今回は昨年のバンクーバーマラソンの仲間とリオデジャネイロマラソンに参加する機会があって、初めて南米・ブラジルとアルゼンチンを旅する機会がありました。
2回シリーズで、先ずはブラジル編をご覧ください。
ブラジル迄のルートは予想外にフランスのパリ経由で約丸一日を要しました。
ブラジル・リオデジャネイロに到着、まだ午前中で荷物をホテルに預けて、早速コルコバードの丘に電車で急勾配の坂を登り、高さ30mのキリスト像の下からリオの街を眺めて気分爽快でした。

 
ホテル、登山電車、キリスト像の基下、リオの街を眺めて

 

次にExpo会場にリオ・マラソンの受付に行きゼッケンを受け取り、近くの教会カテドラル・メトロポリターナに入り、巨大なキリスト教の文化に触れる機会がいきなり現れて驚き。

 
Expo 会場

 
教会

 

街路沿いの花、樹木について季節を感じることが難しい、亜熱帯の冬の始まり・・教会近隣に咲いていた花(サンタンカ)、またジャカランタに似た樹も既に花季を終わり実がなっておりました。

 

 

翌日の朝はジョギングで、まだ暗いうちに、海岸では賑やかなコンサート、ライブハウスの様な、賑やかな音楽が聞こえてくるエリアを通過して、明日のマラソンのスタートゴール地点を確認して、ホテルに帰るルートも確認した。

 
朝のジョギング

 

10時過ぎにホテルを出て、市内観光、コパカバーナ海岸を通過して、昨日とは別の岩山、ポン・デ・アスーカルにロープウエイを乗り継いで山頂まで。

 
ケーブルカーで山頂・展望と買い物

 

この岩山には、ロープウエイの真下をロッククライミングしているのが見える。
規模は違うが、小平で喫茶店をしていた友人が群馬に帰り「CLIMBING CAFE」を開店しているのを思い出しながら・・・ロッククライムングしている方・数人をケーブルカーに乗る前から、登りながら、そして峰、崖の上からも見られました数人おりました。



ロッククライミング

ケーブルカーを降りたところで笛の店があり、店のおじさんが笛吹きダンスをしているところへ笛を買ってきた寺さんと正子ちゃんが参加して笛吹きダンスを・・・


笛吹きダンス

明日の準備や、スーパーなど、周辺の街並み、海岸沿いの道路、公園など2日間の行動で明日のコースのイメージを思いながらの早めのお休み!!
日本料理・都で夕食を食べて帰り、朝の目覚ましは4時半、適当に食べて、5時にホテルを出発、15分ほどでスタートゲート脇に到着するが、詳細なルールが分からず、スタートラインに適当に入り並ぶ。
制限時間が6時間のため、できるだけロスタイムなくスタートしたい・・・


スタートゲート手前


今回は、制限時間を気にしての走りで、特に前半は長い地下道の往復もあり、写真撮影は無しにして、後半も、海岸を、また昨日まで楽しんだ山々を眺めながら、とにかく完走を目標に頑張る。
前半で寺ちゃんが地下道の先で先行し、声をかけてくれて、後半の30km過ぎで寺ちゃんが折り返してくるところを気付いて挨拶、仲間内では唯一お互いの声を掛け合うことが出来た。

その後折り返して、37,38㎞過ぎにはかなりペースダウンをしたが、まだ邪魔になるほどカメラマンが撮影していたので、まだ関門に余裕と安心感が感じられて、何とか最後まで走りぬくことが出来ました。
6時間を過ぎていたが、ウエイブスタートなので、余裕が頂けるので、早めにスタートして良かったという感じのゴールでした。
完走メダルをかけて頂き、無事にホテルへ・・・歩いて帰り、ゆっくり休んで、打ち上げ会は皆元気で・・・・

 
完走ゲート前の写真とメダル、打ち上げ会



翌日は、イグアスの滝、国立公園まで国内線飛行機で移動して、近くのホテルに荷物を置き、イグアスの滝、幅、水量では、世界一の滝をブラジル側から見学して、昨日の疲れを癒して、ホテルで夕食を、また部屋に帰ってゆっくりとみんなで集まり飲みながら、お話しして、疲れを癒しました。

 
イグアスの滝



以上の中で、3か所、動画を添付する準備<続きを見る>していたのですが、サイズが大きすぎて添付できませんでした。
<笛吹きダンス><朝のジョギングのライブハウス前><イグアスの滝の音> です・・・これらを28日のPTPL交流会ではお聞きいただけますので、参加お待ちしております。

翌日は車でアルゼンチンに移動して、イグアスの滝を向こう側から見る楽しみを期待して・・・ 次のPTPL交流会・日程は以下参照ください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)

日時: 7月28日(日)14時から16時を予定

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
(問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/

ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2019/

ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/