2017年01月30日(月)

2~3月発売予定のCD

テーマ:News
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)
ボビー・ブラウン
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)

サイケ本「サイケデリック・ムーズ」や、シンコーのディスクガイド「アシッドフォーク」で紹介されていた、Bobby Brownの"The Enlightening Beam of Axonda" (1972) が紙ジャケで再発。以前AkarmaからCDが出ていましたが、現在では入手が難しくなっていたようです。

西海岸出身のボビーは自ら「ひとりオーケストラ」と名乗り、自作や改造による数十種類の楽器をジャケ画のようなユニットにして、6オクターブといわれる歌声も楽器のように使いながら、楽園系のアシッドフォークを奏でます。私が最初に聴いたときに連想したのはブローティガンの小説でした。田園のいなたいレイドバック感と、宇宙的(またはミクロ的)なサイケデリック感覚が同居している感じ。これを聴きながらヒッピー文学の金字塔「アメリカの鱒釣り」を読むとハマります。





ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)
ハロー・ピープル
ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)

Hello Peopleは、60年代後半からNYのグリニッチビレッジなどで活動していたグループ。顔を白塗りにしてパントマイムを交えたりするユニークなステージで話題になりましたが、音楽自体はいわゆる演劇系ではなく、ポップで聴きやすいソフトロックがメインです。

本作"Have You Seen the Light"は1971年リリースのサードアルバムで、おそらくこれが初CD化。サイケ度は高くないですが、フルートをフィーチャーしたメロウチューンなども健在です。このあともTodd Rundgrenのツアーバンドをつとめたりしながら、ABC Dunhillなどから数枚のアルバムをリリースしています。





Complete Singles A's & B's
Rascals
Complete Singles A's & B's

Real Gone MusicからはRascalsのCD2枚組シングルコレクション。AtlanticとColumbiaの両レーベルにまたがるシングルAB面、全47曲が収録されています(そのうち前期の28曲はオリジナルモノミックス)。

Disc 1:
1. I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore
2. Slow Down
3. Good Lovin'
4. Mustang Sally
5. You Better Run
6. Love Is a Beautiful Thing
7. Come On Up
8. What Is the Reason
9. I've Been Lonely Too Long
10. If You Knew
11. Groovin'
12. Sueno
13. A Girl Like You
14. It's Love
15. Groovin'
16. Groovin'
17. How Can I Be Sure
18. I'm So Happy Now
19. It's Wonderful
20. Of Course
21. A Beautiful Morning
22. Rainy Day
23. People Got to Be Free
24. My World
25. A Ray of Hope
26. Any Dance'll Do

Disc 2:
1. Heaven
2. Baby I'm Blue
3. See
4. Away Away
5. Carry Me Back
6. Real Thing
7. Hold On
8. I Believe
9. Glory Glory
10. You Don't Know
11. Right On
12. Almost Home
13. Love Me
14. Happy Song
15. Lucky Day
16. Love Letter
17. Brother Tree
18. Saga of New York
19. Hummin' Song
20. Echoes
21. Jungle Walk



All That May Do My Rhyme
Roky Erickson
All That May Do My Rhyme

"All That May Do My Rhyme"は1995年にインディーズレーベル(Trance Syndicate)からリリースされたRoky Ericksonのソロ(スタジオ)アルバム。90年代半ばといえば、弟のSumnerによって母親から引き離されて回復に向かう以前の、かなり精神状態が悪化していた時期だと思うんですが、アルバムはあっけらかんと明るい印象。もっとも、半分くらいは80年代半ばのレコーディングのリミックスのようです。試聴はこちら。ちなみに、オリジナル盤(ジャケ違い)の最後には隠しトラックとして、The Spades(Rokyのデビューバンド)の"We Sell Soul" (Elevatorsの"Don't Fall Down"の原形)が収録されていたのですが、今回もトラックリストには載ってないので、入ってるかどうかは不明です。

1. I'm Gonna Free Her 3:03
2. Starry Eyes 3:38
3. You Don't Love Me Yet 4:24
4. Please Judge 4:28
5. Don't Slander Me 4:15
6. We Are Never Talking 3:46
7. For You (I'd Do Anything) 2:16
8. For You 3:01
9. Clear Night For Love 2:47
10. Haunt 3:40
11. Starry Eyes 3:10





Buried Alive! Demented Teenage
Various Artists
Buried Alive! Demented Teenage

Particlesからは、"Demented Teenage Fuzz From Down Under 1965-1970"というサブタイトルのCD6枚組ボックス、"Buried Alive!!"。オーストラリアの"150 Rare and Previously Unreleased R&B Psyche Punk Cuts!!!"が収録されています(80頁フルカラーブックレット付属)。トラックリストはこちら



Take a Mind Excursion
Various Artists
Take a Mind Excursion

オーストラリアのTeensville Recordsによるマイナーソフトロックコンピ、"Take a Mind Excursion"。サブタイトルは、"32 Pop Gems: From Sunshine To Soft / 1966-1972"。

1. Mind Excursion - Bob Dileo
2. Stop - Paul Vigrass
3. Let's Be More Than Friends Tonight - Pebbles and Shells
4. The Dawn And My Love - Sundae
5. Oh, Don't Come Crying Back To Me - Something Young
6. The Merry Go Round Is Slowing You Down - The Surprise Package
7. Heard You Went Away - Proctor Amusement Company
8. Show Me The World Of Wonder - The Bottom Line
9. Every Groovy Day - The Roman Rebellion
10. Soraya - Chris Simmons
11. Get Around Downtown Girl - Johnny Garrett & The Rising Signs
12. What Is Happy Baby - The Californians
13. Hold Back The Sun - The Scarecrow
14. Band In Boston - Bob Dileo
15. A New Man - Paul Vigrass
16. Suzanne - The Montanas
17. When Love Begins To Look Like You - The Game
18. It's Better This Way - Sundae
19. Turning Round - Wishful Thinking
20. The Girl I Wanna Bring Home - The Four-Evers
21. It's A Sunny Day - Johnny Young
22. When I Was King - The Bottom Line
23. Good People - Johnny Garrett & The Rising Signs
24. Dear Emily - The Golden Horizon
25. You, Baby, You - Tartans Of Lavender Lane
26. Alice In Wonderland - The Central Nervous System
27. Take Her Back - Gemini
28. Let's Give It A Try - Pebbles and Shells
29. Curly - Paul Vigrass
30. Rahni - Bob Dileo
31. Together Forever - The War Babies
32. Maybe Tomorrow - Free For



AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。