1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年05月31日(日)

Ohio Express, Raiders, Midnitersのコンピ発売

テーマ:News
no image
Ohio Express
Ohio Express/Chewy Chewy

Ohio Expressの最大のヒット曲"Yummy, Yummy, Yummy"(全米4位)を含む68年のアルバム"Ohio Express"と、その次の"Chewy Chewy"(1969)の2枚をカップリングした2on1CDが、米Wounded Birdからリリースされます(7月7日発売予定)。

Ohio Expressは1910 Fruitgum Companyと並ぶBuddahのバブルガムポップ路線の看板グループ。例によって、プロデューサーチームのKasenetz & Katzによるプロジェクト的側面が強いものでした。このバンド、ベスト物コンピとかは結構出てるんですが、正規のアルバムは聴いたことない方が多いんじゃないでしょうか?

サイケデリック漂流記



no image
Paul Revere & the Raiders
Hungry for Kicks Singles & Choice Cuts 1965-69

Paul Revere & the Raidersは、60sを代表するようなビートポップグループ。その歴史は古く、デビューアルバムのリリースは1961年に遡り、全米チャート入りしたシングルは30曲近くにのぼるという老舗バンドです。

このコンピはタイトルにもあるように、1965年から69年にかけての全盛期のヒットシングルを中心に集めたもの。Rev-Olaから6月29日に発売予定で、きっとブックレットなども充実したものになっていることでしょう。

Track Listing:
1. Kicks
2. Him Or Me What's It Gonna Be?
3. Hungry
4. Let Me! - Single Version
5. Just Like Me
6. Too Much Talk - Single Version
7. Ups And Downs
8. I'm Not Your Stepping Stone
9. Good Thing
10. I Had A Dream
11. Mr. Sun, Mr. Moon - Single Version
12. Steppin' Out
13. Peace Of Mind - Single Version
14. We Gotta All Get Together
15. The Great Airplane Strike - Single Version
16. Louie, Go Home
17. Gone Movin' On
18. Cinderella Sunshine - Single Version
19. Action
20. Don't Take It So Hard
21. Do Unto Others - Single Version
22. Why? Why? Why? (Is It So Hard?)
23. Ballad Of A Useless Man
24. Tighter
25. Freeborn Man
26. Observation From Flight 285 (In 3/4 Time)
27. Louise
28. Theme From Its Happening

サイケデリック漂流記



no image
Thee Midniters
Thee Complete Midniters: Songs of Love, Rhythm & Psychedelia

Thee Midnitersはディスクガイド「ガレージ・パンク」でも取り上げられていた、LAのメキシカンアメリカンによる「元祖チカーノロック」バンド。Sir Douglas QuintetやMysteriansなどの先輩格にあたるようなグループです。1965年のデビュー作ですでにチープオルガンの入った元祖フラワーパンクみたいな曲がみられるのはさすが。

基本的には「ダンスホールバンド」で、代表曲の"Whittier Blvd."のようなフリークビートっぽいアップテンポのR&Rナンバーがある一方、半数ぐらいはラウンジ風のメロウなスローバラードなのが特徴。激しいダンスのあとはチークトゥチークで・・・という感じでしょうか?(1stとベスト盤を聴いた限りでの感想ですが・・・)

今回リリースされるのは、1965~69年に発表された全4枚のアルバムに、レアな未発表テイクやライヴを加えたCD4枚組のボックスセット。まさに"Complete"といえる内容になっているようです。

サイケデリック漂流記



no image
Various Artists
Creative Outlaws: Us Underground 1962-1970

それから、これは独Trikontから2006年にリリースされたUSサイケコンピ。再プレスなのか、amazon.co.jpが新たに取り扱いを始めたのかは不明ですが、6月29日発売予定としてアップされていたので載せておきます。

ジミヘン(おもいっきりabovegroundですが)からMoondog(盲目のストリートミュージシャンで、どちらかというと現代音楽として語られることが多い。奥さんが日本人で、彼女の日本語の「しゃべくり」によるサイケな曲もあり。Holding Co.の "All Is Loneliness"の原作者でもある)まで、かなりブッ飛んだ選曲が特徴。試聴はこちら

Track Listing:
1. JIMI HENDRIX : Star Spangled Banner
2. LOTHAR & THE HAND PEOPLE: Machines
3. TINY TIM: Tip Toe through the Tulips / Highway to Hell
4. CAPTAIN BEEFHEART: Dachau Blues
5. COUNTRY JOE & THE FISH: I feel like I'm fixin' to die
6. MOONDOG: On Broadway
7. THE GODZ: Turn on
8. MC 5: Kick out the Jams
9. THE FUGS: The Garden is open
10. EXUMA: You don't know what's going on
11. BLUE CHEER: Summertime Blues
12. SHEL SILVERSTEIN: Have another Expresso
13. PEARLS BEFORE SWINE: Uncle John
14. WEST COAST POP ART EXPERIMENTAL BAND: Suppose they give a war and no one comes
15. THE HOLY MODAL ROUNDERS : Cocaine Blues
16. KALEIDOSCOPE: Keep your Mind open
17. GRACE SLICK AND THE GREAT SOCIETY: Somebody to Love
18. TIM ROSE: Hey Joe
19. CANNED HEAT : Sic 'em Pigs
20. CHAMBERS BROTHERS: Time has come today
21. NINA SIMONE : Mississippi Goddam
22. THE STOOGES: 1969
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年05月29日(金)

"Chartbusters USA"シリーズの新譜発売

テーマ:News
Chartbusters Usa: Sunshine Pop
Various Artists
Chartbusters USA: Sunshine Pop

英Ace Recordsの60sコンピ、"Chartbusters USA"シリーズの第4弾がリリースされます。"Vol.4"ではなく"Special Edition: Sunshine Pop"となっているのは、おそらくVol.1が発売された1999年から10周年となる記念盤という含みがあるのではないかと思います。7月21日発売予定。

Track Listing:
1. Happy Together - Turtles
2. Younger Girl - Critters
3. I Could Be So Good To You - Don & The Goodtimes
4. CHANGE - Keith
5. It's Getting Better - Mama Cass
6. Crystal Blue Persuasion - Tommy James & The Shondells
7. If You Don't Want My Love - Robert John
8. Darlin' - Beach Boys
9. Wear Your Love Like Heaven - Donovan
10. Don't Wake Me Up In The Morning, Michael - Peppermint Rainbow
11. Green Tambourine - Lemon Pipers
12. A Girl Like You - Rascals
13. Workin' On A Groovy Thing - Fifth Dimension
14. She Lets Her Hair Down - Tokens
15. Grazing In The Grass - Friends Of Distinction
16. Back On The Street Again - Sunshine Company
17. Morning Girl - Neon Philharmonic
18. Time For Livin' - Association
19. Look At Me Girl - Bobby Vee
20. I Saw Her Again - Mamas & The Papas
21. She Is Still A Mystery - Lovin' Spoonful
22. Lazy Day - Spanky & Our Gang
23. The River Is Wide - Forum
24. Anything Goes - Harpers Bizarre
25. Love (Can Make You Happy) - Mercy
26. The Rain, The Park And Other Things - Cowsills

サイケデリック漂流記


Chartbusters USA, Vol. 1
Various Artists
Chartbusters USA, Vol. 1

Chartbusters USA, Vol. 2
Various Artists
Chartbusters USA, Vol. 2

Chartbusters USA, Vol. 3
Various Artists
Chartbusters USA, Vol. 3

AD
2009年05月26日(火)

Rationalsのコンピ発売

テーマ:News
Think Rational
Rationals
Think Rational

RationalsはFuzz, Acid & Flowersで、"one of Michigan's top sixties bands"と評されていたAnn Arbor出身の4人組。アルバムは1969年のセルフタイトル一枚のみですが、活動自体は古く、60年代半ばごろからシングルを継続的にリリースしています。(当時地元では人気のバンドだったらしい。)

基本的にはR&B寄りのガレージサウンド(ミシガン系では最もブルーアイドソウル度が高い部類)ですが、エッジの効いたギターなど、随所にデトロイトパンクらしさが顔を覗かせます。演奏のみならず、ボーカルの能力が高いのが特徴で、ゆったりとしたソウルバラードから、ゴスペル風バックコーラスの入ったHumble Pie風ハードロックチューンなんかも聴かせてくれます。

69年のアルバム(過去にCD化。下の動画)の楽曲は、エフェクトやら、終盤にフェイドアウト/フェイドインでアシッドロック的なインストパート(フルート入り)が続いたりして、かなりサイケな味わいがあるものでした。R&Bとプロトパンクとサイケがブレンドされたような個性的なサウンドの好盤となっていました。

今回のコンピはそれ以前の1965~1968年にリリースされた全シングル曲に加え、テストプレスの2枚しか存在が確認されていないというファンクラブ向けの未発表アルバム(1968)や、レアなプロモカットなどの未発表テイクを、CD2枚組に収録したものとのことです。

ちなみに、"Tempation 'bout to Get Meという、Grande Ballroomでの1968年のライヴを収めたCDも出ていますが、セルフタイトルのアルバム同様、現在入手が難しくなっているようなので、これらの再発も望まれるところです。

DISC 1
1. FEELING LOST
2. LOOK WHAT YOU'RE DOING (TO ME BABY)
3. SOMEDAY
4. GAVE MY LOVE
5. I NEED YOU
6. I WANT TO WALK WITH YOU
7. LITTLE GIRLS CRY (DEON'S SONG)
8. GLORIA
9. BE MY GIRL
10. LEAVIN' HERE (VERSION 1)
11. MEDLEY: SMOKESTACK LIGHTNIN'/INSIDE LOOKING OUT
12. SING
13. TURN ON
14. IRRATIONAL
15. LOOK WHAT YOU'RE DOING (TO ME BABY) (DEMO)
16. SOMEDAY (DEMO)
17. GAVE MY LOVE (DEMO)
18. OUT IN THE STREETS (REHEARSAL)

DISC 2
1. RESPECT
2. HOLD ON BABY
3. I GOTTA GO NOW (OUT ON THE FLOOR)
4. SAID I WASN'T GONNA TELL NOBODY
5. (HAD YOU TOLD IT LIKE IT WAS IT WOULDN'T BE LIKE IT IS, OH NO) NOT LIKE IT IS
6. KNOCK ON WOOD
7. LEAVIN' HERE (VERSION 2)
8. POOR DOG (WHO CAN'T WAG HIS OWN TAIL)
9. TEMPTATION'S ‘BOUT TO GET ME
10. LISTEN TO ME
11. I NEED YOU
12. YOU GOT IT MADE
13. HA HA SONG
14. SUNSET
15. PART TIME LOVE
16. OUT IN THE STREETS


サイケデリック漂流記

AD
2009年05月25日(月)

Shadoksの新譜CD

テーマ:News
no image
Suck
Time to Suck

Suckは英国人、イタリア人、ギリシャ系のメンバーを含む南アフリカのバンド。 "Time to Suck"(1971)は、Freedom's ChildrenのJulian Laxtonのプロデュースによる唯一のアルバムです。

特徴としては、オリジナルが一曲のみ(下の動画)で、他はすべて当時のスタンダードを中心としたカバー曲で占められていること。そのうちわけは、Grand Funkの"Aimless Lady"と"Sin's a Good Man's Brother"、Freeの"I'll Be Creepin'"、King Crimsonの"21st Century Schizoid Man"、Deep Purpleの"Into the Fire"、Black Sabbathの"War Pigs"(ボーナストラック)、Colosseumの "Elegy"、Donovanの"Season of the Witch"をZep風に解釈した長尺インプロ(約10分)といったぐあい。

こう並べてみると普通のB級ハードロックアルバムと思われるかもしれませんが、びしょびしょのリバーブや、キメキメなアシッド感が漂うヤバい雰囲気、ベタともいえる名曲群を何のてらいもなく自分たちのグラウンドに引きずり降ろして有無を言わせないようなパワー感など、「傑作ヘヴィサイケアルバム」の称号にふさわしい強力な一枚となっています。



no image
Otis Waygood
Ten Light Claps and a Scream

こちらも南アのアーティストで、Suckと同じく南アフリカのParlophoneからリリースされた1971年の3rdアルバム(プロデュースも同じJulian Laxton)。デビュー作(1970)はOtis Waygood Blues Band名義でリリースされていて、基本的には英国のアングラヘヴィブルースロックバンドみたいな感じなんですが、やはりこれも南アフリカ特有のダークでアシッドな感覚に溢れていて、(ヘヴィ)サイケファンからも人気が高いようです。

特に、要所で入るミスティックなフルートの音色にかなりハマります。ブルースロックというだけでは語れないような幅広い音楽性を秘めていて、サイケ/アシッドロックからプログレ/ジャズロックファンにもアピールするような内容。私が聴いたのは1stと2ndですが、この3rdの評価も高いようで、最高傑作ともされています。



no image
Hugo Filho
Paraibo

オリジナルは1978年にブラジルで500枚のみプライベートプレスされた激レア盤。Lula Cortesとのコラボ作の"Paebiru"でお馴染みのZe Ramalhoが参加していることで知られています。サイケコンピ"Love, Peace & Poetry"のブラジル編にも(1曲ですが)収録されていたので、聞き覚えがあるかもしれません。

内容は、脱力するようなジャケにふさわしい素晴らしいサイケフォーク(フォークロア)ロック。アンダーグラウンドな香りを漂わせながらも、メロディアスで「やるせないような幸福感」に満ちた南米サイケならではの楽曲群がたまりません。


サイケデリック漂流記

2009年05月23日(土)

シスコサウンドのコンピ再発

テーマ:News
San Francisco Roots
Various Artists
San Francisco Roots

Collectors' Choiceから、サンフランシスコのAutumn(およびその傘下のNorth Beach)レーベルから発売されたシングルを中心としたコンピレーション、"San Francisco Roots"がリリースされます(6月23日発売予定)。これは新たに編集されたコンピではなくて、1968年にVaultレーベルからリリースされたLPのリイシューです(ジャケもオリジナルに準じたもの)。

ジャケットに書かれたサブタイトルは"13 Songs by the Originators of the San Francisco Psychedelic Sounds"となっているんですが、なぜか16曲が収録されています(オリジナルLPも同じ)。

Track Listing:
01. Beau Brummels - Laugh, Laugh
02. The Great Society - Somebody To Love
03. The Great Society - Free Advice
04. Beau Brummels - Stick Like Glue
05. Beau Brummels - If You Want Me To
06. The Mojo Men - Dance With Me
07. The Mojo Men - She's My Baby
08. The Knight Riders - I
09. Bobby Freeman - C'mon And Swim - Part 1
10. Bobby Freeman - C'mon And Swim - Part 2
11. Beau Brummels - Don't Talk To Strangers
12. Beau Brummels - Sad Little Girl
13. The Vejtables - Anything
14. Beau Brummels - Still In Love With You Baby
15. The Tikis - Darkest Night Of The Year
16. The Tikis - Pay Attention To Me


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2009年05月22日(金)

JAのウッドストックライヴ完全収録盤発売!

テーマ:News
Jefferson Airplane: The Woodstock Experience
Jefferson Airplane
Volunteers

これはちょっと意表をつかれてしまいました。少し前からamazonにジャケなしの "Volunteers"のタイトルのみでアップされていて、てっきり69年のスタジオ作の再発だとばかり思っていました。確かに、CD1の前半はその"Volunteers"が収録されているんですが、後半からCD2にかけて、なんとWoodstockフェスティバルのJAの全ステージが、史上初めて完全収録されています。そのうちの約半分にあたる6曲が未発表音源という画期的なもの!(トラックリストはリンク先のamazonのページに。)

ジャケに書かれている"The Woodstock Experience"というのはシリーズタイトルで、そのほかSantana, Janis Joplin, Sly & Family Stone, Johnny WinterもJAと同様、CD1に1969年のスタジオアルバム、CD2に未発表音源を含むWoodstockのステージを完全収録した、40周年記念の2枚組コンピとしてリリースされます(6月30日発売予定)。

Santana: The Woodstock Experience (Dlx)
Santana
Santana

Janis Joplin: The Woodstock Experience (Dlx)
Janis Joplin
I Got dem Ol' Kozmic Blues Again Mama

Sly & Family Stone: The Woodstock Experience
Sly and Family Stone
Stand!

Johnny Winter: The Woodstock Experience
Johnny Winter
Johnny Winter


それから、映画"Woodstock"のサントラ(1970)とその続編(1971)も6月2日に再発されます(いずれもCD2枚組)。

Music From Original Soundtrack & More: Woodstock
Various Artists
Music from the Original Soundtrack and More: Woodstock

Woodstock Two (Reis)
Various Artists
Woodstock Two

2009年05月21日(木)

Tom Rappのブルーサム時代のソロ作が再発

テーマ:News
no image
Tom Rapp
Stardancer

Pearls Before SwineのTom Rappが、Repriseからのソロ第一作(*1)ののちBlue Thumbに移籍してリリースした2枚のアルバム、"Stardancer"(1972)と "Sunforest"(1973)が再発されます(6月16日発売予定)。前者は初CD化、後者は十年ほど前にDemon/EdselからCDが出て以来の再発ではないかと思います(リリースレーベルはCherry Red傘下のLemon Recordings)。

ブルーサムの二作は、PBSの"The Use of Ashes"(1970)や"City of Gold"(1971)同様、大半の曲でナッシュビルのスタジオミュージシャンがバッキングしています。往年のようなアシッドチューンもあるものの、特に "Stardancer"(*2)では、全体的に楽天的なムードだったり、グッドタイミーな曲があったり、南部ミュージシャンによるレイドバックした演奏があったりで、やや分裂気味の内容のためか、一般に評価は高くないようです。でも、「一見ダメっぽい分裂気味のアルバムフェチ」である私はけっこう気に入ってます(Tom自身も好きな作品らしい)。

次の"Sunforest"では、逆に「まったり」としたアシッド感が増大し、60sサイケファンにはより親しみやすいアルバムになっている印象です。しかしそれが、もはや自分が時代とズレてしまっていることを痛感させる結果になってしまったのか、この作品を最後に音楽業界から足を洗い、弁護士としての新たな人生を歩み始めるのでした。(その後1999年にカムバックして、"A Journal of the Plague Year"という素晴らしいアルバムを発表しています。音数の少ない、原点に回帰したかのようなアシッドフォーク作品でした。)

いずれにせよ、この人は歌声そのものがアシッドなイメージと結びついてしまっているので、私にはどんな曲調でもサイケに聴こえてしまいます。ちなみに、Pearls Before Swineへの入門編としては、ESPレーベル時代の最初の二作、 "One Nation Underground"(1967)と"Balaklava"(1968)をカップリングした強力なコンピ、"The Complete ESP-Disk Recordings"があります。

*1
Repriseからの初ソロタイトルである"Familiar Songs"(1972)は、過去のPBSの楽曲を再録したデモなどを、レコード会社が本人の知らないうちに勝手にソロアルバムとしてリリースしてしまった(Tomはレコード屋で見て初めて知ったらしい)といういわくつきのもの。

*2
初期PBSを思わせるような"Stardancer"のジャケに使われているのは、 "Balaklava"のジャケの「死の勝利」を描いたブリューゲル作の「叛逆天使の墜落」。

no image
Tom Rapp
Sunforest


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2009年05月20日(水)

Guess Who / Wheatfield Soul 再発

テーマ:News
Wheatfield Soul
The Guess Who
Wheatfield Soul

マイフェイバリットバンドのひとつ、カナダのGuess Whoが1968年にリリースした "Wheatfield Soul"が、ボーナストラック3曲入りで再発されます(5月26日発売予定)。本作は名曲"These Eyes"で始まる愛聴盤で、Randy Bachmanのファズギターも堪能できます。


サイケデリック漂流記

2009年05月19日(火)

Golden Gate 再発

テーマ:News
no image
Golden Gate
Year One
(ジャケ画像はアナログ盤のものです)

シンコーのディスクガイド「ソフトロック」で紹介されていたThe Golden Gateの "Year One"(1969)がCD再発されます(6月30日発売予定)。たぶんこれが初CD化だと思います。

Golden Gateとはいってもサンフランシスコではなくて東海岸のグループのようで、プロデューサー&アレンジャーのBilly Carl & Reid Whitelaw(Fruitgum Companyなどの仕事で知られる)によるスタジオプロジェクトのようなものだったみたいです。

ディスクガイドの記事を引用させていただくと、「・・・キャッチーなメロにビートの効いたバッキング、ホーンを効果的に取り入れたアレンジが抜群。高揚感溢れるA①B①②や、バカラック風ワルツA④が特に素晴らしい出来。・・・」とのこと。

2009年05月16日(土)

Mystic Astrologic Crystal Band

テーマ:サイケデリック
Flowers Never Cry
Mystic Astrologic Crystal Band
Flowers Never Cry

現在このテーマでは、レココレ・サイケ号に載ってなかったアーティストを、なんの脈絡もなく取り上げております。

今回のMystic Astrologic Crystal Bandは西海岸のソフト(ポップ)サイケグループ。イメージとしてはStrawberry Alarm Clockをもっとチープなバブルガムポップ寄りにした、みたいな感じでしょうか。セルフタイトルのデビューアルバム(1967)と、セカンドの"Clip-Out, Put-On Book!"(1968)の二作を残しています。

上のCDはその二枚をカップリングした決定盤的コンピレーション(1991年リリース)。例によってamazonのマーケットプレイスでは馬鹿げた値段がつけられていますが、そろそろどこかが再発してくれて、この値段がおマヌケに見えるようになることを期待しています。

私がこのバンドのことを知ったのは、シタールが入ったサイケチューンばかりを集めた"Electric Psychedelic Sitar Headswirlers"シリーズに、2曲ほど収録されていたのが最初だったと思います。特に、デビュー作の先頭ナンバーでもある"Factory Endeavour"は、まるで三味線のようなベタベタのシタールに、「ん、どっかで聴いたことあるぞ」というコテコテのメロディが絡む、素晴らしいフリークポップサイケチューンになっていました。

ちなみに、いかにも60sなカッコいいジャケは、1stアルバムに準じたものです。

追記: ジャケに"Featuring..."として名前が書かれているリーダーのSteve Hoffmanは、DCCやAudio Fidelityなどのリマスタリングワークで有名なエンジニアの人とは同姓同名の別人だと思います(AMGのSteve Hoffmanのエントリーでは二人が同一人物として取り扱われていますが・・・)。

サイケデリック漂流記
MACBのSteve(左)とエンジニアのSteve(右)


サイケデリック漂流記

1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。