5月6日、今日はマラソン本番の朝。
目覚ましは5時、ツアーで準備された朝食とトイレの準備万端で、ロビーに7時集合。

バスで、スタート地点のQEP(クイーン・エリザベス・公園)迄移動。
スタートゲート前でツアー仲間11人(フルマラソン組)で記念撮影をしてから、着替えと荷物預けに分かれる。
スタートは完走予定時間別に3グループに分かれて、順にスタートをする、ボストンマラソンと同様なシステム。
我々のツアーグループの半数は最終組に並び、4日に盛り上がった4人グループでの記念写真は出発の10数分前。

 

 

スタートゲート前

 

 

着替え後の私No.8788        4人の写真など

 

すでに最前列のグループはスタート済、10分近く経って、漸くゲートの近く迄進み、我々のグループのスタート時間直前・・・4人の内3人の背中と笑顔・・・が見えます。

 

 

スタート待ちの風景・第3グループ

 

走り始めから、話に聞いていた通り、上りの繰り返しが続き、約30分後に直線で広い通り、見渡す限りの上りが続いているところ、思わず写真を撮ってしまった。
また左側には<桂の樹>が見えて、小平の野火止用水(思惟の道)、京都の琵琶湖疎水(哲学の道)を連想しながら走っておりました。

 

 

上り坂と桂の樹

 

1時間と10分ほど、10㎞過ぎた頃、応援してくれる女性のギターリストに手を振りながら、写真を・・・さらに2時間ほど経過したあたりでは、17,18㎞あたりでしょうか? しかし前を見るとだんだんと静かになる感じで、ぺースが落ちてきたのかな・・・

 

 

ミュージシャンの応援に励まされて・・・

 

 

コースは公園の脇から、時々海が見える地域にかかってきましたが、そろそろハーフ・中間点に近いと思われる頃、大きな枯れ木が目立ってきたり、「黒いリス」が見えたりと日本ではあまり見かけない雰囲気を感じているところで右手に立っている看板「NITOBE~~」が眼に入り、思わず声に出すと、驚いた日本人ランナーと一緒に確認しました。「新渡戸稲造かも?」
思わず写真を撮り、更にチョロチョロ走っている、黒いリスを追っかけてしまいました。(カメラだけですが・・・)

 

枯れ木の大木

 

 

新渡戸稲造記念公園看板

 

2時間半を超えていろいろ楽しい発見があり、そして両側には公園で見かけたような、シャクナゲ、カルミア、などツツジ科の花が多く見られて気分よく走っていたのですが、これから30㎞に向かうところで少々ペースダウン、熱中症気味になってきました。

 

 

ツツジ科の花が目立っているところから、漸く海が見えてくる

 

 

20㎞代後半から30数㎞に至る10㎞ほどで熱中症とみられるめまいが起こり、頭を冷やすことと、トイレでの一休みを入れて、何とか回復基調になってから、橋を渡って、西バンクーバー、ダウンタウンの西側に入り、スタンレーパークの海岸コースを残り10㎞余りのところでした。
スタンレーパークの周回コースに入り、それまでのエイドステーションでは飲料だけで、食料がなく、30㎞過ぎで漸く小さなゼリー状の配布があり、普段は好きではないゼリーを1,2個頂いて、何とか胃袋の痛みを防ぐことが出来ました。

気が付くと、スタート前に一緒に写真を撮ったMASAKOさんが予想以上に元気で先行してゆき、思わず後姿を撮影、願わくば一緒にゴールをと願いましたが、はかない夢と散りました。

 

 

スタンレー公園の周回コースに入って

 

 

残り5㎞ほどになったころ、最後の一枚と思いながら撮影したのが、海岸に浮かぶ、とても素敵な女性像の彫刻でした。背景はノース バンクーバーのガスタウンでしょうか。
自分が走っている写真はダウンロードで購入した一枚だけ追加しました。

 

 

素敵な女性像、まだまだ元気そうな私

 

スタンレー公園を回り、残り2㎞ほどに入り何とか完走の見通しができ、早朝ジョギングで走ったエリアに戻って元気を取り戻し、ゴール手前でいつもの調子で、スパートをしましたが、後から、応援に来てくれたPTPLの佐藤さんから写真がよく撮れなかった、と言われて、残念でした。
ゴールしてから、メダルを頂き、写真を撮っていただき、漸く佐藤さんからも撮影していただきました。

1時間以上もゴール近辺で待たしてしまいましたが・・・

 

 

完走して

 

 

 

完走メダルを見て、大変驚いたことが一つ、メダルに、また完走証にも記載されていた距離表示が42.2㎞でした。
5mの違いには別にどうでもいいですが、いわゆるフルマラソンの距離、また記録認定を希望する人には迷惑な距離表示と思いながら、その理由はわかりません。

打ち上げでは、17名、2テーブルで全員完走のお祝い、乾杯をして、再度お会いする機会を期待しながらのお別れでした。

 

追記:新渡戸稲造記念公園について

1)平成天皇が皇太子時代に訪れたことがある、とUBCのHPに書かれております。
   UBC:The University of British ColumbiaのHPには上記の皇太子殿下が申した一言として“I am in Japan ! said Akihito”との記載があります。

2)Nitobe Memorial Gardenで検索してみてください。

 

(1)英語で

       https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF8&gdr=1&p=Nitobe+Memorial+Garden

(2)日本語で

       http://goodman-australia.hatenablog.com/entry/2016/09/11/150225

 

次回の交流会の日程は7月に予定しております。

--------------------------------
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
 (問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/