清明号<続きを見る>

テーマ:

タマラン日記:東京マラソン2019を走って
今回が7回目になりますが、前回2016年と変わったことが多く、少々苦労しましたが、完走することが出来ましたので、個人的には満足です。

1 先ずは前日までの受付の場所が変わり、少しは近くなったのですが、
  ビッグサイトと比較して台場でテント には驚きました。
  また受付で最初に手にテープを巻かれて、当日まで外せないことも再度
  の驚き。そして顔 写真も本人確認用に登録さる由。

2 次は、当日の経過ですが、着替えはしばらく前から新宿駅から都庁への
  途中で、地下道左脇の工学院大学キャンパスの無料開放を利用していた
  ので、寒さも、雨も感じないで、屋内で着替えて、ゆっくりトイレを使
  用、時間調整をしてから、ゲート4に向かうことが出来たのは、予定通
  りでした。
  集合場所のゲート4に行き、荷物を預けてから、Kエリアに集合して走り
    始めるまでの雨と寒さにはつらかったです。
  私の5回目までの参加では陸連登録組で、招待選手の後、都知事の挨拶
  を見ていたのが懐かしいです。
  このことが今回のロスタイム、21分という無駄な時間でした。

3 走り始めて、雨がほぼ止むことなく降り続き、水たまりを避けること
  で、7分ペースで10㎞までしか持たず、結果的に最終5㎞は10分迄ペー
  スダウンして、ゴールはネットタイム6時間5分53秒でした。

4 途中41㎞近辺で丸ちゃんから声を掛けられて驚きました・・・雨合羽を
  ゴールまで着たままだったので、ゼッケンも、タマランユニフォームの
  グリーンベルトも見えないと思っておりましたので。
  途中でタマランユニフォームを今後は着て走るのをやめようと思ったく
  らい、ペースの上がらないのに落ち込んでいたので、声を掛けられたの
  が、驚きと、嬉しさでした。
  海外を含めて、今まで「玉川上水頑張れ!」と声を掛けられなかった
  レースはなかった・・・という思い出 が遂に消滅した大会でした。

5 品川折り返し、36㎞地点あたりから、とにかく完走だけはしないと
  ・・・という気持ちで、Qちゃんの一言 <マラソンは一歩一歩の積み
  重ね!!
>、そして私個人の想いは<人生の決して繰り返すことのな
  い、貴重な時間をこのマラソンに費やしている、後悔のない一時
  に・・・>、 そして、今回は終日の雨の所為、効果とも感じられます
  が、<完走とは、決して歩かないこと・・・>を実施できました。
  更に35㎞以降品川を折り返してからは<振子走法>で走り通したことで
  した。歩いている人(競歩スタイ ル)に抜かれても気にせず続ける
  こと・・・

6 以上、ゴールの瞬間には雨合羽のボタンをすべて外して、ゼッケン番号
  と、タマランユニフォームの写真を記念に残すことで、完走記録として
  報告ができることを思いながら、ゴールしました。
  しかし、相変わらず雨が降っており、途中の浅草で一回だけ写真を撮り
  ましたが、ゴールして、ゴールを背 景に写真を撮る、いつもの習慣も
  諦めて、ゴールポイントから、大手町まで歩いて、荷物を受け取り、
  着替えのビル・ホールに入り、温まるまではしばらくかかりましたが、
  着替えの場所だけは想定外に立派な大ホ ールでした。

7 昨年のバンクーバーで仲間に入れて頂いた、人達と、新宿歌舞伎町で打
  ち上げをして、ビールのおいしかったことは東京マラソン7回目で最高
  でした。
  以上、タマラン日記としては、あまり自信がりませんが、コースは高低
  差の少ない走りやすいコースではありました。
  ただ、最後の1㎞ほどの丸の内ビル街に入って、ゴール手前までの煉瓦
  敷きのデコボコのコースは走りにくく、是非コースの変更を要望したい
  と思っております。
  今までの経験で言えば、ロンドンマラソンの途中、後半に煉瓦敷きの街
  を走るコースがあり、古い街並みを大切に維持する目的のロンドン方式
  は、東京には必要ないと思いました。
  以上、雑感が多いですが、私の<タイムも順位もない、健康マラソン   >。の続く限り、走り続けたいと思っております。
  今後とも皆さんからのアドバイス、ご指導をよろしくお願いいたしま
  す。
  池田春寿