熟れっこ院生

かんだゆうこです^^

仕事は心理カウンセラー養成や

講師業をしています♪ 

 

 

小説家デビューが

12月に決まりました♪

 

不幸ぐせ解消家といえば・・★

オフィスレアリーゼのHPは↓↓↓

http://www.realiese.com/

。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。

 

以前お知らせしたように・・

昨日は歯の手術でした。

 

甘かった…

せいぜい2本だし

軽く終わるよ

っていう院長先生の言葉を

そのまま受け取った・・(笑)

 

腫れが

4日~1週間続くようです(泣)

 

お友達でもあるこの先生♪

インプラントにおいて

海外でも

とても有名な先生なので

心配はしていないのですが

 

手術後の注意を説明しながら

「この薬は食後ね」

「激しい運動と

入浴は2,3日避けて」

 

「あ、○○ちゃんとの

ディープなキスは控えて」

と真面目な声でジョークを言う・・

 

 

でもね

そういう笑いって大切。

 

手術後にどこが痛いって

(傷口は後になって痛いけれど・・)

肩が凝って

ひどかったのです。

 

きっと不安感から

身体中に力が

入っていたのでしょうね。

 

「こわ~い」

と始まる前に

歯科衛生士さんに言うと

 

「大丈夫です、私がついています」

って!!!

 

笑いや勇気づける言葉って

患者からすると

心がらくになるものです。

 

 

さて

手術の間

こんな言葉を

思い出していました。

 

The flower that blooms 

in adversity 

is the rarest

 and most beautiful of all.
 

意味は

 

逆境の中で咲く花は

どの花よりも貴重で美しい

 

です。

手術には直接

関係はないのですが^^

 

でもなぜか

娘を帝王切開で

産んだときのことが

思い出されました。

 

私には

妊娠のせいで発病した

病気があります。

 

そして一生のうち

あれほど大変なことが

続けて起こるなんて

と思うほどの

10カ月間でもありました。

 

 

それでも

人間には忘れる能力が

あるので

過ぎてしまえば

仕方がなかったことと

思えるのです。

 

目の前に立ちはだかる

障害に思えることも

それを一生懸命に

乗り越えようとする姿は

きっと美しい。

(エミリー・ブロンテの

嵐が丘のようですねっ♪)

 

そして

チャレンジしたあとには

成長や喜びをたくさん

もたらしてくれます。

 

が~っと口を大きく

引っ張られながら

そんなことを考えていた

1時間でした^^

 

 

<お知らせ>=======

大杉潤さんの書評♪

↓↓↓↓↓

http://jun-ohsugi.com/column/jibundenaosukokorokyoukasho

 

★オフィシャルブログはこちら↓

http://www.yuko-kan

da.com/

★フェイスブック↓

https://www.facebook.com/yuuko.kanda.56

★ツィッター↓

https://twitter.com/yuukokanda1

とい108?lang=ja

★インスタグラム↓

https://www.instagram.com/yuukokanda/?hl=ja

★オフィスレアリーゼのHPは↓↓↓

http://www.realiese.com/ 

 

 

<読みもの>=======

~もっと神田裕子を知ってね^^~

★東洋経済オンラインニュース記事
http://toyokeizai.net/articles/-/124164?display=b

 

★米山氏書評はこちら
http://sharedoku.com/archives/11526

 

★る~り~の大部屋「著者の本棚」 

1回目

https://m.youtube.com/watch?v=W0aYhNScxDw

2回目

https://www.youtube.com/watch?v=yn_1ez2SL8U&list=PL89025MSbgs5Q052zHqNWlKlfKUD_GFDO&index=1

 

2年前に発売した処女作です^^

この本を使ったワークショップを

開きたい方はご連絡ください。

大手書店やアマゾンで購入できます♪

↓↓↓