8月2日JR高槻から新大阪駅経由伊丹空港行きバスでスムースに、そして1時間もかからないで高知・龍馬空港へ到着。
こちらもバスでホテル日航高知の近くのバス停まで。
しかし12時前でまだチェックインの時間になっておらず、1Fロビーのタリーズで早めの昼食をして、荷物を預け、明日の予定の牧野植物園に下見を兼ねてゆく。
バスの切符はホテルのカウンターで「遊バス600円」、これは高知駅から五台山、桂浜を往復バス、終日乗り降り可能な乗車券。

 
空港からの風景と牧野植物園正門入口

会員証は忘れたのですが、明日の式典に出席申し込みをしていたので、スムースに会員として無料入場出来ました。
早速明日のリニューアルされた展示場を見学しようと思いましたが、一般開場は明日の式典以後からと断られ、園内を散歩しました。
取り敢えず牧野富太郎立像のある花壇に行き、記念写真を撮り、近くにある、想い出の「チチイチョウ」の樹木を確認、私の家族5人の名前を記載されている銘板も記念の写真を撮り、取り敢えずの目的達成。
この近くの通路が四国八八箇所のお遍路の1つで園内を通過しており、近くの竹林寺に繋がっていることはあまり知られていないようです。

 
牧野立像、チチイチョウの記念植樹

 

私がこの植物園の会員、そして植樹をできたことは、日本植物友の会で小山鐵夫・元園長先生の講演をお聞きしたのがきっかけで、記念植樹の時に寄付を出来たことでした。
小山さんはNY植物園の勤務経験があり、私がアメリカ出張の休日にコネチカット州ノーウオーク市在住の友人家族と見学した経験を思い出しました。
―――――
翌日はいつものように早朝ジョギングで、コースは思い出の高知城方面に向かいました。
幸い天気にも恵まれて、はりまや橋から高知城前交差点を右折して、山内一豊像、板垣退助像と脇にあるセンダンの大樹等

 
山之内一豊、板橋退助等の銅像と脇のセンダンの大樹



追記:センダンに関しては写真の説明のようにお遍路に並木があるそうです。
花の季節には良い香りが漂いますが、私流の解釈をすると、学名の中に毒の文字が入っていることから、お遍路に来る人達を守っているのではないかと・・・別なところではお遍路に柿の木を植えて、食料として提供しているといわれております。

ホテルに帰り朝食を食べてから、はりまや橋バス停から遊バスで牧野植物園に向かう。
正門で出会った3人の子供達、後で会場に行くと、本日の展示場改装記念の開会式の主人公、テープカットの担当者でした。
式典の後は一般にも開場することになり、自由見学で解散となる。
暫く昨日とは別の奥の薬草園ほかの植物園を見て、予定より早く解散になったので、遊バスに乗り・・・桂浜へ向かう。

 
展示場

 




 
園内の散策

 

坂本龍馬像に挨拶してから、昼食をとり、五台山経由の遊バスで帰り、バス停・はりやま橋からホテルの途中で昨日も高校生が集合写真を撮っていたところで看板を見ると今日から「まんが甲子園」開催中と知り、漫画館に入り、にぎやかな<まんが甲子園>を見る機会に恵まれました。

 
桂浜に来て


 
まんが甲子園

 

 



帰りに気が付いたのですが、川沿いに漫画甲子園の歴代優勝者を紹介するモニュメントが建てられており、27回の内第1回(テーマ:本日世界で最後の核爆弾が処理されました)と第18回(テーマ:絶滅危惧種・横綱、大関他の力士がそれぞれ国旗をつけた場面)を取り上げて掲載いたしましたが、その他の写真もありますので、興味ある方は連絡ください。
お送りしますので・・・
最後の夜、夕食がホテル最上階23Fでの見晴らしの良い、少し早めの時刻では左に五台山、真中に桂浜に続く鏡川他の掘りが海に向かって、そして正面の低 い山の向こうは桂浜の続きと思われる方向で、タイミングよく花火が見えました。
ラッキーなディナータイムで 思わずワインのお替りを・・・

 
ホテルの最上階からの眺めに、ワインで乾杯



以上、来年の5月に予定されている日本植物園協会総会に来ますのでよろしくと、ホテルにもお話しして帰路に・・・はりまや橋から龍馬空港、羽田に飛んで無事に帰宅することが出来ました。
後日談として、JT生命誌研究館のサマースクールの思いで、サクラソウ、虫の鳴き声を聞く、日本文化を話題に、そして来年の植物園協会会場の予定の牧野植物園を訪問したことなど、皆さんとお話しいたしました。
以上、次回のPTPL交流会へ参加をお待ちしております・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――

場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)

日時:10月13日(日曜日)14時から16時を予定

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
(問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/

ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2019/

ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/