ブレーキがかかりにくい、イメージワーク<ワーク解説> | いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめ被害で裁判勝訴した、PTSD経験者です。

人間関係で嫌な思い出や経験があると、
人づき合いに消極的になったり、
自分を抑えてしまいがち。
けれども、あなたは本来の力をきっと取り戻せます。

「涙を、笑顔に」一般社団法人メンタルサポート・ジャパン

トラウマ解凍ワークの中で、
思い切り感情解放をしたあとに、
「ガーディアン・シアター」というイメージワークを行います。

ガーディアンとは、守護神。
あなたが、あなた自身を守る存在となって、
未来を編んでいきます。


自己啓発セミナーなどでも、
よくイメージワークを行いますよね。

成功する自分をイメージしたり、
望む生活を想像したり。

だけど、目標と現在の自分とのギャップから、
ムリなのでは・・・と
どこか気持ちにブレーキ
がかかりがち。


この「ガーディアンシアター」では、
自分が好感を持てる同性の人を主人公にした
映画をイメージします。

たとえば松嶋菜々子が、いじめにあって、どう切り抜けるか、
といった具合に。

自分を使ってイメージしないのは、
ブレーキをはずすため。
だって現実世界では、色々やり尽くしていると思うんです。

たとえば
園や学校の担任、学年主任、校長にも話に行きましたし、
区の児童課、児童相談所、
調停で停止命令を出してもらったり、裁判にも勝訴しました。

でも・・・・どんづまりでした。

苦しくて、悲しくて、孤独で。


そんなとき、「成功をイメージして」と言われても、
あれもダメだった、これもやってみたと、
リアルに思い出してしまう
と思うんです。

だからこそ、自分じゃない主人公で、
映画だこそ、魔法を使ったりと、
飛躍でいいから突破口を想像します。

すると、それに刺激されてか、
なにか似た方法が思いついたりするんですね。

ええ、そうです。ワクがはずれるわけです。(^_^)


そして、さらに望む世界。
その主人公にとって、ふさわしい世界を想像してあげます。

あとは、それをただ受け取るだけでいい。

ぜひ一度体験してみてくださいね。




★10/26(土) トラウマ解凍ワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!trauma/comt
★10/26(土) メンタルカフェ「依存」
http://www.mental-support-jp.org/#!m-cafe/c1wd8
★11/10(日) メンタル・パワーupワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!power/c1tgx