私にとってアイドルは・・・ | 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」

丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」

わがままで自由なソロ活動をしている人のブログちゃん。


テーマ:
10年前(小学2年生)のとき
モーニング娘。さんに出会いました。
ミニモニ。とか松浦亜弥さん全盛期でしたね。

「ハム太郎」とのコラボでミニモニ。がミニハムずとして映画にも出たっけなぁ~(^^)笑

そんなモーニング娘。さんやハム太郎にハマってた年、私は大変な病気にかかり、手術を受けることになりました。


ここで病名を言うと身バレする危険性もあるので言えませんが、ほおっておいたら死ぬ病気です…それはそうか(笑)

治療で髪が抜けたこともありますf(^_^;

だけどモーニング娘。さんに元気もらって頑張ることができました
特に矢口真里さん

病院の中の学校でみんなの前でダンス踊ってたっけなぁ~
あと病室は小児病棟ではなく、大人と一緒だったので当時小学2年生の私はみんなのアイドルでした(笑)





中学校時代はPerfumeにハマってました。
元はライブアイドルなんですよね、Perfume。
今の曲より地下アイドル時代の曲のほうが好きかもしれない。

みんな彼女たちの下積み時代を知ったら応援したくなります。

そんなPerfumeが私の考えを大きく変えるきっかけだったのかもしれないです



動画などをみて昔のPerfumeを知り、広島アクターズスクールで頑張ってたPerfumeがあるから今のPerfumeがあることが分かりました。



Perfumeは誰にでも敬称を付けるんです。
例えば、初めての紅白出場でインタビューされたとき。
3人は紅白歌合戦の番組名のことを「紅白さん」と言うんです。

長く厳しい下積み時代があったからこそだと思います。




私は丁度病気の再発もして手術して中学校生活が充実していたとはいえなかったので

Perfumeが「頑張ること」「努力すること」を教えてくれました。

Perfumeの活躍を見て私もいつかああいうふうになりたいと思うようになりました。




――――

中学校卒業後、私は高校に入学して様々な活動を積極的にするようになりました。

ボランティア団体に入ったり
部活に入ったり
生徒会に入ったり…

いろいろ掛け持ちしているとやっぱり限界があって、生徒会に絞り活動することにしました。

そんな中で勢いが伸びてきたAKB48。
初めて中学3年生の頃Mステで「スカート、ひらり」を見た時から垢抜けていてびっくりしました。
SKE48も結成されて誰もがAKB48を知っている時代になりました。


やがて生徒会の中心のまとめ役になった私は生徒会会長になることになりました。

前に出る立場上、この役職をやるに当たっていろんなバッシングをうけたことも実際ありました。
みんなをまとめなくちゃいけないからちゃんとしようと思ってもなかなかうまくいかない。



そこで今年の総選挙の前田敦子さんのコメントを聞いて私は泣きました。

――――――――

この1年間はいろんなことを考えて毎日を生活してきました。
応援してくれる皆さんがいるのに、どこかで孤独と戦いながら過ごしてきました。
でも今日、たくさんの方が応援して支えてくれていることを改めて感じることができました。

私のことが嫌いな方もいると思います。
ひとつだけお願いがあります。私のことは嫌いでも、
AKB48のことは嫌いにならないでください。

皆さんに少しでもいいんで認めていただけるように、
これからも私なりにがんばっていきたいと思います。
本当にあたたかく見守ってくださったみなさん、
そして今日までこうして応援してしてくださった皆さん、ありがとうございました。

――――――――


「私のことは嫌いでも、
AKB48のことは嫌いにならないでください。」


この言葉は胸に突き刺さりました。



前田さんは急速に成長するAKB48のエースとして引っ張っている。
生徒会会長として奮闘する私と重なって、なんだか前田さんが気持ちを代弁してくれたかのようでした。








このように私にたくさんのアイドルさんは
いろんなものを学ばせてくれました。

丸山夏鈴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス