昨日かな? 国内ストアに「ワイプアウト」&「アヌビス」の体験版と、「スタートレックVR」の追加コンテンツが並んだね。

 

あとは…北米ストアにもいくつか新作が並んでいるはずなんだけど、どこにも見当たらない。プレイ動画は既に上がっているから、ディスク版だけのリリースか? それともUKストアに並んでいるのか?

 

ん~、過去にもこういう事があったのよね。プレイ動画は上がっているのにストアには来ていない。何故だろう?

 

まぁ、それはもういいや。今日は「ペルソナVR」について書いていくよ。これは…けっこう有名なタイトルなのかな? なんといっても『女神転生』のアトラスの新作だからね。そこそこ注目度は高いはず…

 

んで、今回予約購入をしたんだけど、ストアを見るといくつかバリエーションがあるっぽい? 一応全部VRに対応しているみたいだから、パックになっている一番高いやつ(3本セット+サントラ)を買ってみたよ。1万8千円だよ? 1万8千? 高ぇ~よ。

 

ただね、国内大手の作品はどれもクオリティーが高いからさ、多少値が張るのも仕方ない。そのぶん楽しませて貰えればいいかな。

 

そう思っていたんだけど…

 

やらかしたっぽい(笑)

 

うん、その辺も含めて書いていくよ。まぁ、生きていたら色々あるさ。それじゃあいってみよ~!!

 

 

 

見出し2概要

見出し見出し見出し見出し

購入先:国内ストア

ジャンル:???

言語:日本語対応

コントローラー:デュアルショック専用

視点:常時1人称視点

移動方式:自由移動(直進のみ)

 

 

 

見出し2VRまでの道のり

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

今回、予約をしていたにも関わらず、事前ダウンロードが始まらなかったね。ライブラリから手動でダウンロードしてきたよ。「ペルソナ3 ダンシング ムーンナイト」「ペルソナ4 ダンシング オールナイト」「ペルソナ5 ダンシングスターナイト」の3本だね。

 

んで、最初にプレイを始めたのは「ペルソナ3 ダンシング ムーンナイト」だね。こういうのは順番にプレイするのが1番いい。

 

ゲームを起動すると、OPアニメーションがスタート。なんかお洒落な絵柄で、最近のアニメって感じ。

 

(カッコいいOPだったよ。最後まで見てないけど…)

 

うん、OPアニメーションをスキップするとゲームがスタート。この時点では映像がシネマティックモードだったから、ボタンを連打してVRモードが始まるのを待つ。

 

しばらくして会話パートが終了すると、チュートリアルがスタート。ここで「ペルソナ3 ダンシング ムーンナイト」がどんなゲームかが明らかになる。

 

 

これ、音ゲーだわ(予想外)

 

いや、別にいいんだけどさ。俺、あんま音ゲー好きじゃないし、なんだかな~って感じ。

 

とりあえずチュートリアルを終わらせると、メインメニューに辿り着く。ここでVRモードがどこにあるか探してみるんだけど…

 

無いね(笑)

 

(どこにもVRモードが見当たらない。何故だ?)

 

ん~、これはもしかしたら、本編をある程度進めないとVRモードがアンロックされないのかもしれない。

 

まぁ、本当はVRモードは分けて用意してくれるとありがたいんだけど、これは仕方ないね。本編を少しプレイしてみよう。

 

という事で、音ゲー開始。「初音ミクXHD」の本編もちょっとだけプレイしたし、前半ぐらいはどうにかなるでしょ。

 

と思っていたら…

 

 

全然駄目じゃねぇか!!(笑)

 

っていうか、シネマティックモード(大)でプレイすると、画面がデカ過ぎて首を左右に動かさないとボタンが見えねぇよ!!

 

ん~、TVでプレイする事も考えたけど、HMDを外すのが面倒くさい。しばらくそのままプレイを続けていると…

 

 

難易度イージーがあった(安堵)

 

うん、さすがの俺でも、難易度イージーならクリア出来る。というか、これ以上難しくなると一生かかっても無理です。

 

 

 

見出し2VRモード

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

音ゲーパートで2曲ぐらいクリアした後に、再びメインメニューに戻ってVRで遊べるモードが増えてないかを確認。

 

すると、キャラクター鑑賞モードの一番下に"VR鑑賞"の文字を発見。どうやら、楽曲をクリアする事によってキャラクターがアンロックされて、それをVRで鑑賞出来るらしい。

 

(画面の下に小さく"VR鑑賞"の文字が。他にVRの文字は見つからない)

 

ん~、キャラ鑑賞だけか…。ちょっと残念だけど、まぁ仕方ないね。もしかしたら背景やモーションが凄いかもしれない。

 

微かな希望を胸にVRモードを起動すると…

 

 

1万8千円…

 

そうね~、キャラクターのクオリティーは低くないけど、高くもないかな? 「クロワルール・シグマ」や「Dreamworks Voltron VR Chronicles」や「傷物語VR」とかと同じアニメ絵を立体視にした感じ。昨日の「ワンピースVR」の方がインパクトはあったかな? 

 

ん~、一応ダンスはしてくれるし、着せ替えも出来る。

 

ただね~…(遠い目)

 

そうだ!! 女の子がいる!! 

女の子を見よう!! いや、観よう!!

 

という事で、再び音ゲーパートをプレイ。全てのキャラをアンロックした後、もう一度VR鑑賞モードを起動。

 

すると…

 

 

可愛いっちゃ可愛いかな?(妥協)

 

うん、なんかオタク以外の人にも受け入れられそうな絵だね。ボディーラインがいやらしくない。

オプションでメガネも装着出来るし、2枚目のスクショの子はかなり好みかな~?

 

ただですね…

 

1万8千円ですから(笑)

 

 

 

見出し2ペルソナ4 ダンシング オールナイト

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

みんな!! 忘れないでくれ!! 

俺は3本のソフトを買ったんだ!! 

 

たしかに「ペルソナ3 ダンシング ムーンナイト」は思い入れのないキャラを鑑賞するだけだった。

 

しかし!! 残り2本に凄いVR体験が待ってるかもしれないじゃないか!! そもそも3は数字が一番若いからね。後ろに行けば行くほどレベルが上がるは当然の事。

 

そんなこんなで、「ペルソナ4 ダンシング オールナイト」をプレイ。どうやらこれも本編は音ゲーみたいだね。OPのアニメーションでキャラがダンスを踊っている。

 

とここで早速メニュー周りを確認してみると、やっぱりVR専用モードは存在しない。これはやっぱ本編をプレイしないと駄目か…

 

という事で、音ゲーパートをプレイ。なんとなくだけど、さっきのやつより演出が凝っているね。ナンバリングが後だから、クオリティーUPしているのかもしれない。

 

(カッコいい背景だね。演出も派手で楽しい世界観)

 

うん、1曲をクリアした後に、すぐメインメニューに戻ってVRモードが追加されていないかを確認。

 

ところがですね…

 

VRに対応してませんでした(笑)

 

キャラクター鑑賞モードはあるんだけど、VRでは鑑賞出来ない。他にそれらしきモードも見つからない。

 

(どこを探してもVRモードはありませんでした。諦めるか)

 

そういえば、ストアにも4単体では売られてなかったよな…。もしかしたら、4は新作じゃないのかもしれない。既にリリースされていて、「この機会にどうぞ」っていう意味だったのかもしれない。

 

 

 

見出し2ペルソナ5 ダンシングスターナイト

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

みんな!! 忘れないでくれ!! 

俺は3本のソフトを買ったんだ!! 

 

たしかに「ペルソナ4 ダンシング オールナイト」はそもそもVRに対応してなかった。

 

しかし!! 残り1本に凄いVR体験が待ってるかもしれないじゃないか!! そもそも4は"死"を意味する不吉な数字だからね。5が最強なのは当然の事。

 

そんなこんなで、「ペルソナ5 ダンシングスターナイト」をプレイ。どうやらこれも本編は音ゲーみたいだね。OPのアニメーションでキャラがダンスを踊っている。

 

とここで早速メニュー周りを確認してみると、やっぱりVR専用モードは存在しない。これはやっぱ本編をプレイしないと駄目か…

 

という事で、音ゲーパートをプレイ。なんか可愛い猫や、アラレちゃんみたいな俺好みの女の子もいるし、3本の中で一番キャラデザがいいんじゃないかな?

 

(個人的には5が一番好きだね。キャラが洗練されてる)

 

うん、しばらくプレイを続けて全キャラの楽曲を一回ずつクリア。メインメニューに戻ってVRモードが追加されていないかを確認。

 

すると、VR鑑賞モードを発見。5は3と同じ仕様みたいだね。

 

という事で、早速鑑賞を開始!! 果たして3とはどう違うのか? 見ものです!!

 

 

可愛いっちゃ可愛いかな?(諦め)

 

特に黒髪ショートカットの子とメガネの子はかなり好み。「サマレ」みたいにコミュニケーションがとれると楽しいと思う。

 

ただですね…

 

1万8千円ですから(笑)

 

 

 

 

見出し2個人的な満足度:星1

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

言わなくてもわかる通り、ゲームが悪いわけじゃない。よく調べずに買った俺が悪い。

 

ただね~、「ネプテューヌ」も「A列車で行こう」もそうだったけど、オマケとは言えもう少しどうにかならんかったのか…

 

背景も1つしか無いし、視線追従もしてくれない。本当にただ見るだけだからね。『ペルソナ』のファンの人でも、これは嬉しくないんじゃないかな~? 

 

まぁ、アラレちゃんが可愛かったの唯一の救いだね。何もないよりはいいさ。

 

因みに、メガネは女性の義務です。これだけは譲れない。

 

そんな3本でした(笑)