平成30年4月12日 清明号

テーマ:

3月の思い出-2
  <55年ぶりの房総半島一周>
25,26日一泊旅行で内房から外房、JRを乗り継ぎの一周旅行をして、55年前の思い出が懐かしく、前書き(私の人生の)として一言書きたくなりました・・・決して繰り返すことのできない我が人生の2日間を、また思い出を作りながら旅をしてきました。

55年前、21歳になったころ、大学3年生から4年生になる春休みでした。
それまでにたまった借金を返すのに地元の工場で夕方から、朝までの夜勤アルバイトをして、返済後の残った貯金で思い出作りに房総半島一周旅行を思い立ったのでした。
海の無い・群馬で育ち、それまでに海を見たのは小・中学校の修学旅行で、大洗海岸と江の島鎌倉の旅行位でした。

当時は学割の周遊券で2,3泊の旅でしたが、思い出に残るのは最後の旅館が木更津温泉で憧れの芸者さんを呼び、芸を見せて頂き、感動したことです。
そこで残るはJRの周遊券だけになり、千葉市近くの川鉄勤務の中学校時代の同級生に頼み、寮に一泊させていただいて帰った思い出です。

今回は当時の中学校同級生の会を中心の同窓会・22人ですが、皆さんは地元赤城のふもとからバスで、私は小平市から、内房をめぐり宿泊先の千倉まで列車の乗り継ぎを5,6回重ねて、のんびりと景色を楽しみながらの旅でした。
JR片道切符(国分寺~千倉)で途中下車不可と言われて、昼食時に駅員の許可をもらい、改札入り口のお店で弁当を買っての旅・・・


 
汽車の窓からの景色、いろいろ・・・

 

その頃の内房は何といっても一番の思い出は輸入機械で欧米と日本全国を走り回っていた時代の、市原市近辺の海岸一帯に石油化学プラント・俗に言う「30万トンエチレン・プラント」の建設で、高度成長の真っ盛りでした。
私自身はプラントのモニター、コントロール用の機器の輸入、据え付けの仕事でしたが、建設中の巨大タンクに上って景観を楽しんだ記憶もありましたが、プラントの稼働開始時には現場責任者(日揮)から、土日出勤命令が来て、すでに社長に断ってあるから・・・そんな時代でもありました・・・というのが思い出に残るシーンです。
その分野の産業は、最近峠を超えて、石油化学プラントの各地での縮小、廃止が進んでおり、一時期の活気が消えつつあるようです。 その頃のもう一つの思い出は千葉の海岸から捕れた大きな蛤を、一匹50円ほどでビールを楽 しんだ思い出ですが、その時代に戻ってほしいものです。

さて、宿泊先の旅館・政右ヱ門では今回の幹事が最も自慢、自信をもって連絡して手配した、海産物料理です。写真に見えるタイ、マグロ、カニ、エビと並び、とても食べきれないほどの量に舌鼓を・・・カラオケを楽しみ温泉にも入らずに就寝したほどでした。

 
料理と、カラオケ風景など

 



ここで私恒例の<行く先々で走る>に早起きして、気候も最高の海岸を1時間余り走り、日の出から、海、お花畑、と満喫しました。
途中の海岸にたくさんの浜大根(ハマダイコン、アブラナ科)が沢山咲いていました。
一本抜いて根が太いのを確認しました。
ムラサキハナナ・諸葛菜の話でいつも話題になる花大根(ハナダイコン)はこの仲間です。

 
早朝海岸ジョギングを楽しむ
 

 

 

 

と言う位に海鮮料理に圧倒され、また楽しいひと時を過ごしていたことでした。
千倉のJR駅で皆さん・バス組とお別れして、前の春分号に一言書きました、友人の息子がアメリカから1年間留学の知らせがあり、その後の確認で留学先が勝浦にある国際武道大学とわかり、この度の帰りにキャンパスを見学してきました。

 
千倉から勝浦まで



勝浦の駅で道を聞くと即座に小さなキャンパスまでの地図を頂き、徒歩で15分余りとの事。
歩き出すとかなりの坂の上ですが、途中で道を確認すると2名の男性の一人が学生です、と元気に歩いてゆくのを追って・・・大学の詳細は下記ネット情報から参照ください。
大学の創立は1984で私の結婚記念の年でした。
国際武道大学のHPアドレスは:<http://www.budo-u.ac.jp/

事前に連絡を取り、国際室の吉野さんにキャンパス内を案内していただき、タイミング的に年度末の休暇に入っていたため、施設の中まで、例えば学生寮ものぞくことが出来ました。
各施設の中でも2階建ての2号館(武道館)では、2階の向かって右で柔道、左で剣道の練習が賑やかに、全国からの高校生が集まって行われておりました。

 
キャンパス全体図面と柔道、剣道の集合練習風景

 

そしてこの会館の前から見た設立者・松前重義の銅像、訓示、そして、芝f広場の脇に咲いている満開の大島桜の前で記念写真を一枚撮っていただきました。

 
大学創立者の像、訓示、大島桜の前の私



帰りは急な下り坂を歩いて、沢山買い物荷物を持った女性も頑張って歩いており、のどかな田舎の風景もありました。 勝浦駅~千葉~お茶の水~国分寺~一橋学園と殆ど各駅停車で3時間以上かかりました。 3月は桜を始め、いろいろな花々も気候変動に苦労しているようでしたが、4月1日のタマラン例会でグリーンロード21㎞一周を久しぶりに走り、一か月後のバンクーバーマラソンへのスタートの気持ちで花の季節を楽しみたいと思います。

 

--------------------------------

次回NPO PTPL小平支局交流会、予定は、

日時:4月29日(日曜日)14時から16時
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058)

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
 (問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/
ともいき暦:
http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2018/

ジャパネスク:http://www.japanesque.tokyo/