fromPulse2Pulse

90年代中盤のテクノムーブメントに多大な影響を受け、今なお黄金時代の再来にほのかな期待を寄せつつ今日もツマミを捻り続けるオーバー30の徒然なる日々。


テーマ:
先日アシッド専門レーベルのACID GELGEからリリースされた2トラックについて、セルフライナーノート的な何かを記します。

まずmonotoneというタイトルですが、基本モノフォニックシンセ一本でどこまで引っ張れるか?というコンセプトと、Korg monotribeからインスパイアされてています。
現在monotone pt.1とpt.2が海外レーベルからリリースに向けて準備中で、そちらではmonotribeをフィーチャーしています。

今回はメインフレーズはacidlab bassline2が担ってます。
本家tb-303と比較してややクリーンかなという印象ですが操作性が向上していて簡単にソレっぽいフレーズが打ち込めますね。

余談ですがよくアシッドベースというとレゾナンスのビキビキ加減ややスライドのウニウニ具合が重要視されますが、当然ながらフレーズも重要です。
そしてフレーズ作りにおいてオクターブシフトが肝でないかと個人的に思います。
オクターブシフトの専用スイッチがあることにより縦横無尽なフレーズが生まれ、アクセントやスライドと組み合わせることにより立体感が増します。
鍵盤やDAWのピアノロールからはなかなか生まれ難いアシッドならではのフレーズが303タイプのシーケンサーからは生み出されますね


リズムはMachineDrumです。
pt.3ではtr-808のサンプルをMachineDrumに読み込み12bit再生されています。
ハットやマラカスなどの金物が特に粗くなり変化が顕著だと思います。

pt.4ではMachineDrumのe12マシンを使いました。
tr-707的な軽いノリのpcmサウンドがクラシックなアシッドハウスにはハマります。

今回はミニマルなアシッドがテーマだったのでかなり渋めな展開になりましたが、今後はelectribeやdarkenergyなども絡めてよりバラエティーに富んだファンキーなテクノにチャレンジしてみたいですね。


http://acid-gelge.ctr-web.info/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
新興ネットレーベル『cassette records』さんがサブレーベル『acid gelge』を立ち上げるということで、2トラック提供させていただきました。
フリーダウンロードなのでぜひチェックを!!

AG-301
AG-302

$fromPulse2Pulse

$fromPulse2Pulse

最近比較的同世代の人たちが各々のペース、スタイルで活動しているのが頻繁に目に付くようになり刺激をもらっています。
テクノ愛って想像以上に根強いですね。
それだけあの時代に強烈に刷り込まれたんだなぁ。

ところで『pulse2pulse』の名前の由来ですが、音の波動(pulse)と鼓動(pulse)がシンクロする音楽というシンプルな発想からきてます。
あとKorg monotribeのpulseで複数台を同期させる原始的なシステムにも影響されてますね。

今後もファンキーかつアシッド&ブリーピーなテクノをリリースしていけたらと思いますので宜しくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。