腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。


テーマ:

「駄目だ・・、雑魚一匹かかりゃしねえ、こんな時化は初めてかも知れん」
「やっぱり・・ゴジラかもしんねえ・・」
「また爺様のゴジラか、今時そんなもの居るもんかよ」
「おい、昔からの言い伝え馬鹿にすると、今にお前達アマっ子をゴジラの餌食にしなきゃなんねえぞ」


「荻原君、これがある生物の足跡だといったら、君信用するかね」
(ゴジラ)


「この船の破片、気が付きませんか、無論ほんの一部だけど」
「何か?」
「破片から判断して、風によるものとだけは考えられません、直接的衝撃によると思われる異常な裂け方です」
(帰ってきたウルトラマン)


「あ・・怪獣だわ・・・、死んでる・・」
「ん・・ジュラ紀のロドグロスらしいな・・」
「そうです・・、海底火山の影響で深海から現れたのかもしれませんね・・」
「隊長・・、あの傷は何か鋭い牙で食いちぎられたものですよ」
「ああ・・」
「じゃ・・どこかに他の怪獣が・・」
(ファイヤーマン)


「発見された卵殻の一部から計算されたラドンは実に翼の全長約270フィート、体重は100トンを超える数字が電子計算機によって実証されたのであります」
(空の大怪獣ラドン)


あんな怪獣は有史以来現われた事がありません、強いて分類すれば怪獣類でしょう」
(大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス)


「おい、あれなんや?」
「ああ?」
「怪獣、どういう生き物なんや、ありゃ?」
「知るか」
「学生が生物の教師に聞かんといて、誰に聞くんや、なあ」


「見てみな八十メートルやて、そんな怪獣やったら富士山かて80メートルの山登る様なもんやぁ」
(大怪獣東京に現わる)


「怪獣だよ」
「ほんとだ凄え!」
「何やってんだ!、早く危ないんだ!」
(モスラ2海底の大決戦)


「で、どこに疎開すんの?」
「何処って安全な所だよ」
「台風ならコースを避けられるけど、ゴジラやキングコングは何処に来るかわかんないのよ
(キングコング対ゴジラ)


「ゴジラが何故やってきたんだろう」
「2匹で暴れたら、この港メチャメチャよ」
(ゴジラ対ヘドラ)


「どうしてこんな所に」
「フィリピン海溝の裂け目から地中奥深くのマントルへ、マントルの流れを通って、再び富士山のマグマへ」
「そんな馬鹿な!、千五百度もあるマントルの中を進むなんて・・、どうやって?」
「奴は我々の常識を超えた生物だ」
(ゴジラVSモスラ)


「フランケンシュタインは死んだのでしょうか」
「いや、彼は永久の生命をもっている。いつかは何処かに出てくると思う」
「死んだ方がいいかもしれない。所詮、彼は怪物だ」
(フランケンシュタイン対地底怪獣)



映画
ゴジラ 54
空の大怪獣ラドン 56
キングコング対ゴジラ 62
フランケンシュタイン対地底怪獣 65
大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス 67
ゴジラ対ヘドラ 71
ゴジラVSモスラ 92
モスラ2海底の大決戦 97
大怪獣東京に現わる 98


テレビ
帰ってきたウルトラマン 71
ファイヤーマン 73

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

特撮作品は主に非現実の世界を描く為に特殊技術を使う事が多い。


「『Fさんはその後も看護婦の幽霊に悩まされ続けたという・・』。いいなあ・・Fさん、俺にも見えたらなあ・・
(怪奇大家族)


だが、見てしまえば後戻りは出来ない。
日常に戻りたくとも戻れなくなるのだ。


「あのアパートは!おかしいぃぃー!。うわぁ、あのトラックもおかしい!」
(バトルヒーター)


「和雄君、今学期一日しか学校来てないのよ!」
「そうですね」
「そうですねじゃないでしょう、今でも幽霊が出るって言ってるの?」
「和雄、霊感強いから、霊が居ると頭が痛くなっちゃうんですよ」
(学校の怪談)


「明かりの点いた空き別荘、幽霊殿はお出かけか?」


「淡島のロープウェーに雲をつくようなでかい猿が現れたっていう事だ」


「あのね、変な事聞いたんだけど、お堀になんかプカプカ浮いてるんだって」
(ウルトラQ)


「おい、ウォーって言ったよ」
「言ったよ」
「雷はウォーって言わないよね
(キングコング対ゴジラ)


「竜巻はあくまで自然現象です」
「だけど、ハイウェーの上だけを走り、車を追いつめる竜巻なんてあるか?」
(ウルトラマンG)


「そう言われてもねえ、警察がヒトデ獲りに出動する訳にはねえ」
「ヒトデなんかじゃねえ、バケモンだありゃ」
(モスラ2海底の大決戦)


「あっ!空が、空が!、真っ赤な空の割れ目から!、あっ危ない!」
(ウルトラマンA)


「あの野郎!人間の真似しやがって!ごまかせないぞ!」
(シルバー仮面)


「リカが自分の子じゃなかったら、どんなにいいだろうって・・」
「やめなさいよ、そんな言い方」
「だって、変わらないのよ、私にはどうしてもリカが人間に見えないの」
(イグアナの娘)


「お父さーん!」
「娘の声が空から聞こえちゃったりして・・、ええっ!」
(小さなスーパーマン ガンバロン)


「ん・・、空飛ぶ円盤は見たども、空飛ぶ家ってのは初めてだなや」
(がんばれ!!ロボコン)



テレビ
ウルトラQ 64
シルバー仮面 71
ウルトラマンA 72
がんばれ!!ロボコン 74
小さなスーパーマンガンバロン 77
ウルトラマンG 90
イグアナの娘 96
怪奇大家族 04

映画
キングコング対ゴジラ 62
バトルヒーター 89
学校の怪談 95
モスラ2海底の大決戦 97

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

人間は猿から進化したと言われる、それ故に表情でコミュニケーションを取る。
つまり視覚が重要なのだ。そんな生き物の文化であればこそ、映像メディアが爆発的に普及したのである。
他の生物がテレビを創っても、聴覚や嗅覚に重きを置く為このようにはならないだろう、つまり映像はもっとも人間
らしい文化の一つであり、

その中で架空の世界を具現化する特撮はもっとも先鋭的であるともいえる。
そんなもっとも人間らしい文化がこの国でおよそ50年間何を描いてきたのか・・。

だがこれは、ほんの片鱗に過ぎない。


「卑怯よ!」
「暴走戦隊だから良いパマン、大体普段一人のボーゾックに5人でかかってくるお前等に言われたくないパマン」
(激走戦隊カーレンジャー)


「で、どこに疎開すんの?」
「何処って安全な所だよ」
「台風ならコースを避けられるけど、ゴジラやキングコングは何処に来るかわかんないのよ」
(キングコング対ゴジラ)


「フヒヒヒフハハハ・・我が輩はこの時を待っていたぞ、我が僕どもよ、我が分身の声を聞け・・そして・・、なんだ・・ニュースが入ったみたいだ・・ニュースを聞け」
(ゴジラVSビオランテ)


「確かに地球の科学はめざましい、しかし地球人はいつもその科学を戦争やよその国を盗む事だけにしか使わなかったじゃないか」
(シルバー仮面)


「う・・、ライダーV3と違うな、貴様何者だ!」
「復讐の鬼だ」
(仮面ライダーV3)


「おのれ!マシンマン!」
(星雲仮面マシンマン)


「俺は・・奴を・・倒したぁー!、ぁ・・」
(超人機メタルダー)


「レオはこんな小さくされて、人間と同じになってブラックスターにやられたんだ!」
(ウルトラマンレオ)


「ガンツ先生の教えを忘れたの?、『成せば成る、成さねば成らぬ何事も』」
(がんばれ!!ロボコン)


「アスラがまだ助けに来ると思ってるんでしょ」
「諦めな、お前達の大好きなアニメみたいな事は現実には起こらないんだよ」
(虹色定期便97年版)


「直也・・、こんな力のお陰で俺達がどれだけ苦労したと思ってるんだ」
(NIHGT HEAD)


「怪物?、バルンガは怪物ではない神の警告だ」
「神ですって!」
(ウルトラQ)


「全宇宙を吸収した時、お前はどうするつもりだ、友達すらいない世界でたった一人で生きていけるのか」
(ウルトラマンG)


「ファイヤーマン!お前が地球の正義の為に戦うのなら、私達はバローグ星の正義の為に戦う!そして・・やがてはバローグ星の正義が地球の正義を征服するだろう!」
(ファイヤーマン)


「太陽系第三番惑星・・、滅びるにはまだ惜しい者達が住む星だ」
(ウルトラマンマックス)


「ゴジラが東京を死の街にして溶けていく」
「これが私達の償いなの?」
「償い?」
「科学を核を弄んだ私達人類の・・」
(ゴジラVSデストロイア)

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。