2010年12月24日 清水Takaのblogより

一部抜粋↓

 

その子はまだ8歳の小学生。

あぐりという名の女の子に

大切な事を教えてもらった。

この子に出会うまで

すっかり忘れていた事。

いつしか逃げてた。

目をそらしていた。

いつの間にか

自分が一番嫌いな人に

自分自身がなっていた。

自分は何をするんだろう。

それは「相手に届ける」事。

たった一人の

今は目の前にいる小さな女の子に届けばいい。

あの子にもらったクリスマスプレゼントは

一番大切なそれを

「想い出す」事。

また会おうね。ありがとう。

2010年12月24日

 

 

 

 

 

7月30日、31日と

長崎は平戸に。

 

 

初日、

平戸図書館内多目的ホールでのコンサート。

 

そして2日目、

音楽仲間の松崎京M’s Lounge

たびら活性化ホール。

まずは、呼んでくれたMiyakoちゃん、

ありがとうです。

そして平戸の皆さん、

ご来場戴いたみなさん、

配信で見てくれた皆さん、

本当にありがとうございます!

 

今回の旅、言葉では言い表せないくらいのものを得た旅。

その中で一番が上記の「ブログ抜粋」につながります。

 

それは・・・

当時ブログに書いた

8歳だった女の子のあぐりちゃんが

長崎から3時間以上かけて

平戸まで会いに来てくれました。

20歳になって。

 

しかし恥ずかしながら申し訳ない・・・

最初うろ覚えで・・・
でも名前を聞いて、

そのあとライブ会場を聞いた時に

全てがフラッシュバック!!

そして一気に自分の涙腺崩壊・・・

 

12年前のその頃、

色々モヤモヤしてて、

音楽をこのまま続けていいのか、

辞める事も考えて、

とにかくずっとモヤモヤしてて。

記憶が確かならば、

そのライブの1stステージは

その親子だけだったんじゃなかったかな。

だからこそ鮮明に思い出したんだと思います。

 

演奏終わった時に、

あぐりちゃんが

「楽しかった!また聴きたい!
次はいつくるの?」

って言ってくれたのを覚えていて。

その時に自分が

「あぐりちゃんがまた聴きたいな~って

言ってくれてたらすぐにでもくるよ!」

って返事してたのも全部想い出して。

 

あぐりちゃんのお母さんから聞いたんだけど

前日まで熱出してた子が、

どうしても行きたい!って

来てくれたライブがその時で。

とてもニコニコして見てたんだって。

帰りに「また来年くるかな」って。

そんな話をしていたそう。

 

今、講演に行ったり学生と話をしている中で、

もちろんラジオでも話してたりするけれど、

 

誰か1人でも聴いてくれる人が

いるならば続けようと思う。

相手に伝えること、届ける事なんだよね。

 

それ、あぐりちゃんが教えてくれた事だった。

こうしなきゃいけない、

ああしなきゃいけない、というのに

がんじがらめになってたのを

吹っ切れさせてくれたきっかけだったのが

その時だったと。

 

また来年って、12ヶ月じゃなくて

12年経っちゃったけど、

当時の記憶は全て想い出しました。

 

何かお返ししなきゃいけないのに、また大きな

プレゼントをもらってきた気分です。

 

そんな想い出の地で

大切な仲間のMiyakoと歩と平戸の仲間達と

ご一緒出来たのが本当嬉しかったです。

 

 

まだまだ書き足りないけれど、

後で曲にでもしてみようと思います。

 

あらためて平戸の皆さん、

ご来場戴いたみなさん、

配信で見てくれた皆さん、

Miyakoと歩、

本当にありがとうございます。

 

虹で迎てくれた場所、

また行かせてください。

節目



44年前、


1978515日、


清水家の長男として


生まれました。


父は孝夫。


母は陽子。


歳を重ねる毎に


退院した日だな、って


記憶がフラッシュバックします。


31年前かな、


もうそんなに経つんですね。


ウイルス性髄膜脳炎。



高熱で記憶も無くなっていて。


目覚めた時には


10日くらい経っていたと


体力回復のリハビリも含めて


1年半以上は


本当大変だった


記憶があります。


今は腰痛だったり


目が霞んだり


でも、今年も無事生きてます。


「生きててくれてればいい」


そう言ってくれた父、母。


今年も生きてます。俺。


コロナ禍、


芸能の世界、


悲しいニュースもありました。


世界も変わっています。



勝手ながら師と仰ぐ方に


言われた言葉、


「誰かに影響を

与える人になりなさい」と


言われた事を


あらためて肌で感じています。


「生きてればなんとかなる」


「生きててくれてればいい」


父と母からもらった


二つの言葉です。



孝夫さんと陽子さん、


ありがとう。


2人も変わらずに


元気でいてくれたら


それでいいから。


大した事言えないけれど


育ててくれてありがとう。


中学の時にもらった言葉、


今年は返したいと思います。


おとん、おかん、


これからも元気に


生きてください。


応援してくださる皆様、


あらためてありがとうございます。


44歳、


44(獅子)と捉えて


「獅子奮迅」の


勢いで進みます。


これからも


ご指導の程


よろしくお願い致します。


2022515

清水孝宏




久しぶりのLive、

コロナ禍ではあるけれど

とにかく思いあふれる

39Liveでした!

飯野歩さん、松崎京さん、

一緒に混ぜてくれてありがとうです❗️

そして会場で観てくださった方々、

配信で観てくださった方々、

あらためてありがとうございます!

コロナ禍、
アーティストや俳優、

エンタメに関わる人にとって

どう表現をしていくのかを

模索してると思います。

その想い、

39Liveにぶつけられた気が

しています。

「伝える場がある」という事が

本当幸せと感じました。

それがLiveですね。

自分も刺激をとても受けたので、

秋頃を目安にコンサートをやりたい!

と思った次第です^ ^

あらためて
本当にありがとうございました❗️

昨日の配信は
一週間アーカイブで残ります♪

飯野歩を筆頭に

とにかく楽しんでいる3人を

是非ともご覧下さい!

youtube
https://youtu.be/yFO4-5YL0g4