声を出すということ<ワーク解説> | いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめ被害で裁判勝訴した、PTSD経験者です。

人間関係で嫌な思い出や経験があると、
人づき合いに消極的になったり、
自分を抑えてしまいがち。
けれども、あなたは本来の力をきっと取り戻せます。

「涙を、笑顔に」一般社団法人メンタルサポート・ジャパン

心とカラダはつながっています。

自信がないとき、堂々とした声は出ないですよね?

ですから、大きな声を出すことは、
自信のある態度や心を作ってくれる面もあります。

声を出すことで、
自分の思いや感情も出しやすくなります。


この発声練習は、次に行う「感情開放」の準備にもなっています。

感情の吐き出しをしてスッキリするためには、
徐々にカラダを慣らして、感情を出しやすくしていく
んです。


ほとんどの方が最初はなかなか声が出ないもの。

声の出し方を知って、大きな声が出るようになると、
とっても気持ちがいい
ですよ。(^_^)



★10/26(土)トラウマ解凍ワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!trauma/comt
★10/26(土)メンタルカフェ「依存」
http://www.mental-support-jp.org/#!m-cafe/c1wd8
★11/10(日)メンタル・パワーupワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!power/c1tgx