耳鳴りとうまく付き合う | 平成30年8月開院 東京 クリニック 精神科 心療内科 カウンセリング 復職(リワーク)/発達障害支援デイケア(予定)

テーマ:

耳鳴りの新しい記事があったのでご紹介したいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

耳鳴りが、認知症に起因する幻聴だったり、聴神経腫瘍などの重大な病気が原因だったりする場合もある。

難聴によって耳鳴りが引き起こされる場合には、加齢性難聴(高齢者の「耳が遠い」状態)、突発性難聴(50歳以上に多い)、メニエール病(女性に多い、回転性のめまいが出現)が多い。

ストレスや疲労が引き金になると言われている。

ストレスや過労(疲労)などを抱える人に多い病気なので、ストレスをなくし、安静にすることが望ましい。

認知行動療法を含めた心理療法も行われている。

カウンセリングを通じて耳鳴りによるネガティブな認知を明らかにし、修正することで症状を図るとされている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

耳鳴りを完全に治すことは難しいので、「本人が気にならなくなる」というのが治療の基本方針になります。

耳鳴りと焦らず向き合うことが望まれます。

何か気になることがありましたら遠慮なくご相談ください。

 


wooさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ