パニック障害 | 平成30年8月開院 東京 クリニック 精神科 心療内科 カウンセリング 復職(リワーク)/発達障害支援デイケア(予定)

テーマ:

パニック障害とは、「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」を3大症状とする病気です。

100人におよそ1人が発症するといわれています。

 

パニック発作では、突然訪れる恐怖や強い不安によって、動悸やめまい、呼吸困難などが現れます。

これらの症状により、「自分は死んでしまうかもしれない」と思うほどの恐怖を感じることがあります。

しかし、症状はすぐに消失し、検査でも異常はみられません。

パニック発作を繰り返すと、また発作を起こすのではないかと心配する(予期不安)ようになり、通常の社会生活を送るのがままならなくなることがあります。

また、経過中にはうつ病を合併する恐れがあり、治療に難渋することがあるため、早期診断で治療につなげることが重要です。

 

先達の知恵も役立つと思われますのでご一読いただけたらと思います。

何かありましたら遠慮なくご相談ください。

 

wooさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ