南紀白浜への旅~円月島の夕陽・2018初夏 | アフリカゾウ・チーター 写真&CG日記

アフリカゾウ・チーター 写真&CG日記

いつも心に、アフリカの風と動物あり。アフリカゾウとチーターの美しい姿を、

写真とCGでタップリお楽しみください!


テーマ:

今回はまず夜行バスで姫路へ直行、姫センから夕刻に和歌山まで移動して宿泊、翌朝一番に再びくろしお号で白浜入りというスケジュールです。

 

新幹線で姫路~新大阪を経て、和歌山へ向かう特急は”ぱんだくろしお号”でした!(^∇^)

 

 

すべての”くろしお”が、ぱんだ号というわけではないので、これはラッキーです♪

 

キリンの首が屋根まで回り込む、大胆なラッピングです(^_^)

 

 

シートはこんな感じ。なんだかほっこりしますね。

 

 

白浜駅に到着! 白浜では、明光バスのフリー乗車券が便利。大きな荷物を持って、何度も小銭を扱うのは不便ですからね。

 

 

快晴のアドベンチャーワールドで、開放感を満喫。

 

 

今回は、二階建てバスによる”バックヤードツアー”を予約。

 

二階席はフルオープンとなっており、爽やかな風が吹き抜けます。帽子は確実に飛びますから、発車前に仕舞っておきましょう。

 

この、オープンの環境で、肉食動物エリアにも入りますよ!(^_^) シートベルトは忘れずに!(車内の一階席も選べます。)

 

 

アドベンは、なんと今年40周年ということです。 素晴らしいですね!o(^▽^)o

 

 

そして、こちらのアフリカゾウ三姉妹は推定年齢45歳。 アドベンの開園以来の歴史を支えてきた、大殊勲者なのです!

 

 

13:00~14:00時はアフリカゾウのおやつあげタイムです。

 

私も左手でバナナを(一本を三つにカット済み)あげながら撮影してみました。とても上手に鼻先でつまむことが出来るんですよ!(^∇^) 

ちなみに、こちらの右端に居るのが姉妹の中で一番順位の高いゾウさん、次いで2位、3位という並びになっています。

 

アドベンでの充実した一日が終わると、白浜の自然に触れる時間が訪れます。

 

午後の白良浜。 今はまだ海開き前の季節であり、人影もまばらです。

 

 

マリーナを望む、ホテルのバルコニー。

 

そして、ジャグジーで何気にタイトだった旅の疲れを癒やし尽くします。

徒歩2分の立地に温泉浴場もあり、快適な宿泊でした。 またすぐにリピートしたいと思います。(^∇^)

 

白浜バスセンターから34号線を徒歩15分、円月島(えんげつとう)が見えてきます。

 

日没まではまだ2時間ほどあったので、美しい海を眺めながら散策を楽しみました。

 

 

陽が落ち始めると、荘厳な雰囲気が漂います。

 

 

夕陽を望む突堤には、いつのまにか50人ほどの人たちが集まって来ていました。 

 

 

白浜の自然と景観は、いつも忘れ得ぬ思い出を残してくれます。 またすぐに戻ってきたい・・・そう思わせる、確かな魅力があります。

 

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

punda_kさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス