PTSDケア(3)−記憶を封じる、心の防御 | いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめ被害で裁判勝訴した、PTSD経験者です。

人間関係で嫌な思い出や経験があると、
人づき合いに消極的になったり、
自分を抑えてしまいがち。
けれども、あなたは本来の力をきっと取り戻せます。

「涙を、笑顔に」一般社団法人メンタルサポート・ジャパン

311東日本大震災からもうすぐ2年を迎えます。
発生後すぐから、Niftyで連載したシリーズ(12回)を転載します。

PTSDを全体的に知りたい方は、こちらをどうぞ。
スライドシェア「PTSDのしくみから快復法まで」約1500views
http://www.slideshare.net/eikomomose/ptsd-14361340

-----------------------------------------------
$百世安里のPTSD、トラウマのケア
前回、「心のケア(2)-どんな症状が起きるか」で
PTSDの診断基準である(1)再体験、(2)回避や麻痺、(3)過覚醒ついてお話しました。

これらの症状はPTSDの特徴的なものです。
とはいえ、PTSDの症状は他にもさまざまな形になって現れます。

例えば、「記憶の混濁」。
いわば(2)回避の一種なのですが、体験自体があまりにツライために、
その体験にまつわる記憶を封じこめ遮断します。
その体験を思い出そうとするとボーッとして混乱したり、
嫌な思い出のあるエリアは雲がかかったように感じたりします。

テレビドラマなどでよく記憶喪失が出てきて、
本当にそんなことってあるのかなって感じるかもしれませんが、
これは心が壊れないように痛みを封じ込める防御反応なんですね。

東日本大震災で着の身着のまま逃げ、命からがら助かったという、
あるおじいちゃんにお会いしたときのことです。
快活で、ジョークまじりに話されるお姿は元気そのもの。

しかし周囲の方が「津波のときの状況を聞いても、まったく思い出せないのよ」と言われていました。直接おじいちゃんに伺ってみましたが、やはりそこだけスッポリと、わからないのだそうです。ご自分で思い出そうとしても、思い出せないんですね。

また、保育園でいじめにあったお子さんは、
たまたま目にした自分のアルバムを楽しそうに眺めていました。
赤ちゃんのころの自分の姿にキャッキャと笑みを浮かべていたのですが......。

いじめを受けた年齢の写真になると、言葉がピタリと止まり、
黙ってページをめくるうち、ぽろぽろと涙が。
そして出てきた言葉は......「あれ、私、どうして泣いているんだろう?」

まるで記憶が凍ったかように、つらい時期を自分では思い出せないのです。
にもかかわらず、身体は勝手に反応して涙が流れ、自分でもビックリする。
もちろん、見ていた写真は家族のプライベートな写真ばかりで、
いじめをした同級生たちは写っていません。それなのに身体は無意識に反応してしまいます。

ツラさがあまりにも大きすぎて心が破綻するのを防ごうとするのか、
脳は記憶を封印してしまいます。
一方、身体はその時の季節感、音、感覚の記憶をまざまざと覚えています。

だから、ツライ体験が夏であれば、セミの鳴き声や汗の伝う感触......五感が引き金となって身体に記憶を引き戻し、自分でもわからないイライラ感や、フラッシュバックが起きたりします。

専門的な言葉になりますが、
「解離(意識と身体が別々のような感覚)」や「離人感」「人格分裂」といった症状も、
仕組みはほぼ同じです。
・自分の身体を自分のものでないように感じる。
・自分の行動や言葉が、いつのまにどうやってしたのか覚えていない。
・鏡に映る自分が自分だと感じられない。
・世界が霧がかかったように感じる、など。

これらは、ツライ体験を自分から切り離したり・封印する症状と考えられるでしょう。
では、このような症状が出たら、どうすれば良いでしょうか。
次回は快復方法についてお話しますね。

-------------------------------------------------------------------------------

★3月13日(水)19:30~21:30
いじめトークイベントで「いじめの構造」をお話します。
東京大学 駒場キャンパス 参加無料
詳細はこちら
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=492139644180156

★ネット記事「あなたの隣にある、いじめ」【TRAPRO関連記事】
http://www.trapro.jp/articles/176/

★3月24日(日)15:30~18:30
心のブレーキをはずし、人生が輝く「トラウマ解凍ワーク」
http://mental-support.main.jp/work/trauma/