突然死から一週間、ペットロス鬱気味 | かぼちゃのカーテンの下で猫とエコ生活

かぼちゃのカーテンの下で猫とエコ生活

※記事と画像の無断転載はお断り致します。福島県の南端で、保護犬猫たちとエコ生活するトルストイアンです。

カチューシャが突然死してから一週間が経ちました。悲しみは、表面では癒え、内面では癒えず。ペットロス鬱気味です。身体がだるい。深い虚無感。眠れないと思うと、起きれない。頭痛。微熱。ヤバイ状況ですチーン

たくさんの死を経験しましたが、予期せぬ突然死は、辛い。辛すぎる。

私の身代わりになったのかも?

限界を超えているのを感じながら、立ち止まらない母。ママが倒れたら大変!他の人じゃ嫌!!カチューシャは、そんなことを思ったのでは?カチューシャと出逢ってから、グレースを保護するまでの約2年。保護してからの約一年半が、一番楽しかった。その後は、辛いことばかりチーン

認知症気味のマロ爺。

春で18歳。今の猫は、軽く20年生きるから、まだまだ長生きしてね❣️

春頃で13歳。児童養護施設出身のメグ。弱虫。マロとユキが里子として育てました。今もベッタリ。

黒猫ギャング団も高齢化。今年14歳になります。捨て猫だったななお。

ななおの兄弟セブン。7月7日に捨てられました。
ななおは、気が強く病気もありませんが、セブンは繊細な性格で、若い時に尿道結石を患い、歯肉炎のため2回抜歯しました。今は、目ヤニが酷いです。

2匹はソックリで、今も見分けられません。ただ、ななおはシッポが短く、セブンは長い。それで見分けますデレデレ ななおは、マーキング常習犯ゲッソリ

カチューシャのためにお花をいただきました。有難うございます。
カチューシャのために、有難うございます。

ラッキー、元気減少中。

今日の妖精たち。白血病のくーとマラコ。

エイズ妖精たち。

窓ベッド大人気デレデレ

林檎ちゃん🍎



行動範囲を広げてあげなくちゃ。

林檎も私もマイペースで社会復帰します。今は、立ち止まって、のんびりする時期なのでしょう。





一日一回画像をクリック、スマホなら写真をタップして応援してください。無料です!クリックが応援につながりますデレデレ

  

うるる王子の画像もクリックして応援してくださいねウインク

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ