みなさま。こんにちは。
今日は、NYからハロウィンにまつわるお話ですラブラブ

ハロウィンの由来は紀元前にまでさかのぼります。


アイルランドに住んでいた
古代ケルト人の大晦日が、10月31日で、

その時に行われていた儀式が起源のようです。

古代ケルト人は、新年と、長い冬を迎えるにあたり、
その年の収穫を祝い、悪魔などを追い払うお祭りを行っていました。

古来から使われてきた魔除けのハーブにはジュニパーなどがありますので、

こういったハーブも、焚かれていたのかもしれません。

 


ところで、古代ケルト人にとって10月31日は
亡くなった人達の魂が、この世に帰ってくる日で、日本のお盆のようですが

同時に、悪魔たちもやってきて、悪さをすると考えられていたようです。

悪さをされないようにしようと人々は工夫をし、

そのお祭りは、キリスト教の前夜祭と融合し、ハロウィンとなったのです。

*・・ココロのビタミン・・*

ハロウィンで、仮装する習慣も古代ケルト人にとって、

はじめられました。10月31日は、魔物がやってくる日と

考えられていましたので、地上をさまよい歩き、

悪さをする魔物を恐れて、「私も仲間ですよ」と魔物と同じような格好をし、

アピールすることで、難を逃れようとしたのです。

これが仮装の始まりと言われています。


お菓子を上げる風習は、家の中に魔物が入ってきたら困るので、

機嫌良く帰ってもらうためにお菓子をあげるようになったようです。


さて、NYには、ハロウィンパーティーや、パレードのための

コスチュームの専門店もありました。

お店はユニオンスクエアの近くにあり、とても広いです。

コスチュームも気軽なものから本格的なものまで幅広く揃っていました。

*・・ココロのビタミン・・* *・・ココロのビタミン・・*

衣装はもちろんのこと、顔用のかぶりものも、いろいろとあり、
みているだけでも楽しめます。
script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=3751138-1382977708-340-255

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=3751138-1382974088-340-487
私は、ハロウィンの衣装は着ていませんが、
この日は、ハロウィンにちなんで、かぼちゃの色に近い服に。

ハロウィンマフィンさて、話題は少し変わるのですが、
 NYのハロウィンのイベントで、ワンちゃんたちが、かわいらしく仮装しているのを
みかけました。とても愛らしい姿でしたので、お写真でご紹介いたします。

*・・ココロのビタミン・・*
*・・ココロのビタミン・・*
*・・ココロのビタミン・・*
*・・ココロのビタミン・・*
*・・ココロのビタミン・・*


ハロウィン用・魔女(透明かわいらしく仮装したワンちゃんを囲んでいる人たちは、
年齢を問わずみんなとても楽しそうでした。

ワンちゃんのセラピー効果は絶大で、
生理的、心理的、社会的効果があります。

脳内では、楽しいという感情の源である「ドーパミン」という
脳内伝達物質の分泌が増えるといわれている状態なのでしょう。
 そして、ワンちゃんをみて癒されるのは、副交感神経が活発になっているからかぼちゃ

 色とりどりの衣装を身につけたワンちゃんを介して、
人と人との交流が円滑になっている点も素晴らしいな~と感じました。
 はじめて会う人同士でも、ワンちゃんが、会話の潤滑剤になっているようでした。



リボンNYとは違う雰囲気のロンドンのハロウィンパーティーの様子はこちらから

http://blogs.25ans.jp/medalist_matsudasatoko/?p=2852

AD