第20回 若い力を引き出すビジョン | [粒子線治療][陽子線治療][菱川良夫] 名誉センター長のこばなし ~がんから学ぶこと~

[粒子線治療][陽子線治療][菱川良夫] 名誉センター長のこばなし ~がんから学ぶこと~

一般社団法人 メディポリス医学研究所
メディポリス国際陽子線治療センター 名誉センター長
菱川良夫による講演からの小話。


テーマ:

日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会 大会期間中の3日間を通して思ったことは、

「若い人のパワーはすごい」という事です。
ただ、そのパワーを生み出すには何か1つになれるビジョンが必要です。


発表者にとってのビジョンは「多様化の時代、医療、放射線治療」としました。
嬉しいことに、会場では多くの方が発表するにあたり、この事をしっかりと考えてくれていました。



次に、会場運営を担当する若いスタッフには、朝礼で次の2点を言い続けました。
「ディレクターになって下さい 」「KYYを実施して下さい」


発表者は、熱中してくると時間の事を忘れてしまいます。(若い人の発表は、時間を忘れるくらい熱中して頂くのが丁度良いと思います。)
が、会場運営の担当者は、ディレクターとして時間を管理する必要があります。それを徹底するよう、まずはビジョンを掲げました。


もう1点のKYY(危険・予知・予防)は、以前の小話 で書いた通り、私がセンターで始めた運動です。
何かを行う前に、チームでKYYを話し合う事で防げる事故を未然に防ぎます。


この2点を強調する事だけで、会場運営はスムースに執り行われました。



以前より、若い人たちの溢れるパワーを生かすためには、しっかりとしたビジョンを掲げ、
細かい事は個々に任せるのが良いのではないかと考えていました。
そして、今大会ではそれが確信へと変わりました。


次代を背負う若者のパワーをどう引き出すか。
少し先を行く先輩としての、そんな責任を感じた大会となりました。

 

 
[粒子線治療][菱川良夫] センター長のこばなし ~がんから学ぶこと~
  幸せ届ける黄色いポストと、開聞岳

他の写真もご覧になりたい方は、写真館 へどうぞ。

菱川 良夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス