10年ほど前に「サイコオンコロジー外来」や「精神腫瘍科」で,乳がん患者さんをたくさん拝見するようになり、新しい言葉を覚えました。それが「温泉デビュー」という言葉です。手術で乳房の手術を受けた後,再建するしないは別にしても,公共の場で胸を出すことのハードルの高さを意味しているようなのですが,その代表的なのが,公共の温泉に入ることらしいのです。

 

 私は,縁あって昨年秋に「東京都浴場組合」の年次集会でお話しする機会をいただき,温泉の効用や銭湯への期待について話をさせていただきました。その時,ひょんなことから,この「乳がんと温泉デビュー」の話をしたのですが,その話がその後展開し,区安威としてではなく個人としてのひとつの銭湯が,試しに協力していただけることになりました。

 銭湯の開店前に2時間ほど,貸し切らせていただき,全摘や再建のお話しをしたり,実際に,最新の銭湯にも入っていただこうとする企画です。保坂サイコオンコロジー・クリニックとしては,久々の企画になります。入湯料やタオルを含めて,1,000円というのもお手頃価格だと思っています。どうぞこの機会に,先着40名様になりますが,ご応募ください。

 

 この企画,なかなか銭湯のご協力が得られないため,今度のが「最初」で,「最後」になります。どうぞよろしくお願いいたします。