今日は番外編。『スーパーマリオ オデッセイ』と『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』がVRに対応したから、その感想を書いていくよ。

 

いや~、アカウントのパスワードを忘れるわ、ダウンロードが思いの外遅いわで、実際に遊び始めるまでにかなりの時間が掛かってしまったよ(笑) スイッチでは複数のソフトを同時にダウンロード出来ないのな。

 

んで、当初の予定では2本のソフトを分けて感想日記にするつもりだったんだけど…、『スーパーマリオ オデッセイ』の方は本編を進めないとVRでは遊べなかった。そしてその内容も、オマケの域を抜けていなかったから、後日プレイ日記にまとめる事にした。

 

 

というわけで、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド VR』だね。これはトレーラーを見た瞬間に「面白そう!!」と素直に思った数少ない2Dゲームだね。やっぱ緑のフィールドが出てくるゲームは格別だよ(笑)

 

とはいえ、問題となってくるのは段ボールゴーグルとスイッチ本体。ソフトがどれだけ素晴らしくても、ハードが足を引っ張っていては楽しい体験にはならないからね。

 

まぁ、段ボールキットも全部が全部駄目だったわけじゃないのよ。『Nintendo LABO VR Kit』の感想日記を読んでもらえばわかる通り、カメラや鳥は高く評価している。あれはキットでの操作とゲーム性が一致した素晴らしいアイディア。

 

とにかく、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド VR』の感想を書いていくよ。いってみよ~

 

 

  ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 

 

  概要

 

購入先:任天堂ストア

ジャンル:アクションRPG

言語:-

コントローラー:-

視点:3人称視点&俯瞰視点

移動方式:自由移動&スムーズ方向転換

 

 

  どんな姿勢で遊ぶべきか?


今回、先にプレイ時の姿勢について書いていくよ。最初は本来の使い方に則って、ゴーグルを両手で持って遊んでいたんだけど、当然すぐに腕が疲れてしまう。

 

ただ、『ゼルダの伝説VR』はカメラをスティックでコントロールするゲームらしく、頭を動かしても主人公を軸としてカメラが回転するだけ。つまり、ゴーグルを固定しても問題なく遊べる。

 

そこで考えたのは、椅子の上にゴーグルを置いて、床に座って映像を覗きこむという、なんとも悲しいスタイル(笑) バーチャルボーイの再来ですわ。

 

んで、1時間ぐらいはその姿勢で遊んでいたんだけど、今度は首が疲れてしまう。椅子の高さが中途半端で、どうしても前傾姿勢になっちゃうのよね。

 

その後、あれやこれやと試行錯誤を重ねた結果、ついに最強の姿勢を発見。それは…

 

仰向け(笑)

 

天井を向いてベッドに寝て、目の上に段ボールゴーグルを乗せる。コントローラーは取り外してプレイする。もちろん首を動かすとゴーグルが落ちちゃうし、ゴーグルの重みで顔に跡がつく(笑) ただ、これが現状ベストだと思う。

 

因みに、この姿勢での映像観賞は今後人類のスタンダードになっていくと思っているね。今はまだHMDが大きいけど、メガネサイズまで小さくなれば寝転がって大画面で映像を楽しめるようになる。というか、それがVRの最もベーシックな使い方になると考えている。

 

 

  VRゲームとして

 

ゲームを起動してOPムービーが終わると、プレイヤーに行動の自由が与えられる。ここでオプションを呼び出すと、VRモードのオンオフが切り替えが可能。ゴーグルに本体をセットして、いよいよゲームスタートだね。

 

(いつでもVRモードに切り替えられるみたい。全面対応は嬉しいね)

 

ゴーグルを覗き込んでみると、やっぱり画質は超悪い。Jupiter&Mars」も大概だったけど、そのさらに下をいくボケ画質。網目感も相当気になる。

 

ただ、それを愚痴っていても仕方ない。とりあえず主人公を動かして操作の感触を確かめてみる。

 

カメラを右スティックでコントロールするのは上で書いた通り。これは「PRETA:Vendetta Rising」や「GUNGRAVE VR」でも使われている操作だね。

 

ただ、『ゼルダの伝説VR』の特徴は、カメラ高さもコントロール出来る点にある。上で挙げた2作は左右の回転のみだから、より自由度の高いカメラ移動が可能。

 

まぁ、壁に近い位置に移動すると、見下ろし視点になったり、主人公に急接近したり、若干問題を感じる部分もあるんだけど、VR用の調整がされていなければこんなもんだろうね。

 

(突如天井にカメラが移動。カメラと主人公の位置関係がコロコロ変わる)

 

設置されている石柱を調べると、短いムービーシーンが始まる。『ゼルダの伝説VR』は俯瞰視点を使ったムービーシーンがとても多いんだけど、個人的にはそれがこのゲームの最大の魅力だと思っているね。

 

バウンド:王国の欠片」や「イモータル・レガシー 不滅の禍」みたいな形でムービーシーンが挿入されるVRゲームも多い。最近は特に増えている。ただ、それでもやっぱり"一つの視点で通すのが理想"という固定概念があるように感じるのよ。個人的にはこれが大きな間違いだと思っている。

 

そういう意味では、『ゼルダの伝説VR』の細かいムービーシーンは最高。頭の動きに映像が追従しなくても視界全体映像&立体視が残るからVRで体験する価値があるし、カメラが動いたりカットが切り替わったりTVに近い編集がきちんと行われているから見ていて楽しい。

 

一つ不満なのは、ムービーシーンの大半にフレームが付いてしまう事だね。全てフレームなしの視界全体映像だったら、さらに楽しさが増したはず。

 

(ここはフレーム付きだね。まさかのタブレット登場に苦笑い)

 

(ここは視界全体が映像。頭の動きに映像が追従しなくても問題ないね)

 

映像は…、VRでプレイするとやっぱ画質が気になるね。おそらく2Dでプレイすれば美しい世界観なんだと思う。

 

ん~、頭を動かさなくても、ハンドコントローラーを使わなくても、3人称であっても、VRでプレイする価値のあるゲームは多い。立体視を活かした「GNOG」、映像だけでも圧倒的な「Infinite Minigolf」「実況パワフルプロ野球 2018」「THESEUS」等々…

 

『ゼルダの伝説VR』は画質の件もあって、上記したソフトのような映像的な凄みが感じられないのが残念。

 

(この辺の映像は画質が上がればだいぶよくなるはず)

 

 

  ゲームとして

 

ゲームとしては…、アクションRPGって感じかな? マップはそれなりに広いし、自由度も高いんだけど、常に次のミッションが与えられるから、「Skyrim VR」よりも「ボーダーランズ2 VR」に近いと思う。

 

戦闘はかなり多めな上に単調で、正直言って退屈。「Moss」とかに近い感じかな? 休んでいるモンスターが慌てて武器を取りにいったり、引火して勝手に死んだり、細かい作り込みがされてはいるのは好印象。

 

(戦闘は微妙だね。意外にもすぐ死ぬ主人公にビックリ)

 

ん~、マップが広いのに少しのダッシュで疲れてしまうのはけっこうキツいかな…。おそらく主人公が強くなったり、新しいアイテムを手に入れれば、もっとスピーディーに移動出来るようになるはず。

 

それより気になったのは、すぐに壊れてしまう武器だね。序盤の序盤で"武器欠"に陥るとは予想してなかった。

 

あと、やっぱスイッチはコントローラーが駄目だね。パッド型の別売りコントローラーがあるみたいだから、それを買うのがマストだと思う。

 

(爆弾みたいなアイテムを手に入れた。投げる距離のコントロールが難しい)

 

 

  現時点での感想まとめ

 

今日はとりあえず3時間ぐらい遊んでみたんだけど、なんというか…、普通だね(笑) 

 

メニュー周りはシンプルだし、ヘルプも丁寧でわかりやすい。この手の大作ゲームに不慣れな俺でも、3つ目の祠まではサクサク進めた。

 

ただ、飛び抜けた魅力やオリジナリティーも現時点では感じない。スロースターターなゲームかもしれない。

 

ん~、なんだろうね? この煮え切らない感じ(笑) 感想も何を書いていいのかわからない。

 

とにかく、もう少しプレイしないとなんとも言えないね。気が向いたらまた遊んでみるよ。