Underground ElectricsとGeneration Gapが2on1で再発 | サイケデリック漂流記
2013年04月04日(木)

Underground ElectricsとGeneration Gapが2on1で再発

テーマ:News
Hey Jude/Up Up & Away
Underground Electrics & Generation Gap
Hey Jude/Up Up & Away

Exploito(匿名アーティストなどによるスタジオ制作の、いわゆる「企画もの」)タイトル、Underground Electricsの"Hey Jude"(1968)とGeneration Gapの"Up Up and Away"(1969)をカップリングした2on1CDが、Gear Fabからリリースされます(6月18日発売予定)。

Underground Electricsは、「企画もの」系ヘヴィサイケ人気盤Firebirdsの"Light My Fire"(1969)や31 Flavorsの"Hair"(1969)など、Crownレーベルからリリースされた一連のExploito Heavy-Psych作品群の中の一枚。ギターの音色が似ていることから、これもFirebirdsや31 Flavorsの録音メンバーがバックをつとめているのではないかといわれています。でも、本作の方がずっと「まっとう」で、ヘヴィサイケというよりヘヴィブルースという感じ。ほとんどの曲にCharlatansみたいな「ファーアウトおやじ」系のボーカルが入っているのが特徴です。

Generation Gap(*1)は、CustomレーベルからリリースされたJerry Cole関連の、Projection Company, T. Swift & the Electric Bag, Stone Canyon Rock Groupといった匿名グループによるアルバムと同シリーズのもの。全10曲のうち6曲は昨年AceからリリースされたJerry ColeのコンピCD、"Psychedelic Guitars"に収録されています。

ここでもAnimated Eggのような「どサイケ」なインスト曲を聴くことができて、"Hard Times"などは明らかにAnimated Eggの"I Said, She Said, Ah Cid"と「同じ曲」なのに、こちらのバージョンにはオルガンが入っていません(Sundazedのコンピ、"Animated Egg/Guitar Freakout"には両バージョンが収録されていた)。とはいえ、それらは少数派で、本作で主流となっているのはボーカル入りのR&Bポップ~フォークロックチューンです。

*1
Psychedelic Statesコンピシリーズのフロリダ編に"Plastic Faces"が収録されていた同名バンドとは無関係。


The Underground Electrics "Hey Jude"
1. Hey Jude
2. Standing At The Crossroads
3. Boogie Chillen
4. The Syndicator
5. No Love In My Heart
6. Goodbye Baby
7. Queen Bee
8. Sunnyland
9. Dark & Dreary
10. Dust My Blues

The Generation Gap "Up Up and Away"
1. Up, Up, & Away
2. I'm A Man
3. Make Up-Powder And Paint
4. Lisa *
5. High On Love *
6. Woman Of Mine *
7. Hard Times *+
8. Strange Shadows *
9. Fool's Luck *+
10. On The Run

* "Jerry Cole/Psychedelic Guitars"に収録。
+ "Animated Egg/Guitar Freakout"に収録。

Total Time: 63:18


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス