1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年03月31日(水)

NGC-4594の「ロストアルバム」発売

テーマ:News
no image
NGC 4594
Skipping Through the Night

最近Beacon Street Unionの2タイトルを再発して注目された、Cherry Redグループの新レーベルTune Inから、シングル1枚のみを残して消えていったオブスキュアなバンド、NGC 4594のコンピCDがリリースされます(5月17日発売予定)。

NGC 4594は1966年にコネティカットで結成されNYで活動していた、フルート奏者を含む6人組。唯一のシングル、"Skipping Through the Night/Going Home" は1967年にSmashレーベルからリリースされています("Skipping~"はガレージサイケコンピ"Psychedelic Experience (Vol.1)"に収録されていた)。

今回のコンピにはこのシングルの2曲に加え、結局発売されずに終わったアルバム用に録音された未発表の十数曲が収録されているとのこと。いわば「ロストアルバム」の発掘といった内容になっているようです。ちなみに、NGC 4594というのは「ソンブレロ銀河」として知られる、おとめ座の渦巻銀河のこと。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年03月30日(火)

Gary Duncan Quicksilverの"Strange Trim"再発

テーマ:News
no image
Gary Duncan/Quicksilver
Strange Trim

ここのところGary Duncan(Quicksilver Messenger Serviceのオリジナルギタリスト)関連の再発が続いているVoiceprintから、Gary Duncan Quicksilver名義で2006年にリリースされた、スタジオとライブが半々に収められたアルバム、 "Strange Trim"が再発されます(5月18日発売予定)。こちらのページに日本語の解説があります(試聴可)。

1. El Dorado
2. Stange Trim
3. Bubba Jeans (Inst)
4. Inner City Blues (live)
5. A Night in Tunisia (live)
6. Deja VooDoo (live)

AD
2010年03月28日(日)

Koes BersaudaraのCD発売

テーマ:News
no image
Koes Bersaudara
Koes Bersaudara 1967

「インドネシアのビートルズ」として国民的な人気を誇るグループ、Koes Plus(クス・プルス)の前身であるKoes BersaudaraのCDがSublime Frequenciesからリリースされる模様です(4月27日発売予定)。

BersaudaraというのはBrothersという意味で、クス兄弟4人(最初は5人)によって1960年にジャカルタで結成されました。1962年ごろにデビューアルバムを制作し、しだいに人気を得るも、60年代半ばにはスカルノ政権による「ロック弾圧」によって、放送禁止になったり逮捕・投獄されたりといった茨の道を歩みます。

その後、スハルトが1967年に大統領に就任するとロックの弾圧はおさまり、ようやく"To the So Called the Guilties"というセカンドアルバムをリリースすることができたのでした。そこでは、"Poor Clown", "Di Dalam Bui (In Jail)"といった曲で、スカルノ時代のつらい経験が歌われています。今回リリースされるCDはこのアルバムを中心とするコンピレーションという体裁になっているようです。

1. Hari Ini (Today)
2. To the So-Called "the Guilties"
3. Apa Sadja (Whatever)
4. 3 Little Words
5. Bintang Mars (Mars Star)
6. Poor Clown
7. Mengapa Hari Telah Gelap (Why Has the Day Become Dark)
8. Untukmu (For You)
9. Bunga Rindu (the Flower of Longing)
10. Laguku Sendiri (My Song)
11. Di Dalam Bui (In Jail)
12. Voorman (Jailor)
13. Bilikan Kamu Tetap Di Sini (I Wish You Would Stay Here)
14. Balada Kamar 15 (the Ballad of Room 15)
15. Lontjeng Jang Kentjil (Tiny Bell)
16. Rasa Hatiku (the Feel of My Heart)
17. Djadikan Aku Domba Mu (Make Me Your Sheep)
18. Bidadari (the Fairy)
19. Untuk Ajah Dan Ibu (Dear Mom and Dad)
20. Aku Berdjandji (I Promise)
21. The Land of Evergreen


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

AD
2010年03月25日(木)

Roky Ericksonの新譜発売

テーマ:News
True Love Cast Out All Evil (Dig)
Roky Erickson and Okkervil River
True Love Cast Out All Evil (Dig)

13th Floor Elevatorsといえば、すでにひと月前くらいから話題になっていましたが、Roky Ericksonの新譜が4月(20日)にリリースされます。プロデュースはオースティンの朋友Will Sheffで、彼のバンドOkkervil Riverがバッキングもつとめています。

1. Devotional Number One
2. Ain't Blues Too Sad
3. Goodbye Sweet Dreams
4. Be and Bring Me Home
5. Bring Back The Past
6. Please Judge
7. John Lawman
8. True Love Cast Out All Evil
9. Forever
10. Think of as One
11. Birds'd Crash
12. God Is Everywhere


$サイケデリック漂流記


2010年03月23日(火)

ElevatorsのContact Sessions発売

テーマ:News
no image
13th Floor Elevators
Contact Sessions

昨年、International Artistsのウェブサイト限定でリリースされ、現在ソールドアウトとなっている13th Floor Elevatorsの10枚組ボックスセット、"Sign of the 3 Eyed Men"のディスク1として収録されていたタイトル、"Headstone: The Contact Sessions"が単独のCDとしてリリースされる模様です(4月20日発売予定)。

Contact Sessionsは、International Artistsによる"Psychedelic Sounds of~"のレコーディングよりも半年以上前の1966年1~2月に、シングル"You're Gonna Miss Me/Tried To Hide"を最初にリリースしたContact(プロデューサーGordon Bynumのレーベル)のもとで、Headstoneというデビューアルバムとなるべく録音されたセッション音源。

下のトラックリストを見ると、オリジナルの11曲+別テイク4曲のトラック15まではボックスセットのものと同じですが、それ以降の"I'm Gonna Love You Too"(single version), "All Night Long"(by The Bad Seeds), "You're Gonna Miss Me"(ボーカルパートのみのシークレットトラック)の3曲が、未発表のライブテイク(at La Maison, 1966)4曲に置き換えられているようです。

1.You're Gonna Miss Me
2.Tried To Hide
3.Everybody Needs Somebody to Love
4.Take That Girl
5.You Can't Hurt Me Anymore
6.I'm Gonna Love You Too
7.Monkey Island
8.Roller Coaster
9.Now I'm Home (Splash 1)
10.Where Am I ? (Thru the Rhythm)
11.Fire Engine
12.You Can't Hurt Me Anymore (take 1)
13.Fire Engine (take 8)
14.You're Gonna Miss Me (take6)
15.Tried To Hide (take 7)
16.Everybody Needs Somebody To Love (version 2 unreleased)
17.Roller Coaster (previously unreleased)
18.We've Gotta Get Out Of This Place (unreleased version)
19.Fire Engine (version 2 unreleased)


サイケデリック漂流記


2010年03月20日(土)

Jerry Coleの新譜コンピ(続報)

テーマ:News
no image
Jerry Cole
Guitars a Go-Go: the 1960's Crown Recordings Vol. 2

3月11日の記事でお知らせした、Ace Recordsから4月発売予定のJerry Coleの新譜コンピの内容がわかりました。ジャケットに表記されているタイトルはamazonの表記どおり、"Guitars a Go-Go: The 1960s Crown Recordings Vol.2"。このVol.2というのは、以前Aceからリリースされたコンピ、"Hot Rod Twangin'"(下)の続編という意味のようです。

下のトラックリストを見ると、The Stingers名義の"Guitars a Go-Go"(1964)から10曲中8曲、Jerry Cole & the Stingers名義の"Guitars a Go-Go Vol.2"(1964)から10曲中7曲、Jerry Cole名義の"A Go Go Guitars"(1965?)から10曲中5曲が収録されています。選ばれていない曲はすべて"Hot Rod Twangin'"に収録されているので、本作と"Hot Rod~"を買えば、これら3枚のレアなアルバムの全曲が揃うという仕組みになっています。

また、"Hot Rod~"に1曲のみ収録されていたHot Rodders名義のアルバム "Big Hot Rod"(1963?)からの4曲が、ボーナストラックとして収録されています。

1. Curfew - Jerry Cole
2. Milk and Honey - Jerry Cole & the Stingers
3. Really Got It Bad - Jerry Cole
4. Groovy Night - Jerry Cole & the Stingers
5. Great Scott - The Stingers
6. Sloppin' - Jerry Cole
7. No More Hanky Panky - Jerry Cole & the Stingers
8. The Tower of London - Jerry Cole
9. Yeah, Yeah, Yeah - Jerry Cole & the Stingers
10. Movin' On - The Stingers
11. Paperback Lover - Jerry Cole & the Stingers
12. Dang Thing - The Stingers
13. Teen Age Fair - Jerry Cole
14. Ripple Blues - The Stingers
15. Hold On - Jerry Cole & the Stingers
16. Coming On - The Stingers
17. Unchained Soul - The Stingers
18. Barefoot Baby - Jerry Cole & the Stingers
19. One for the Money - The Stingers
20. 007 Rides Again - The Stingers
21. The Creamer - The Hot Rodders
22. Wild Willys - The Hot Rodders
23. Drag Shoot - The Hot Rodders
24. The Screamer - The Hot Rodders

Hot Rod Twangin'
Jerry Cole
Hot Rod Twangin'


サイケデリック漂流記


2010年03月18日(木)

Alex Chilton (1950-2010)

テーマ:News
Alex Chilton RIP.


Box Tops~Big Starのアレックス・チルトンが17日に入院先のニューオリンズの病院で心臓発作のため亡くなったそうです。12月生まれなので、まだ59歳という若さでした。

弱冠16歳の時、Box Topsのリードボーカリストとして"The Letter"(1967)を全米No1ヒットさせ、70年代になって結成したBig Starは「元祖パワーポップ」として、のちの若い世代のロックアーティストに多大な影響を与えました。Box Topsの曲は近年CMで使われて一般にも再認識され、Big Starは昨年Rhinoから4枚組のボックスセットがリリースされたばかり。近くサウス・バイ・サウスウエスト・フェスにもBig Starとして出演予定だったとのことで、これからの活躍が期待されていた矢先でした。謹んでご冥福をお祈りします。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
70年代以降もVUやSeedsをカバーして60sマインドを受け継いでいた。


Keep an Eye on the Sky
Big Star
Keep an Eye on the Sky

2010年03月17日(水)

"Raw Power"が2枚組レガシーエディションで再発

テーマ:News
Raw Power: Legacy Edition (Dig)
Iggy Pop
Raw Power: Legacy Edition (Dig)

Iggy & the Stoogesの名作"Raw Power"(1973)が、未発表トラック11曲入りのエクストラCDが付属したレガシーエディションとして再発されます(4月13日発売予定)。

ディスク1には1973年のDavid Bowieによるオリジナルミックスを新たにデジタルリマスタしたものを収録。ディスク2はすべて未発表トラックで、1973年のRaw Powerツアーから10月のアトランタ公演の9曲と、初出となるスタジオテイク2曲が収録されています。

Disc 1:
1. Search And Destroy
2. Gimme Danger
3. Your Pretty Face Is Going To Hell (originally titled "Hard To Beat")
4. Penetration
5. Raw Power
6. I Need Somebody
7. Shake Appeal
8. Death Trip

Disc 2: (All Previously Unreleased)
1. Introduction *
2. Raw Power *
3. Head On *
4. Gimme Danger *
5. Search And Destroy *
6. I Need Somebody *
7. Heavy Liquid *
8. Cock In My Pocket *
9. Open Up And Bleed *
10. Doojiman (outtake from the sessions for Raw Power)
11. Head On (rehearsal performance from CBS Studios rehearsal tape)
(* Georgia Peaches Live at Richards, Atlanta, GA, October 1973)

さらに、オフィシャルサイト限定で、未発表アウトテイク~別ミックスを収録したボーナスディスクや、アルバムのメイキングDVD、豪華ブックレットなどを追加したデラックスエディションもリリースされるとのことです。


2010年03月15日(月)

Human Expressionの新譜コンピ(続続報)

テーマ:News
3月8日の記事でお知らせしたCicadelicからのHuman Expressionの新譜コンピの内容に変更があったようです。タイトルはCollectablesからの既発のコンピと同じ"Love at Psychedelic Velocity"となり、トラックは全20曲(うち7曲が未発表)に増え、発売予定は5月になっています。

なにか不都合があったのか、アナウンスされていたHuman Expression時代の未発表曲"Down Home Girl"は、残念ながら撤回されてしまった模様です)。ただ、前回の記事で"Your Mind Works In Reverse"が入ってないと書いたのは私の勘違いで、"Room Of Shadows (Your Mind Works In Reverse)"というタイトルで収録されているようです。

1. Calm Me Down (early version, different vocals)
2. Every Night (demo version)
3. Readin' Your Will (demo)
4. Love At Psychedelic Velocity (first single, a-side)
5. Optical Sound (second single, a-side)
6. Calm Me Down (second single, b-side)
7. Sweet Child Of Nothingness (third single, a-side)
8. I Don’t Need Nobody (third single, b-side)
9. Every Night (first single, b-side)
10. Optical Sound (early version, different mix)
11. Room Of Shadows (Your Mind Works In Reverse) (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo)
12. I Told Her (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
13. Return Nevermore (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
14. Strange Love (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
15. Out Of Her Tree (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
16. World Of Wonderful (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
17. Judgment Of Rejection (Jim Quarles-Russ Hanson-1965 Demo) *
18. Outside Of It All (Jim Quarles-Post Human Expression)
19. Following Me (Jim Quarles-Post Human Expression)
20. Calm Me Down-False Start *
(*previously unreleased)


下は現在廃盤状態のCollectablesからのコンピ、"Love at Psychedelic Velocity"(1994)のトラックリスト。

1. Everynight (Demo)
2. Readin' Your Will (Demo)
3. Everynight (Single)
4. Love at Psychedelic Velocity (Single)
5. Calm Me Down (Demo)
6. Optical Sound (Demo)
7. Calm Me Down (Single)
8. Optical Sound (Single)
9. I Don't Need Anybody (Single)
10. Sweet Child of Nothingness (Single)
11. Outside of It All (by Jim Quarles, Unreleased)
12. Following Me (by Jim Quarles, Unreleased)
13. Who Is Burning? (by Jim Quarles, Unreleased)
14. You Need Lovin' Too (by Jim Quarles, Unreleased)

2010年03月14日(日)

Absolute Belter

テーマ:News
no image
Various Artists
Absolute Belter

Finders Keepersから、スペインのBelterレーベル関連のフリークビート~レアポップスを集めたコンピがリリースされます(3月29日発売予定)。

さすが、南米サイケの「本家筋」のスペイン。普通にやっててもなんだかサイケな感じがします。最後の"Space Oddity"のカバーなんか強烈。

1. Fusioon - Tocata Y Fug
2. Furia - Furia
3. Los Roller - Un Consejo
4. Huracanes - Cambio
5. Sonya - En Mi Nube (Get Off My Cloud)
6. Rudy Ventura - Soy Un Sonador
7. Fusioon - Ciclos
8. Fuerza - Un Lugar
9. Rudy Ventura - Yamasuki
10. Control - Por Las Viejas Calles
11. Fusioon - Farsa Del Buen Vivir
12. Los Huracanes - Good Gally Miss Molly
13. The Brisk - El Juego Del Amor
14. Los Ros - Cuentame Cosas Tuyas
15. Albert Band - Ella Tiene El Cabello Rubio
16. Los Mismos - Jefe Ironside
17. Los Roller - Camino Cortado
18. Soledad Miranda - La Verdad
19. Los Gritos - Veo Visions
20. Alfonso Santisteban - Zorongo
21. Top Show - Escucha Nina
22. Hermanos Calatrava - Space Oddity


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。