5月6日のバンクーバーマラソンの翌日から10日帰国までの実質2日半ほどをマラソンの疲れを癒しながら、まだまだたくさん行きたいところを考えながら、ゴールで出迎えてくれたPTPL関連のお二人、佐藤さんと幸ちゃんと楽しく過ごしました。

翌日はさすがに早朝の「行く先々を走る・・・」は実行できず、7時半に今回のマラソンツアーで仲間になったばかりの3人(寺坂、高畠、細小路さん)とガイドの柴田さんを入れて4人を見送りにホテルロビーへ。
4人はこれからナイアガラの滝を楽しんで帰るとの事でした。昔の思い出は仕事でトロントに来た時だったでしょうか? ナイアガラの滝を裏から眺めた思い出がよみがえってきましたが・・・
 
PTPLの二人との待ち合わせ予定11時半過ぎまでは十分余裕がありましたので、ホテルから最初に見学予定のハーバーセンター、バンクーバーLOOKOUTと称している展望台ビルまで歩いて道を確認、タワーに上るには有料で、地下には商店街があり食事、土産店などがあることを確認でき、チラシを頂いて帰る。
11時45分ごろ二人がロビーに見えたので、私の希望通り、バンクーバーオリンピック記念タワーに歩いて向かう。
朝確認してあるので、この時だけは私が案内係になり・・・タワーに入るのには切符 を買うのだが、ここからはガイド役に慣れている事務局の佐藤さんにお任せした。
エレベーターで展望フロア―まで行き、展望しながら一周して写真を撮り、4日のツアー<グロース山とキャピラノ吊り橋>・・・雪の中で滑ったことなどを思い出す。

 
ホテルの展望台からの眺め・・・

 

 

もう一階上に周回する展望レストラン「トップオブバンクーバー・リボルビングレスト ラン」があるので、そちらに移動して昼食とした。1時間以上かけて一周して昼食を終了。バンクーバーの見晴らしを十分楽しむことが出来、感謝。

 
バンクーバーを眺めながら、昼食

東京では東京タワー、スカイツリーの展望フロアーを、昨年大阪のアベノハルカスの展望台と食事を思い出します。
そしてビルの回転レストランとしては、東京の1時間余りで一周するNO(ホテル ニューオータニ)を思い出す。
同様な思い出はボストンでも一番高いビルのレストランも同様に、食事の始まりと終わりでは勝手が違う?? という雰囲気が、想い出として浮かんできます。

昼食後、次の見学希望のバンクーバーミュージアムまで約1時間かけて歩いて行き、バ ンクーバーの歴史の1部を見ることが出来ました。

 
バンクーバーミュージアムの見学

 

帰りは、入口でタクシーを拾い、ハイアットリジェンシィホテルに帰り、暫くロビー で話をしてから、お二人のなじみ(?)の海岸近くの「葉っぱ居酒屋」に行き20時半 ごろまで、カナダの飲み屋の雰囲気で楽しいひと時を過ごす。
その後ウォーターフロントを散策して解散。サマータイムを採用している関係で、夜は20時になってもまだ外は明るい状態でした。

 
夏時間の夕方の海岸散歩

翌日の朝のジョギングはGeorge Streetをダウンタウンの東側に向かって、いろいろなレストラン、飲み屋、うどん屋、親子丼などなどの店の看板を見ながら走り、City Libraryを見つけて、入口近辺には「日本の食事・すし」があるのを見つけた。
佐藤さんと幸ちゃんは13時ごろホテルのロビーに到着、今日はまず最初に地下鉄に乗り、空港方面の途中の駅近のカジノに行く。
スカイトレイン・カナダ線、バンクーバーシティセンターで乗車してブリッジポートで下車して「リバーロックカジノリゾート」を見学に?
幸ちゃんが早速5(カナダ)$紙幣を入れて、楽しみ時々稼いでいるのを見て、私も5ドルを入れて、遊んだが、殆どあたりがなく、昔のパチンコで擦ってしまった雰囲気、結局、残高不足になり、0.18$の残高、現金引換券が出てきておしまい。大敗。
お店の雰囲気を感じるだけに終わる。

 
LASVEGASを楽しむ

 



ダウンタウンに戻り、海岸で散策しながら、小さな観光船(アクアバス)・湾内半周程度に乗る。
イエールタウン桟橋から乗船して途中乗り換えもあり、子供達もいて、20~30人規模の遊覧船 ?? を楽しんだ。

 
湾内一周の遊覧船内外の光景

 



夕食まで暫く海岸を散歩して、変わった植物などを楽しみながら、予定のレストランに向かう。

 
海岸を散歩

 



夕食の場所に決めていた中華の店・翠亭邨(スイハンビレッジ)にはCloseの貼り紙がしてあり、がっかりしてホテルに帰り、部屋からCloseの店に電話をしたが、つながらず?? 諦めかけた時に17時過ぎて再度の電話をすると、漸くつながり、お店は開店していることを確認、Closeは単純に、開店前の表示だったようだ。
ホテルからタクシーで翠亭邨へ。
ほっとして、乾杯、盛り上がり、楽しい最後の夜を過ごした。


中華翠亭邨(スイハンビレッジ)にて夕食

09日は帰国の日、チェックアウトをして、ロビーで待つ。
10時過ぎに佐藤さんが手荷物だけで現れ、幸ちゃんが大きな荷物2箱と佐藤さんのス ーツケースを含めて、息子さんに飛行場まで送っていただく予定との事。
佐藤さんと二人で飛行場へ。二人でチェックインだけして、幸ちゃんを待つが、30分 以上待っても来ないので、到着ルートを探して佐藤さんが行くと、 なんと混雑で空港入口まで車が入れなくて、ビルの手前で車から降りて、段ボール2 個、スーツケース2個を台車に積んで運んできた。


バンクーバー空港入り口で

漸く3人一緒に荷物を預けて出国。 途中で土産のメ-プルクッキーを買ってゲートの近くで、ビール一杯飲み、バンクーバ ーに乾杯した。
飛行機に搭乗してからは座席の画面がうまく操作できなくて、いろいろしているうちに麻雀卓が出てきたので、それで遊んでいると、なんと隣の幸ちゃん、佐藤さんも麻雀を、3人並んで麻雀をしている乗客などいるだろうか??
飛行機の中では珍しくアルコールを飲まないで成田まで来て、幸ちゃんの荷物は宅急便なので、荷物を受け取ったところでお別れして、新宿直行便で帰った。
17時過ぎには家に帰ることが出来、無事に帰宅の乾杯をしていただいた。

 

次回の交流会の日程は7月に予定しております。

 

--------------------------------
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)
日時:7月22日(日曜日) 14時~16時頃

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
 (問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/

ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2018/

ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/