2015年07月25日(土)

Kitchen Cinqのアンソロジー発売

テーマ:News
When the Rainbow Disappears: Anthology 1965-68
Kitchen Cinq
When the Rainbow Disappears: Anthology 1965-68

テキサスから西海岸に出て、Lee HazlewoodのLHIから5枚のシングルと1枚のアルバムをリリースした5人組、Kitchen Cinqのアンソロジー・コンピCDがLight in the Atticから8月に発売されます(2枚組LPバージョンはこちら)。

内容は、トラック11までが曲順そのままにオリジナルアルバムの "Everything But"(1967)が、それ以降にノンLPシングルや前身のIllusions, Y'Alls名義の曲、(Deccaからの?)1968年のシングルなどが収録されています(そのうち3曲は未発表トラック)。試聴はこちら

ちなみに、1968年に解散したあと、メンバーのJim Parker, Mark Creamer, Johnny StarkはArmageddon(Keith Relfのバンドとは別)を結成して1969年にアルバムを1枚リリース。その後、Jim Parker(ギター)とJohnny Stark(ドラム)は、ThemのオリジナルメンバーのAlan Henderson(ベース)とともにトリオ編成のアルバム、"Them In Reality"(1971)を制作しています。

1. You'll Be Sorry Someday
2. Solitary Man
3. Determination
4. Please Come Back To Me
5. Codine
6. Young Boy
7. Last Chance To Turn Around
8. Still In Love With You Baby
9. If You Think...
10. I Can't Let Go
11. Need All The Help I Can Get
12. Young Boy
13. Searchin'
14. Figareux Figareux
15. Try
16. Gloria
17. Run For Your Life
18. Please Come Back
19. (Ellen's Fancies) Ride The Wind
20. When The Rainbow Disappears
21. The Street Song
22. I Want You
23. Wasn't It You
24. I Am You
25. Dying Daffodil Incident
26. Does Anybody Know
27. Good Lovin' (So Hard To Find)
28. For Never We Meet




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年07月11日(土)

7~11月発売予定のCD

テーマ:News
Steelyard Blues--original Soundtrack From The Motion Picture
Mike Bloomfield & Nick Gravenites
Steelyard Blues--original Soundtrack From The Motion Picture

"Steelyard Blues"はジェーン・フォンダ、ドナルド・サザーランド主演のコメディ映画(1972年)。本作はそのサントラ盤です。映画自体はパッとせず、日本では未公開に終わったのですが、サントラの制作メンバーが豪華(というかマニア好み)で、ちょっとした隠れ名盤的な存在でした。以前、ワーナー・ジャパンの「名盤探検隊」シリーズからCD化されていたものの、現在は入手が難しくなっていたのが、Real Gone Musicから8月にCD再発されます。

参加メンバーは、"The Trip"のサントラでも知られるElectric FlagのコンビのMike BloomfieldとNick Gravenitesをはじめ、Paul Butterfield(ハーモニカ), Merl Saunders(キーボード), Maria Muldaur(ボーカル), StonegroundのAnnie Sampson(ボーカル)などなど。マイク&ニックが本作のために書き下ろした、歌入りのルーツロックナンバーを中心に、ニックやマリアの歌声がたっぷり楽しめます。

1. Swing with It
2. Brand New Family
3. Woman's Love
4. Make the Headlines
5. Georgia Blues
6. My Bag (the Oysters)
7. Common Ground
8. Being Different
9. I've Been Searching
10. Do I Care
11. Lonesome Star Blues
12. Here I Come (There She Goes)
13. If You Cared
14. Theme from Steelyard Blues (Drive Again)



The Abc/dunhill Singles Collection
Steppenwolf
The Abc/dunhill Singles Collection

同じくReal Gone Musicからは、SteppenwolfがABC/Dunhillからリリースした全シングル(AB面)+John Kayの全ソロシングルを収録したCD2枚組コンピレーションが発売されます。編者は先ごろGrass Rootsのシングルコレクションを手がけたAaron Kannowski。Steppenwolfのシングルのマスターテープはほとんどが失われているらしいのですが、ワールドワイドに精査して、現在入手可能な最高のソースを音源としているとのことです。

Disc One
1. A Girl I Knew
2. The Ostrich
3. Sookie Sookie
4. Take What You Need
5. Born to Be Wild
6. Everybody's Next One
7. Magic Carpet Ride
8. Rock Me
9. Jupiter Child
10. The Pusher
11. It's Never Too Late
12. Happy Birthday
13. Move Over
14. Power Play
15. Monster (Album Version)
16. Berry Rides Again
17. Hey Lawdy Mama
18. Twisted
19. Screaming Night Hog
20. Spiritual Fantasy
21. Corina, Corina

Disc Two
1. Who Needs Ya
2. Earschplittenloudenboomer
3. Snow Blind Friend
4. Hippo Stomp
5. Ride with Me
6. For Madmen Only
7. Black Pit
8. For Ladies Only
9. Sparkle Eyes
10. I'm Movin' On (John Kay)
11. Walk Beside Me (John Kay)
12. Somebody (John Kay)
13. You Win Again (John Kay)
14. Moonshine (Friend of Mine) (John Kay)
15. Nobody Lives Here Anymore (John Kay)
16. Easy Evil (John Kay)
17. Dance to My Song (John Kay)



Clear Light
Clear Light
Clear Light

ツインドラム編成の西海岸の6人組、Clear Lightの唯一作(Elektra 1967)は、サイケ本「サイケデリック・ムーズ」でも紹介されていた基本アイテムのひとつ。ファズギター&チープオルガンに彩られたサウンドは、ドアーズあたりからの影響もうかがえる「安心」な一枚。メンバーには、のちに俳優として活躍するCliff De Young(リードボーカル)、CSN&Yなどのバックで名を成すDallas Taylor(ドラム)、Todd RundgrenのUtopiaに参加するRalph Schuckett(キーボード)、本作にはクレジットされていないものの名ギタリストのDanny Kortchmar (Danny Kootch)らが在籍していました。

1. Black Roses
2. Sand
3. A Child's Smile
4. Street Singer
5. The Ballad of Freddie & Larry
6. With All in Mind
7. Mr. Blue
8. Think Again
9. They Who Have Nothing
10. How Many Days Have Passed
11. Night Sounds Loud



Playing in the Hall
Charlatans
Playing in the Hall

先月、Red Dog Saloonなどで結成50周年の記念公演を行ったばかりのCharlatans。本作は1997年に、オリジナルメンバーのDan Hicks, George Hunter, Richard Olsen, Mike Wilhelmらが参加した再結成コンサートを収録したアーカイブライブ(オーディエンス録音)です。私が持っているのは同年11月29日のFillmore West公演のオーディエンス録音(CD2枚組、全19曲)ですが、収録曲目や曲順が違うので、同じ音源かどうかはわかりません。

1. Wabash Cannonball
2. East Virginia
3. 32-20
4. The Shadow Knows
5. How Can I Miss You When You Won't Go Away
6. By Hook Or By Crook
7. Steppin' In Society
8. My Old Timey Baby
9. We're Not On The Same Trip
10. When I Go Sailin' By
11. Folsom Prison Blues
12. Alabama Bound
13. I Got Mine



South West
Big Star
South West

地元メンフィスのFM放送を音源としたBig Starのアーカイブライブ。ジャケットには"The Memphis Broadcast 1980"と表記されていますが、リリースノートによると、"Third"アルバム用のセッションが終了した直後、1975年1月に彼らのスタジオで収録(ライブ中継)されたものらしい。当時、オリジナルメンバーはAlex ChiltonとJody Stephensのふたりだけで、演奏はゲストのメンバーでサポートされています(噂ではAlexはドラッグでラリパッパ状態で、その翌朝Jodyも彼のもとを離れて行ったとか?)。

1. Femme Fatale
2. Oh Dana
3. Take Me Home and Make Me Like It
4. Jesus Christ
5. Death Cab for Cutie
6. Kizza Me
7. I Will Always Love You
8. The Letter



Fare Thee Well: the Best of
Grateful Dead
Fare Thee Well: the Best of

結成50周年を記念して6~7月に行われていたGrateful Deadの復活&フェアウェルコンサート。その模様を収録した音源&映像が複数のフォーマットで11月20日に発売される予定です。これは、おそらく7月5日のシカゴ(Soldier Field)公演を収録した4CD+2DVDのセットではないかと思われます。演奏にはオリジナルメンバーのBob Weir, Phil Lesh, Mickey Hart, Bill Kreutzmannに加え、Bruce HornsbyやPhishのTrey Anastasioらが参加しています。

追記:以下、新たにアップされたリンクです。

Fare Thee Well
Fare Thee Well

Fare Thee Well [DVD] [Import]
Fare Thee Well [DVD] [Import]

Fare Thee Well [Blu-ray] [Import]
Fare Thee Well [Blu-ray] [Import]




AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。