熟れっこ女子大生

かんだゆうこです^^

仕事は心理カウンセラー養成や

講師業をしています♪ 

 

 

不幸ぐせ解消家といえば・・★

オフィスレアリーゼのHPは↓↓↓

http://www.realiese.com/

。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。

 

ビジネス書作家の大杉潤氏

私の本を取り上げてくださいました♪

↓ ↓ ↓

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000054439&fbclid=IwAR1htdCgtcIThAWD92kZIL3BW-CSgduWaQGBhtam3tgn4cUP6XndCtO0uYQ

 

先週末金沢へ行ってきました^^

青春時代に影響を受けた

法政大学教授の哲学者三木清

その研究を学ぶ機会に恵まれたからです。

 

金沢市の隣かほく市に

日本哲学の第一人者

西田幾多郎記念哲学館はあります。

 

全国でここだけなのです。

哲学の博物館は^^

↓ ↓ ↓

 

これが西田幾多郎です。

 

 

三木清は

西田幾多郎にあこがれて

京都大学に進みます。

 

 

 

晩年は獄中死という

不遇な環境の中

48歳の短い生涯を終えますが

『人生論ノート』

をはじめとして

たくさんの著作を残しています。

 

その文章で三木は

命を大切に生きることの重要性

悲しみや寂しさは

運命に必要なものであること

そして

広い砂漠を社会に

大きな海を運命に

強い波を死(困難)に

例えて説明していきます。

 

運命や使命を

与えられたもの

としてとらえ

仕事に感謝しながら

それらを果たしたときの

達成感を大事にするよう

説いているのです。

 

 

死生観という言葉は

比較的新しい言葉です。

 

もともとは

生死観と言っていたのです。

つまり

生きていく先に死がある

という考えから

死という限界に向かって

人間は一生懸命生きている

という考え方に

変化していることを表しています。

 

そんな考えにも触れる

三木の哲学を懐かしく感じました。

 

Sein Zum Tode

ドイツ語です。

死と背中合わせに生きている

という意味です。

 

そんな覚悟をどこか心に持って

三木は人生の朱夏を

生き抜いた人だった

と思っています。

 

偶然と必然の関係

社会の中で自分を客観視すること

将来という言葉は

「まさに来んとするもの」

希望であることを述べています。

 

若さとは

希望を捨てずに

将来に思いをつなげること

なのかもしれません。

 

 

最後に

この哲学館のあちらこちらに

西田幾多郎の名言が

カードになって置いてあります。

 

それを手に取って

ハッとしました。

 

次の3つはまさに

偶然であり必然なものとして

私の手にありました。

 

いまだ研究もせない前に

まずその利益を知ろうとする好奇心ほど

有害なるものはない

 

生きるために便利だから

真理なのではなく

逆に真理だから

我々の生活にとって

有用にされ得るのである

 

人間というものは

時の上にあるのだ

過去というものがあって

私というものがあるのだ

過去が現存しているということが

またその人の未来を構成しているのだ

 

解説するつもりはありません。

皆さんも

このような言葉から

何を感じとるのか

しばし

眺めてみてください^^

 

 

<お知らせ>=======

★オフィシャルブログはこちら↓

http://www.yuko-kanda.com/

★フェイスブック↓

https://www.facebook.com/yuuko.kanda.56

★ツィッター↓

https://twitter.com/yuukokanda1108?lang=ja

★インスタグラム↓

https://www.instagram.com/yuukokanda/?hl=ja

★オフィスレアリーゼのHPは↓↓↓

http://www.realiese.com/ 

 

 

<読みもの>=======

~もっと神田裕子を知ってね^^~

★東洋経済オンラインニュース記事
http://toyokeizai.net/articles/-/124164?display=b

NEW!

★ビジネス書作家の大杉潤氏書評はこちら

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000054439&fbclid=IwAR1htdCgtcIThAWD92kZIL3BW-CSgduWaQGBhtam3tgn4cUP6XndCtO0uYQ

 

★米山氏書評はこちら
http://sharedoku.com/archives/11526

★る~り~の大部屋「著者の本棚」 

1回目

https://m.youtube.com/watch?v=W0aYhNScxDw

2回目

https://www.youtube.com/watch?v=yn_1ez2SL8U&list=PL89025MSbgs5Q052zHqNWlKlfKUD_GFDO&index=1

 

2年前に発売した処女作です^^

この本を使ったワークショップを

開きたい方はご連絡ください。

大手書店やアマゾンで購入できます♪

↓↓↓