PTSDケア(9)-過去を「キズ」ではなく「力」に | いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめ被害で裁判勝訴した、PTSD経験者です。

人間関係で嫌な思い出や経験があると、
人づき合いに消極的になったり、
自分を抑えてしまいがち。
けれども、あなたは本来の力をきっと取り戻せます。

「涙を、笑顔に」一般社団法人メンタルサポート・ジャパン

311東日本大震災からもうすぐ2年を迎えます。
PTSDの「具体的な対処法」や「サポートの仕方」を、
Niftyで連載したシリーズ(12回)を転載します。

PTSDを全体的に知りたい方は、こちらをどうぞ。
スライドシェア「PTSDのしくみから快復法まで」約1500views
http://www.slideshare.net/eikomomose/ptsd-14361340

-------------------------------------------------------------------------------
$百世安里のPTSD、トラウマのケア
避難生活が長引く今、多くの大人たちが考えているのがこれからの生活でしょう。
被災直後は、生きていることを喜び、水や食糧の配給を待ちました。
それらが満たされてきた後、私たちが求めるのは未来への足がかりではないでしょうか。
そして、それは子どもたちに対しても同じです。

これまでの記事で「感情の吐き出し」や「フラッシュバックへの対処法」「PTSDにはタイムラグ(潜伏期間)がある」ことなどをご紹介してきました。
これらは目の前で起きる症状への向き合い方です。
これからは長いスパンでの「震災体験」の向き合い方を考えていかなければならないでしょう。

■忘れるよりも、活かすことを

前回のグリーフケアでは、「悲しみと向き合う」「心の痛みを表現する」「故人との絆を大切に保つ」という3つの方法があることをご紹介しました。
誰だって、つらい出来事は向き合いたくないもの。
この時期、ともすれば口にしてはいけない空気や、
ムリにでも忘れようとする流れがあるかもしれません。

しかし、私たちは本当には忘れられるでしょうか?
いったんは日々の生活の中で気が紛れたとしても、
心の奥にはいつでもしっかりと残っているはずなのです。

目をそむけて、ムリに忘れようとすることは、
逆に長引く心のキズともなりかねません。
受け入れて大切に抱えていくことが、
心の支えになってくれるでしょう。

特に心のキズは、いったん症状が治まったあとも、長くつきあわなければなりません。
これから長い人生を生きなくてはならない子どもたちは、折にふれ、震災のことを思い出し、時にはフラッシュバックなど恐怖がよみがえるかもしれません。それはちっとも恥ずかしいことではないのです。

とはいっても、安心できる環境にないのに、子どもたちに「怖がらないで」という声かけばかりでは虚しいものとなります。

怖がる子どもには、どうすれば安心かを問いかけてみましょう。
本人にとって少しでも怖くないやり方は何かを確かめてあげてください。
と同時に、これから先の心の不安に向き合う方法も探っていきましょう。

■震災体験を、未来へつなぐ

3月の大震災で壊滅的な被害にあった岩手県宮古市。その中で、姉吉地区(12世帯約40人)は、すべての家屋が被害を免れました。
しかし過去には、1896年明治の三陸大地震の津波では生存者2人、
1933年の昭和三陸大津波では生存者4人と、大きな被害を受けた地区だったのです。

この地区を守ったのは、昭和の大津波直後に住民たちが立てた石碑。
海抜約60メートルの小高い場所に刻まれた次世代への教訓は、

「高き住居は 児孫(じそん)の和楽(わらく)
想(おも)へ惨禍の 大津浪(おおつなみ) 
此処(ここ)より下に 家を建てるな」

村の子どもたちは幼いころから「石碑の教えを破るな」と言い聞かされてきたそうです。

また、三陸地方では津波が起きたらてんでんばらばらに逃げるようにという「津波てんでんこ」という言い伝えが残っています。
岩手県釜石市では、そのおかげで3千人近い小中学生のほとんどが無事に避難。ふだんからの防災教育とあわせて、子どもたちは落ち着いて行動し、命が助かりました。

私たちは大変なことが起こった時、
それを「過ぎ去ったこと」とフタをしてしまう場合もありますが、
「教訓」として大切にすることもできるのですね。

未来に向けて、大人たちが用意しなくてはならないのは、
子どもたちの不安をぬぐう安全・安心の環境作り。

「過去」を「キズ」にしないで、「力」にできるのは
起きたことを忘れず、未来に活かす姿勢ではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

★3月13日(水)19:30~21:30
いじめトークイベントで「いじめの構造」をお話します。
東京大学 駒場キャンパス 参加無料
詳細はこちら
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=492139644180156

★ネット記事「あなたの隣にある、いじめ」【TRAPRO関連記事】
http://www.trapro.jp/articles/176/

★3月24日(日)15:30~18:30
心のブレーキをはずし、人生が輝く「トラウマ解凍ワーク」
http://mental-support.main.jp/work/trauma/