 10 Pro (64bit)

・Andorid 2.3.3 実機 (※この古さで動けば4.xも5.xも動くだろうという考え)

です。

 

 

ではスタート!

 

Nendの導入方法は公式マニュアルが用意されていますが…

https://github.com/fan-ADN/nendSDK-Unity/wiki/%E4%BA%8B%E5%89%8D%E6%BA%96%E5%82%99

 

実際にやってみると説明が結構雑で苦戦しました。orz

あとトラブッタ時にググる情報が全部古すぎて役に立ちませんでしたので

現状"最新!"の情報として残します。

 

まず先程のページの

「1. 広告枠の作成」

「2. プラグインダウンロード」

を説明通りに進めます。

 

次に下記URL「Unityパッケージのインポート」を実施します。

https://github.com/fan-ADN/nendSDK-Unity/wiki/Unity%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88

この時、ページのかなり下の方にある

Skip Google Play Services の説明の所がちょっと「ん?」となる所ですが

チェックマークはつけなくてOKです。

そして

「Android SDK ManagerでGoogle Repositoryをダウンロードしてください」

も関係ないので無視してください。

 

「UnityのAndroid SDK Locationが正しく設定されているかご確認ください」

だけしっかり設定します。

・Unity5の画面上部にある[Edit]から[Preferences]をクリック

・表示された画面の左側から[External Tools]を選択

「SDK」の部分にAndroid SDKのフォルダを指定します。

「JDK」の部分にJava SDK(通称:JDK)のフォルダを指定します。

※Android SDKとJDKは、EclipseやAndroid Studio、Visual Studioで1度でもAndroidアプリをビルドした事がある場合は既にインストールされていますが、持ってない場合はAndroid Studioをインストールしてください。SDKもJDKも両方インストールされます。

 

・OKボタンとかは特にないので設定が完了したら右上の[×]でウインドウを閉じます。

 

●バナー広告の設定

https://github.com/fan-ADN/nendSDK-Unity/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%E5%9E%8B%E5%BA%83%E5%91%8A

上記URLの「バナー広告の表示」「NendAdBannerをシーンに追加を行います。

途中の

「Assets/Plugins/Nend/AD/NendAdBanner.csを GameObject に追加します。」

の部分はパスが全然違います…。

正しくは

「Assets/NendAd/Scripts/AD/NendAdBanner.cs」

のはずです。

 

俺は必要なかったため

「e.g. バナーの広告枠を2つ設置する場合」

「NendAdBannerクラスのIFについて」

は飛ばしましたが必要な場合は実施します。

 

次に

Inspectorでの設定

で各項目の説明を読みながら設定していきます。

俺は

~~~~~~~~~~~~~~~~~

・[v]Automatic Display

・[ ] Output Log

・[ ] Adjust Size

・Size_320×50

・Gravity

 2

 CENTER_HORIZONTAL

 BOTTOM

~~~~~~~~~~~~~~~~~

という感じに設定しました。

 

これでAndroid2.3~最新バージョン(この記事時点でAndroid 7.x)までのapkのテストビルドが出来ます。

ググるとよく出てくる以下の情報は全て古い情報なので全部無視でOK。

・Assets/Plugins/Androidフォルダ下にgoogle-play-services.jarファイルを追加。

・res/valuesフォルダを作成しversion.xml追加

・Manifest.xmlの編集

 

 

 

ところが俺の場合次のエラーが出てビルドが途中で止まってしまいました。

 

 

何やら文字化けしてぐちゃぐちゃしていますが

「Failed to compile resources with the following parameters」というエラーです。

今回このエラーが一番悩まされました。

結論からいくとJDKのバージョンが古いと出るエラーでした。

上の赤丸の所の数字がヒントになってまして

50…Java 1.6.x

51…Java 1.7.x

52…Java 1.8.x

となっています。

上のグチャグチャのメッセージだと

「51(Java 1.7.x)ではビルドが出来ないから52(Java 1.8.x)を使ってね」という意味です。

ここで言うJava 1.8.x とは JDK 1.8.xの事です。

略さないで書くと Java SDK 1.8.x です。

 

なので適切なバージョンのJDKをインストール後Unity5を起動し

・Unity5の画面上部にある[Edit]から[Preferences]をクリック

・上記画面の[JDK]の所で正しいバージョンのJDKのフォルダを指定します。

※ここが最初「jdk1.7.0_55」になっていたため上のエラーに悩まされてる感じでした。

 EclipseでAndroidアプリを作っていた事があるので、その時の古いJDKをそのまま使用していためでしょうね。

 こういう人は結構いそうです。

 ちなみにJDKではなくJREという紛らわしいものもあるので間違えないように気を付けてください。

 

これで正常にテストビルドができました。

Nendの広告も画面の下に表示されました。

今回のはテストビルド(デバッグビルド)でリリースビルド(配布用apk)ではないのでお間違いなく!

リリースビルドにはキーストアという証明書を設定する必要があります。

この情報はググると正常な情報が沢山あるので急ぎの方は

https://unity3d.sakura.ne.jp/unity/unity-android-release.html

または

https://www.google.co.jp/search?q=unity5+apk+%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=8KGnV83kBqnf8AfQn6TgBg

ここから自分で調べて下さいませ。