「ONE PIECE GRAND CRUISE」感想

テーマ:

北米ストアに「ワンピースVR」が並んだね。「アニマルフォース」も来るはずなんだけど並んでないから、中国ストアでの配信なのかな?

 

まぁ、それはいいや。今日は「ワンピースVR」について書いていくよ。

 

『ワンピース』は…、現在日本で1番売れている漫画だよね? コンビニでもズラッと並んでいる。

 

ただ、その漫画版を知らない俺にとっては、バンナムの新作という事の方が重要なのよ。これまで「サマレ」や「アイマス」みたいな女の子ゲームばかり作っていたから、それ以外のジャンルではどうなるのかが気になっていた。

 

そうね~、値段からしてそこまで気合の入ったタイトルじゃないかもしれないけど、一応有名漫画のVR作品だからね。なんやかんやで期待だね。

 

うん、それじゃあ早速いってみよ~!!

 

 

見出し2概要

見出し見出し見出し見出し

購入先:北米ストア

ジャンル:アドベンチャー(キャラクターコミュニケーション)

言語:日本語対応

コントローラー:デュアルショック&Move対応

視点:常時1人称視点

移動方式:移動なし

 

 

 

見出し2メインメニュー

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

ゲームを起動するとバンナムのロゴに続いて、スパイクチュンソフトのロゴが現れる。これは…、『かまいたちの夜』のチュンソフトの事だよね? たしかFC時代の『ドラクエ』とかも

チュンソフトが作っていた気がするけど、開発専門になったのかな? 

 

なんにせよ、チュンソフトが関わっているゲームらしい。「ダンガンロンパVR」も素晴らしい内容だったから、これは期待出来そうだね。

 

(いつの間に社名が変わったんだ? なんか時代を感じる)

 

その後、タイトル画面が現れるんだけど、画質がしっかりしているし映像が明るい!! 作品のタイトルをコールしてくれるのも嬉しいな~

 

続けて、メインメニューが現れる。左側にはオプション、正面には【VS海軍編】と【VSクラーケン編】という2つのゲームモード、右側には【スタッフロール】が表示されている。

 

オプションでは字幕の切り替えや、性別の変更が出来るね。

 

(情報量は少ないけど、画質がいいからね。ちゃんと楽しい絵になっている)

 

(ゲームモードは2つだね。値段も安いし、こんなもんでしょ)

 

因みに、今回デュアルショックで何周かプレイした後、Moveでもプレイしてみたけど、どちらでもいいって感じだね。移動もないし、視線を使った操作がほとんど。

 

 

 

 

見出し2PSVR史上最強の萌キャラ

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、とりあえず字幕を消して、性別は男でプレイ開始。先ずは【VS海軍編】からだね。

 

ゲームがスタートするとプレイヤーは船上に移動して、"かたつむり"のような生き物から簡単な説明を受ける。

 

とここで…

 

 

ん…?

 

 

………。

 

 

何コレ!? 超可愛い!!!!(鼻血)

 

お目々クリクリの謎の生物がチョコチョコと歩いてる!! マジで超可愛い!! 抱きしめたい!!

 

しかもこの子が日本語を喋るのよ(笑) 「コンラッドザキッチン」みたいにこの子を育てるだけのゲームがやりたい。最高!!

 

(気を取り直して) その後、主人公らしき男の子が目の前にやってきてこちらに話し掛けてくるんだけど、ここで面白いと思ったのが、背後に次から次へと色んなキャラクターが現れて、周囲をウロウロしている事だね。

 

どのキャラクターもデザインが最高で見ているだけでワクワクするし、視線を合わせるとリアクションがあるから、プレイヤーに"やる事"が生まれる。会話シーンが退屈なのはVRゲームの欠点だけど、こういう要素があると楽しいね。インペイシェント」の会話シーンもこんな感じだったら楽しめたのかな~?

 

(キャラクターのデザインが最高!! さすが大人気の漫画だね)

 

続けて、2つの部屋(キッチンとキャラクターの部屋)から好きな方を選んで、キャラクターとコミュニケーションをとる「サマレ」的な要素が現れる。

 

うん、先ずはキッチンに移動して金髪のお兄ちゃんと会話をしてみるんだけど、ここでもキャラクターのリアクションを楽しむミニゲーム的な要素が用意されていて、全然退屈しない。背景も絵として面白いし、可愛い謎の生物がここにもいる(笑)

 

(背景がけっこういい感じ。会話は「サマレ」みたいなアイコン選択式)

 

(視線を合わせるとちょっとしたリアクションがある。しかし可愛いな~)

 

 

 

見出し2つまんない(?)戦闘

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

コミュニケーションパートが終わると、再び甲板に出て戦闘が始まる。ここではデュアルショックやMoveで照準を動かして的を撃つという、過去に1000回ぐらいプレイした糞つまらないミニゲームをやらされる事になる。

 

(マジで的当てはどうにかしろよ…。こんなの面白いと思う人いるの?)

 

ただですね…

 

「ワンピースVR」の的当てゲームは、ちょっとだけいつもと違う部分がある。それはやっぱ"キャラクター推し"なのよね。

 

糞つまんない戦闘の間、絶え間なくキャラクター達が喋ったり動いたりしていて、それを見ながら遊べば少しは糞さが緩和される…気がする(笑)

 

これはキャラゲーとしてある意味理想的な事だよね。アイドルの歌みたいなもんで、アイドルを輝かせるために歌が存在している。つまんないシューティングはオマケだね。

 

(素敵なおっぱ…大砲だ。サブキャラクターのグラフィックはどうにかして欲しかった)

 

あと、映像的にも面白い部分がいっぱいあるね。敵船が撃沈する時の水しぶきや、キャラクターの必殺技も派手で面白い。

 

正直、俺ぐらいの歳になると、必殺技の名前を叫びながら戦うっていうのは恥ずかしいんだけど(笑)、少年漫画だしね。これは仕方ない。

 

(水しぶきが独特。リアル寄りじゃないんだけど、面白い映像になっている)

 

(クリア後に仲間からのメッセージが。ワンピース好きには嬉しいだろうね)

 

因みに、1周辺りのプレイ時間は10分も無いかな? ただ、全キャラのコミュニケーションパートを確認するために周回する必要があるから、繰り返し遊ぶ事になるね。

 

性別を変えると会話の内容も変わるし、パターンもかなり多い。全要素を確認するにはそこそこ時間が掛かると思う。

 

 

 

 

見出し2【VSクラーケン編】

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

【VS海軍編】を終えた後、【VSクラーケン編】をプレイ。こっちも【VS海軍編】と基本的な流れは一緒で、コミュニケーションを挟みつつ戦闘を行う感じ。

 

とここで、お楽しみの女の子の部屋に潜入してみる。女の子は2人出てくるんだけど、どっちも可愛いからね。

 

ときめきを胸に部屋の扉を叩くと…

 

 

うむ…(満足)

 

いいね、個人的には「サマレ」のおっぱいより遥かに好き。谷間に線が描かれているのはちょっと不満だけど、膨らみは満点だ。

 

というか、こんな格好でウロウロされたら、男船員達は目のやり場に困るでしょ? 羨ましいよ。

 

(VRの世界ではお馴染みの選択肢。視線でアイコンをロックする)

 

【VSクラーケン編】の戦闘はその名の通り、クラーケンとのバトルだね。これは…一応巨大生物なんだけど、正直迫力はイマイチかな?

 

というか、VR世界での巨大生物も沢山見てきたからね。ちょっとやそっとのものでは驚かないよ。

 

(船の上で巨大生物とのバトル。「ランボスオブルイン」のラストバトルを思い出す)

 

あとね、このバトルのフィニッシュでもう一人の女の子が必殺技を使うんだけど、これがもう凄くってさ、甲板の下から巨大な生脚が生えてきて、クラーケンに踵落としを決めるのよ(笑) 他にどんなシチュエーションで使うんだよ!!

 

(これはセクシーと呼べるのか? 巨大な生脚が生えてくる)

 

【VSクラーケン編】ではクラーケン戦の後にもシーンがあるね。主人公の宿敵と思わしき敵が現れて、目の前でバトルが繰り広げられる。

 

このバトルは、若干スピード感に欠けるとは思うけど、エフェクトが派手だし、視界を目一杯使ってキャラクターが動き回るのがいいね。それでいて、後ろを向く必要が無いのは「さすがバンナム!! よくわかってる!!」と唸らされた。

 

雰囲気としては「Heroes of the Seven Seas」のラストバトルに似ているかな? でも、トータルの完成度はこっちの方が上かもしれない。

 

(VRアニメとして完成度が高い。視界の前方だけを使っているのがいいね)

 

クリア後にはキャラクターからの激励があるね。コミュニケーションパートでキャラに関連したアイテムが落ちていて、そこで手に入れたアイテムによって、激励してくれるキャラクターが変わってくる。頑張って全キャラのメッセージを確認してきたよ。

 

(色が素敵だな~。洋ゲーはこういうカラフルな色使いが出来ないのよ)

 

(うむ…。俺はこっちの子の方が好みだね。というか顔を撮ってない)

 

 

 

 

見出し2夏のチョッパー祭り

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

さぁ~、ここからはチョッパーですよ!! もうね、この子がマジで可愛くってさ、家に飾りたい気分(笑)

 

デザインも凄くいいんだけど、声や喋り方も可愛いのよね。「オマエ!!」とか「コイツ!!」とか、何気に生意気なところも好きだね。

 

設定としてはお医者さんなのか…? こんなお医者さんがいたら毎日病院に行くよ。

 

(見て!! この表情!! 何の生き物がモデルなんだろうね? 鹿? 犬?)

 

(腕がクネクネするのが可愛い。抱っこしたい。モフモフしたい)

 

(表情豊かだね。是非スピンオフVR作品を作ってくれ!!)

 

 

 

 

見出し2個人的な満足度:星4★★★★

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

完成度が高い!!

 

短い体験だし、ゲームとして面白いか?と尋ねられると困ってしまうけど、満足感の得られる内容だよ。素晴らしい。

 

アニメのキャラクターを違和感なくVR世界で動かせているし、色使いも最高。画面が賑やかでワクワク出来る。

 

そして何より、会話シーンが退屈にならないように工夫されている点が素晴らしい。他のVRゲームも見習って欲しいね。

 

ん~、やっぱ大手が出してくるソフトは安定感がある。値段も安いし、是非多くの人に体験して欲しい一本だよ。チョッパーはマジで超可愛いから買って見てみて。